その他発

松永耕作というバーテンダー…。

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 3,886 123,277
総計 7,521 5,033,919

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

昨年のこの日は僕が尊敬するバーテンダーがお亡くなりになった日です。

本物のバーテンダーでした。

松永耕作さん…。

あれから1年が経過しました。

九州男児で豪快な生き様のバーテンダーでした。

僕にプロのこだわりと酒とサイコロを教えて下さいました。

よく朝までバーテンダーやソムリエ、調理人やギャルソン達を集めては『3つのサイコロ』で絶叫したものです。

いつも負けていた方でした。

親の時に『456』を出して
『よ~~~~~し!!!』と叫んで
その直後に
『123』を出してしまい……

『……!!!』
『何にもならないよ~~~~!!』とまた叫ぶ人でした。

そんな光景がみんな大好きでした。

若い頃に奥さんと
『スバル360で日本1周したんだぞっ♪』と誇らしげに話してくれた事もありました。

パチンコで帰りのバス代まで注ぎ込みスッカラカンになって、伊達から豊浦まで真冬の夜中に歩いて帰る人でした。
(今のモダ石油から豊浦までですよ!!!)

札幌のマンションで生寿司の出前をとって下さり
『磯っ♪遠慮しないで喰えっ♪』と笑顔で言って下さった直後に私が、
『松永さんっ♪この後はパチンコっスか?!♪』と言ってしまったことがありました…。

何が起きたのか……??!!

一瞬にしてその場が氷つき…

『あんたまだパチンコやってたのね?』と奥さまがひと言…。

とてもとても寿司なんかつまんでいられる雰囲気じゃなくなり…

20歳以上も年下の私の前で
ガっっっっっっっっっつり奥さんに怒られてました……。

あんなに気まずい食事なんて後にも先にもあれが最大でした…。

寿司なんて喰う雰囲気じゃないのです。

禁句っていう本当の意味を知りました…。

ジン、ウォッカ、テキーラ、ラムは冷凍庫に入れておくこだわりのバーテンダーでした。

『100年の孤独』ショットグラスで差し出して下さり
『磯辺っ♪どうだ?』とニヤリとした顔は今でも忘れることができません。

あの日の夜、棺には松永さんからいただいた『サイコロ』をいれさせていただきました。

ひっそりとした葬式でした…。

僕は中添くんと亡くなった日の夜に松永さんがいつも立っていたバーカウンターで松永さんが好きだと言っておられた『響』を持っていき、ショットグラスで飲んできました。

 

松永さんがいつも言っておられた好きだという言葉…

この『一期一会』という言葉と松永さんの『似顔絵』の額を2つ、9年前くらいにプレゼントさせていただきました。

東京で出会った藍さんという方に書いていただきました。

で、藍さんが初めて北海道に来た時に松永さんのバーに2人で飲みに行きました。

あの言葉と絵をプレゼントした時の松永さんの喜ぶ姿は今でも忘れません。

あれから1年。

僕も松永さんみたいな男になりたいと思います。

今日仕事を終えたらここのカウンターに座ってきたいと思います!

2012年もブログランキングへ挑戦していきます♪

どうか心温かい1クリックを宜しくお願い致します!!

是非ご協力下さいませ♪
⇩1日1ポチを宜しくお願い致します♪

『いいね!』の感じでお願い致します!!!!!


地域情報(北海道) ブログランキングへ こちらは1日ワンクリックのみ有効になります♪

北海道ランキングNo1を目指してチャレンジ中でございます♪

応援クリック宜しくお願い致します♪

コメント

この記事へのコメントはありません。