その他発

今年も選手宣誓をさせていただきました☆

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 2,776 88,254
総計 6,411 4,998,896

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

今年もこの季節がやって来ました。

25日(日)に昭和新山国際雪合戦の胆振予選がありました。

私は19歳の時から21年連続で参加しているのです☆

『キテレツ大百科』

苫小牧市や室蘭市を含めた胆振地方で雪合戦をしている人で知らない人はいないでしょう♪

なぜならば…

大会の選手宣誓を15年くらいさせていただきているからなのです。

毎年 砂川北高校野球部の後輩の関尾が担当させていただいておりますが彼が来れない時は私なのです。

一昨日は私でした…

ショッカーです。

後ろに付いて来ているのは通訳のポールです。

なぜ通訳が必要かと言いますと…

ショッカーなので『イイィ~~~~~~~~~っ!!』しか言えないからです…。

大会前日ポールに書いてあげた台本です。
(チラシの裏)

今年の選手宣誓はこんな全文です☆

『イイィ~~~~~~っ!!』
(宣誓!!)

『イイィ~~~~~~っ!!』
(夜、寝る前にふと 考える時があります)

『イイィ~~~~~~っ!!』
(私たちは何故…寒く、冷たく、そして痛い思いをしてまで私たちは雪合戦をするのだろうか…と。)

『イイィ~~~~~~っ!!』
(明日を生きていくためにはひょっとしたら雪合戦がなくても生きていけるかもしれません)

『イイィ~~~~~~っ!!』
(それなのになぜ 人はここに集まるのでしょう)

『イイィ~~~~~~っ!!』
(約30年前、この地で暮らすたくさんの方々 そう熱い男達の想いが今もこうして脈々と受け継がれているからではないでしょうか?)

『イイィ~~~~~~っ!!』
(今、こうしてこの地で雪合戦をできますことに感謝し、全力で戦い抜くことを、ここに誓います)

『イイィ~~~~~~っ!!』
(平成27年 1月26日 選手代表 キテレツ大百科 磯辺 大輔 通訳、竹原 光哉)

こんな内容です☆

私は『イイィ~~~~~~っ!!』しか言わない(ショッカーなので言えない…)のでポールが通訳しなくてはならないのです。

大役を終えて引き返すショッカーとポール…

この選手宣誓を終えると『本番』です。

私の監督としての声『怒号』が響き渡るのです。

 

そして私も3セットのみ参加しました。
(1試合3セットなので4試合だと通常は12セットありますのでほんの少しだけ…)

3セットしか出場していないのに3人も当てたのですからアスリートだと思います…♪

結果は…

予選の全試合で合計3勝1敗でした☆

ユニフォームやヘルメットまで揃えている新日鐵住友の2つのチームを撃破出来たのはとても大きな収穫だったと思います☆

ちなみに過去の選手宣誓はこんな感じでした。

野球部後輩の関尾です。

 

恐ろしい程の肉体なのです。

身長160cmと小柄ですがベンチプレスで150kgは軽々上げてしまう男なのです☆

一昨日来た同じく砂川北高校野球部後輩の岡崎くんや山内くんも130kgを上げるし…

雪合戦には全然必要のないパワーを兼ね備えた選手たちが大勢いるのです☆

無事3勝1敗で予選を勝ち上がりましたので来月開催される国際大会でも奮闘したいと思います☆

どうか皆さまの応援クリックを宜しくお願い致します☆

↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
1日1回が有効です☆

毎日ポチっとして下さるとカメハメ波が出るようになります♪

コメント

この記事へのコメントはありません。