その他発

僕の恩師『佐籐茂富監督』

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 2,606 80,658
総計 6,241 4,991,300

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます。

僕には誇りに思っている事があります!

あの厳しいで有名な佐籐茂富監督の元で3年間野球をしていた事です!

本当に厳しい監督でした!

あの厳しさは体験した野球部員じゃないとわからないと思います。

中学3年の時、父親と一緒に砂川北高校に行って佐籐監督に入学させていただきたいとお願いしに行きました。

でもまさかの…

2回も断られるという事態になりました。

当時はガリガリで65kgしかない体格で、しかも中学時代に野球の実績も大したことのない私を北北海道では名門だった砂川北高校の野球部にはふさわしくないと判断されたからでした。

それでも私は砂川北高校の野球部に入りたくてなんとか頼み込んで入学させていただきました。

ひたすら練習に明け暮れた毎日でした。

この名札は部室の自分が着替えるスペースに貼られていたモノです。

名札は佐籐茂富監督が書いてくれたモノです。

今も自分の部屋の入り口に貼っているのです。

1年の時にはあんなに広い部室の30cmくらいしかないスペースしかもらえませんでした。

それでもなんとか必死に耐えて頑張りました。

北海道各地から砂川北高校の野球部に入りたくて集まってきていました。

なのでレギュラーになれた時にはとびきり嬉しかったのでした。

こんなグリップが下がった変な打撃スタイルでも自由に打たせてくれたおかげでたぶん北海道の中でも当時はけっこう上位の成績だったと思います。

春も夏も秋も全部全道大会に出場できました。

夏の大会では北北海道大会で優勝して佐籐茂富監督を甲子園に連れて行くことも果たせました。

 

今でも僕の誇りです!

甲子園に出たコトではなく佐籐茂富監督の元で野球をしていたコトがです!

 

お元気だった頃はよく伊達まで来て下さりホテルに顔を出してくれておりました。

2年前にも佐籐茂富監督にお会いしに行きました。

でも佐籐茂富監督は病気が進行していて僕をすっかり忘れてしまっていました…

でもそんなコトはどうでも良かったんです。

元気でいてくれただけで僕は嬉しかったからです。

僕らがたくさんお世話になった恩師でした。

砂川北高校で3回、鵡川高校で3回。

公立高校で合計6回も甲子園にチームを導いてくれた最高の監督でした。

西島さんを始め、同期の関吉、後輩の杉山、鵡川高校からは池田くん…

プロ野球選手を4人も輩出したのです。

グラウンドではどんな時でも全力疾走。

あの時の厳しい環境があったおかげで今の僕がいるのだと思います。

数年前…

僕の同期部員と父兄、そして佐籐監督とでホテルローヤルで酒盛りをしました。

この写真が大好きです!

僕は今でも思います。

砂川北高校に入学させていただいて佐籐茂富監督の元で野球をさせていただけた事を心から感謝しているのです!

相当な無理をして下宿までさせてもらって進学させてくれた家族にも感謝しています。

あの過酷で厳しい環境で3年間過ごしたおかげでその後の人生であの時よりも過酷で辛い状況はありませんでした。

そんな精神力を身につけさせてくれた佐籐茂富監督に感謝です!!!

僕の恩師の佐籐茂富監督がお亡くなりになりました…

今まで本当にありがとうございました!!

平成5年卒業

砂川北高校野球部出身

磯辺 大輔


人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。