その他発

小樽に行った理由

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,713 4,908,642
当ブログ 52 9,701
総計 3,765 4,918,343

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

 

 

先日小樽に行った目的はですね…

 

 

 

このためだったのです。

 

 

 

 

天皇杯

そうです。

 

 

昨年、太一と2人から作った野球チーム『須貝エンジニアリング』が昨年の東日本大会に続き、今年も天皇杯の南北海道大会に出場できたのでした。

 

 

 

天皇杯

 

天皇杯って軟式野球の大会では1番レベルの高い大会なのです。

 

 

そもそも僕が所属している須貝エンジニアリングは昨年作ったチームなのでまだ階級は『C』なのです。

 

 

なので天皇杯の西胆振予選には本来A級とB級しか参加できないのですが今年はコロナの影響で大会が1つ消滅したので特別に西胆振予選にも出場させていただけたのでした。

 

 

で、その大会で優勝したので今回天皇杯の南北海道大会に出場できたのでした。

 

 

なので地元開催枠で出たB級チーム以外は各支部全部のチームがA級チームなのです。

 

 

砂川北野球部同期の恒樹が監督の北空知の代表チームやこのブログを観てくれている梶Kenが監督の南空知代表のチームも全部A級なのです。

 

 

名簿

名簿

我々だけC級…

 

下克上でいいじゃないか☆

名簿

 

そんな天皇杯の出場だったのでした。

 

 

 

小樽市長の始球式で開幕…

 

始球式

 

 

我々は2試合目で札幌地区代表の北海道ガスとの試合でした。

 

 

前日に1人で食べに行った「熱闘ホルモン甲子園」の大将も差し入れを持って駆けつけてくれました。

 

 

 

大将が撮影してくれた写真です☆

 

 

試合は接戦になりました。

それぞれのヒットの数…

 

 

北海道ガス 2本

須貝エンジニアリング 3本

 

 

でもね…

 

 

こちらの守備のエラーでことごとく得点されて…

 

 

 

小樽の野球場

 

0 - 2 で敗戦しました。

 

レベルの高いチームはミスは見逃さないのです。

 

 

まだ10代や20代の選手が多い我がチームにはいい経験になったコトでしょう。

 

 

今週の土日には蘭越と黒松内で東日本大会の南北海道大会に出場します。

 

 

今回の敗戦を生かして次の大会は上を目指したいと思います!!

 

 

 

ちなみに対戦相手は日高地区代表なのですが…

砂川北時代の後輩の白戸んぼがいるのです☆

 

 

砂川北

 

そう。

 

 

白戸んぼは唯一2年生でベンチ入りしてレギュラーだった優秀な選手だったのです。

 

 

 

 

白戸

 

 

この頃は白戸んぼも痩せているのです。

 

 

でも当時の白戸んぼは私の弟子ではなかったものの付き人として貢献してくれた後輩なので負けるワケにはいかないのです☆

 

 

 

そんな高校時代の後輩と45歳と44歳になって対戦できるってとても幸せなコトだと思います。

 

 

待ってろよ〜〜っ♪

 

白戸んぼ☆

 

リニューアルしてだんだんと慣れてきました☆

どうぞ『ポチっ』とお願いいたします!!

ポチっとすると天気が良くなって爽やかな1日になると聞いたコトがあります☆

↓ ↓ ↓


北海道ランキング

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。