その他発

実にシブい旅館に泊まる☆

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 2,610 83,672
総計 6,245 4,994,314

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

今日からまた1年間の仕事が始りました。

2015年もホテルマン、磯辺大輔を宜しくお願い致します!

元旦から1月4日までの4日間、休日をいただきましたので完全にOFFを満喫出来ました☆

1月3日の夜は毎年恒例の砂川北高校野球部時代の1つ上の先輩たちの新年会に参加させていただきました。

例年砂川パークホテルに宿泊をしていたのですが今年は地元で長年営まれている旅館に宿泊させていただきました☆

おさだ旅館です☆

この日は猛吹雪で高速道路も封鎖になっていたために岩見沢市内から大渋滞になっていたのです…

裏道抜け道を駆使して何とか18:00からの新年会には間に合うように砂川市に到着しました…

そんな大渋滞を経ておさだ旅館さんに到着したのですが女将さんがとても温かく迎え入れて下さってとても嬉しかったです。

1泊素泊まりで3,000円という格安料金なのです☆

私のお部屋は…

6号室でした…♪

お部屋の中は超シンプルでした☆

一瞬中学時代の友達の家に来たかのようなシンプルさに驚いたのですがなかなかに居心地の良い空間でした…♪

 

ただ…

実に悩ましいことがあったのです…。

インターネットは完備していたのとてもありがたかったのですが…(無線LAN)

何が悩ましいかと言いますと…

コレです。

わかりますかね…

このお部屋にはコンセントが2つしかないのです!!!

しかもこの時もテレビと灯油ストーブで埋まっているではありませんか…?!

先ほども書かせていただきましたが外は猛吹雪なので灯油ストーブは絶対的に必要なのです!!

そして1月3日という新年の特番なども放映しているためにテレビも観ていたいのです…

でもブログを更新するためのPCの電源も充電したいし携帯の充電もしたいのです!!

でもコンセントは2つ…

実に悩ましかったです…☆

でも…♪

コンセントは足りなかったのですがある物は十分過ぎる程に足りたのです!!!!

それは…

コレです☆

ハンガーは使い放題なのです☆

しかも多種多様です…

私の中学時代に住んでいた平屋の実家の部屋みたいな物干し竿にハンガーの組み合わせでした…☆

ハンガーは2本で足りたのですがコンセントは足りないのです…!!

実に悩ましい…

なので私の取った策はこんな感じでした☆

2つしかない貴重なコンセントのうちの1つはテレビで使う事にしました。

音の無い部屋はさすがに寂しい感じがしたし年始の特番が面白そうだったためです。

なのでもう1つのコンセントをみんなで分け合う事にしたのです…

まずは…

灯油ストーブを10分くらい使って部屋を暖めた後に今度はPCの充電し切り替えてiPhoneの電源はMacから取ることにしたのです☆

で、部屋がまた寒くなったら灯油ストーブに切り替えるというローテーションで何とかこの日の夜を過ごしました☆

トイレとお風呂は1Fの共同スペースでしたがお部屋は実に落ち着く(むかしの実家のような)居心地でした…♪

翌日は5:00に起床して6:00にはチェックアウトしましたが食堂で準備していた朝食が実にいい香りがして美味そうでした☆

また来年の新年会の時にもここの宿に泊まりたくなりました☆

どうか皆さまの応援クリックを宜しくお願い致します☆

1日1回が有効になります♪

ポチっとして下さ~~~~い♪

コメント

この記事へのコメントはありません。