その他発

ブログのアンケートの結果♪

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 3,877 116,218
総計 7,512 5,026,860

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

私のこのブログでは過去に色々なアンケートを集計しております♪

今もこのブログの右下の貼ってあります。

これです!

『あなたが好きな北海道の街はどこですか?』というアンケートです。

このアンケート結果で1位になった街と最下位になった街の2つの街に行って散歩して来るという計画です。

1位の街の魅力を体感してくることと最下位の街も実はこんなに素敵な街なんだ!という事を体感してくることが目的なのです。

そしてその結果は……♪

じゃ~~~~~ん♪

1位は『函館市』でした~~~~~♪

さすが函館市は「もう1度行きたい街ランキング」でも常に上位なだけありますね♪

僕も大好きな街です♪

街にロマンを感じます!

2位の札幌市もやっぱり人気が高い街でした。

さて…

残念ながら最下位になってしまった街は…

苫小牧市と長万部町でした…

長万部は半年前に散歩してきてこのブログで紹介したので今回は苫小牧市を散歩してきたいと思います。

苫小牧市の街の魅力を体感してきたいと思います♪

実は…

もし根室だったら遠いなぁ~~と思っていたのですが両方ともやや近い街でしたので安心しました…♪

このアンケート機能では分析までしてくれるのです。

年齢層としては…

30代から60代の方はアンケートに参加して下さいました♪

さらにエリアとしては…

北海道の方がやはり多いのですね♪

でも滋賀県や東京都、兵庫県、三重県、石川県の方からも参加して下さっておりました!!

ありがとうございます!!!

さらに過去のアンケートではこんなに嬉しいこともありました!

アンケートは『このブログで気に入って下さっているシリーズは何ですか?』というアンケートです。

その結果はこんな感じでした♪

たくさんの方が投票して下さいました!

投票の際には多くのコメントもお寄せ下さいました。

・北海道40代の女性の方
友達の子供が登場しているので、楽しく見させて頂いております。

・北海道50代の女性の方
ヤンチャ、野球部の話しがスキ。

・海外30代の女性の方
exceptional blog. would recommend to everybody

・北海道50代の男性の方
はちゃめちゃストーリ、継続が力です。エンドレスであることを願ってます。

・北海道20代の男性の方
社会人としての生きる術を与えてくれます

この他まだまだたくさんの嬉しいコメントがありました♪

素直に嬉しいです!

まさか海外の方にも見ていただいていたなんて思いませんでした♪

とても光栄ですね♪

でも…
20代の男性の方へ

嬉しいケドもっと他に立派な生きる術を与えてくれる人は世の中にたくさんいますよ~~♪

だってこんな私ですよ…

これからも可能な限りこのブログを更新していきたいと思いますのでどうぞこれからも宜しくお願い致します!!

いつも見て下さいます皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです!!

私のこのブログは北海道ブログランキングに挑戦しているのですが最高4位にいたのですがここ数日間で大苦戦しております…!

どうか皆さまのあたたかいワンクリックをお願い致します!!!

⇩このバナーへポチっ♪っとお願い致します♪⇩


地域情報(北海道) ブログランキングへ
↑ここをワンクリックするとHAPPYになるというウワサがあります…♪

コメント

この記事へのコメントはありません。