むしゃなび特集/2005年7月号/伊達市室蘭市を含む西胆振のポータルサイトむしゃなび

むしゃなび
むしゃなびに参加する ツール

コレージュ・ド・ダテ比企直樹氏
■ むしゃなび特集 2005年7月号 ■
海へ行こう!有珠湾でカヌー、ヨットに挑戦 [1/2]
[648]


 伊達市有珠にある伊達市B&G海洋センターで、カヌーやヨットの体験が出来るのをご存知ですか?カヌーが、なんと1時間100円で利用出来ると聞いて、早速どんなところか行ってきました。
 場所は有珠善光寺のすぐそば、お寺の前の道を海側へ向かうとすぐ、緑と黄色の看板が目印です。大きな艇庫には、ヨットやカヌーがずらり。みたこともないヨットやその帆、大型のカッターなどが収められていて、出番をまっています。
 艇庫前の海はおだやかで、海とはいえ、有珠湾内の内海。波も少なく湖のようで、初心者でも安心して挑戦できそうです。海岸沿いには緑いっぱいの森もあり、美しい場所でした。カニや貝がらを探したりと、磯遊びも楽しそう。
 有珠地区には、有珠海水浴場やアルトリ岬キャンプ場などもあり、北海道の短い夏を満喫するのにお勧めのスポットです。

 ここで利用できるのは、小学校3,4年生から乗れる、カヌー(15艇)、ペアカヌー(2艇)、軽量で小学校高学年くらいから乗れるOPヨット(10艇)、6人乗りで、漕ぐのは4人なので小さなお子さんを乗せても楽しめるローボート(6艇)。中学生以上からは、水面に帆を倒してからバランスをとりながらもちあげるセールボード(一人乗り、4艇)、いちばん大型なのは、6人漕ぎ、一人がかじ取りするカッター(2艇)です。これはボーイスカウトなどの訓練用によく使われているとか。このほか、12Fヨット(1艇)や、オリンピック競技にもあるダブルスカル(2艇)や、420ヨット(2艇)などもあります。

 管理をしているNPO法人伊達市体育協会によると、札幌から修学旅行の一環として利用するなど市外からの利用が多いそう。地元の利用が少ないので、ぜひ、地元の方にも利用して欲しいとのことでした。

 インストラクターが、パドルの操作方法や乗り降りの方法など基本動作を教えてくれるので、初心者のみの参加も大歓迎とか。5.6人から10人程度のグループから、数十人単位の団体まで対応してくれます。

 インストラクターが指導にあたるため、遅くとも数日前までに申し込みが必要です。参加者の人数や年齢が分かったら、どんなカヌーやヨットの体験ができるか、まずは電話で相談してみましょう。

 参加される時は、ぬれてもかまわない、Tシャツ半ズボンなどの軽装に、足もとはぬげにくいタイプのサンダルやぬれてもよい運動靴などを。また日焼けを防ぐための長そでの上着も必需品です。艇庫で着替えることが出来ます。また、ライフジャケットは借りられます。
 すぐ近くに商店などないので、飲み物など持参されることをお勧めします。


カヌーやヨットがぎっしり収められている艇庫。手前がいちばん大きなカッター 奥の上段は420ヨット

カヌーとペアカヌー

セールボートに挑戦。バランスをとるのが意外に難しい。


小学校高学年位から乗れる軽量のOPヨット

艇庫機材の使用料
すべて1艇1時間あたり
インストラクター
ライフジャケット込
カヌー 100円
ペアカヌー 200円
OPヨット 200円
ダブルスカル 300円
12Fヨット 300円
ローボート 300円
360セールボード 300円
カッター 500円
420ヨット 500円
(伊達市外の方の利用は、この1.5倍の料金になります)

お問い合わせ先
伊達市B&G海洋センター
〒059-0157 伊達市向有珠町161
TEL/FAX 0142-38-2475

NPO法人伊達市体育協会
〒052-0024
伊達市鹿島町20−1
TEL 0142-23-3294
FAX 0142-22-0881
むしゃなび内 NPO法人伊達市体育協会



《過去の特集を読む》
室蘭市、登別市、洞爺湖町などを含めた伊達市近郊の情報なら『むしゃなび』
Copyright © 2004-2017 株式会社アップデート All rights reserved.