伊達発

とても痛かった話

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
総計 3,917 5,067,180

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

 

今日のブログはちょっと痛い話をさせていただきます。

 

痛い話なのでリアルな写真だと痛々しいのでイラストで対応させていただきます。

 

なにが痛かったのかと言いますと…

 

昨日は休日だったので休日の過ごし方ランキングでもかなり上位に入る床屋さんに行ったのでした。

 

で、行きつけの床屋さんはマスターが昨年亡くなってしまったのでその後は奥さんが1人でやっているお店なのですが私が来店した時には2人のお客さんがいたのでした。

 

ここの床屋さんがなぜ好きなのかと言いますと…

 

お店に入る時に靴を脱いでスリッパに履き替えるのです。

 

で、顔そりの時にシートを倒されるのですがその時に足の方が上がるタイプのシートなので顔そりの時に非常〜〜〜〜に寝やすいのです!!!

 

しかも靴も脱いでいるので超心地良いのです☆

 

 

僕は床屋さんに行く理由は髪を切るというよりも寝に行っていると言っていいくらい床屋さんで散髪&顔そりの時にスヤスヤ寝るのが好きなのです。

 

毎回完全に熟睡しているのです。

 

でも昨日はすでに2人のおじいさんがいて時間がかかりそうだったので諦めてその床屋さんのすぐ近くにあるチェーン店の安いお店(散髪の後にテクテク歩いてシャンプー台まで行かなければならない寝れないお店…)に行ったのでした。

 

で!!!!!!!

 

理髪店

 

こんな感じで珍しく女の人が顔そりをしてくれたのでした。

 

その時っ!!!!!!

 

 

シュパ〜〜〜〜〜〜〜〜ンっ!!

 

 

ってさすがに音はしませんが、明らかにほっぺたに激痛が走ったのです!!!!

 

 

5秒くらい沈黙があってからスタッフさんが…

 

『痛くなかったですか?!』と聞いてきたのです。

 

 

なので私は顔に蒸しタオルが乗せられた状態で『痛かったです!!!』と答えました。

 

 

だってホントにメッチャ痛かったんですもの!!!

 

 

で、想像の通り…

 

 

そのスタッフさんが『すみませんっ!!』って5回くらい謝ってくるのです。

 

まだその時は蒸しタオルが顔に乗せられているのでどうなっているのかはわからなかったのですが、明らかに…

 

 

血

 

 

こうなっているのがわかるのです!!!

 

 

だって5回も謝ってくるんですから…

 

 

結局この人と次のシャンプーの担当の人とで合計4回もほっぺたに薬を塗ってくれました。

 

 

僕は痛くて終始こんな顔でした。

 

 

痛い

 

 

でもホントはねっ!!!

 

 

注射と同じくらい…

 

 

心の中ではこんな感じでした。

 

 

痛い

 

 

でも僕はお利口さんなので怒らないで笑って許してあげました。
(誰かご褒美をください☆)

 

なので次からはどんなに混んでいてもいつものスヤスヤ寝れる床屋さんに行こうと思いました…☆

 

 

2021年も『北海道人気ブログランキング』にチャレンジしております!

 

本日もどうぞ宜しくお願いいたします!!

 

この投票バナーをポチっとクリックして下さいませ!!!!
↓   ↓    ↓


人気ブログランキング
この投票バナーをポチっとしてくださるともうシュパっとされないという噂を聞いたコトがあります♪

 

過去記事一覧はこちらから

コメント

この記事へのコメントはありません。