イベント情報/【札幌】いま泊原発の地元はどうなっているのか 後志・原発とエネルギーを考える会 /伊達市室蘭市を含む西胆振のポータルサイトむしゃなび

むしゃなび
むしゃなびに参加する ツール


t o r i 子 からのイベント情報
【札幌】いま泊原発の地元はどうなっているのか 後志・原発とエネルギーを考える会
    [327]

3月29日(木)「いま泊原発の地元はどうなっているのか」佐藤英行さん・藤井俊宏さん(後志・原発とエネルギーを考える会) 
 
会場:札幌エルプラザ男女共同参画センター2F環境研修室  
(札幌市北区北8条西3丁目 札幌駅北口正面)  
午後6時30分〜午後8時30分・参加費500円  
(予約・お問い合わせ 川原茂雄skawahara1217@nifty.com)  
主催:自然エネルギーと泊原発を考える市民の会(Shut泊)  
共催:福島の子どもたちを守る会・北海道、脱原発をめざす女たちの会、北海道反原発連合  
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
 
福島第一原発の事故からすでに7年以上経ちますが、原発事故の原因究明もすすまず、廃炉へのめども全くたっていません。一方、北海道では北電が泊原発の3号機の再稼働をめざしていますが、原子力規制委員会から敷地内の活断層の存在を指摘されており、再稼働への認可がすすむ見通しはありません。いま泊原発をめぐる状況はどうなっているのかについて、泊原発をめぐる三つの団体の方々からお話を聞かせて頂き、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。是非とも、ご参加下さい。(聞き手 かわはらしげお)  


t o r i 子 へ

お問い合わせ

室蘭市、登別市、洞爺湖町などを含めた伊達市近郊の情報なら『むしゃなび』
Copyright © 2004-2018 株式会社アップデート All rights reserved.