その他発

熱中症で思い出した良からぬこと…

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 3,876 115,675
総計 7,511 5,026,317

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

最近テレビのニュース番組では連日『熱中症』が取り上げられております…

北海道ではあまり聞かない話しですけどね…

でも最近は水分を積極的に取りましょう!って時代になったのにどんなもんなのでしょうね…

色々な要因があるんでしょうけどね…

やっぱり昔の人みたいに山や川や池や原っぱなどで元気に外で遊んだ世代の人達の方が基礎体力が強いのでしょうね♪

そういう時代を過ごされた方は皆さん同感なのではないでしょうかね♪

僕の中学高校時代のほとんどが『ノドが乾いていた…』記憶ばかりです…

『水はダメ!』の時代の体育会系ど真ん中でしたので…♪

もしゴリ(鵡川高校野球部監督)に練習中に水を飲んでいたのを目撃なんかされたなら…!

問答無用に鉄拳パンチ又は柔道の一本背負いを喰らうでしょうね…

そういうのが常識の時代でしたからね…♪

でもそのおかげで練習後に2Lくらいのむ水道水が今のビールよりもはるかに美味かったですけどね♪

水道の蛇口を上向きにして飲むあの水道水です♪

学校からゴリ下宿(野球部寮)までの距離…

わずかに徒歩1分…

目の前…なのです。

道路を挟んでの目の前…

その間に松尾商店という個人経営の小さな商店があるのです♪

自販機が1台…

で!練習後の買い食いはNGなのですけど、もちろんそんなゴリのルールを破ってみんなジュースを買って飲みます♪

で!人気のジュースはいつも売り切れなのです…

高校の一般の生徒も買うし近所の人も買うし、ましてや唾液が1滴も残っていないような砂漠にいたのか?っていうくらいにノドが乾いた野球部員が50人もいるのです…

なので炭酸やポカリスエット的な野球部員が好きそうなジュースはいつも売り切れなのです…

そこで僕は考えました…

当時の僕の考えることの9割は良からぬことでした…

よくそんな事を思い付くな!って様々な大人から言われて怒られてましたね…♪

僕が自動販売機で考えたこと…

人気がなく僕が好まない種類のジュースの自動販売機のボタンをセロハンテープで貼っておくのです…♪

押した状態で!です…♪

するとどうなるか…?

自動販売機にお金を入れた瞬間に
ガシャ~~~ン!って勝手にジュースが出て来るのです…♪

お金を入れた人はパニック状態です…

えっ?!何で???って感じです…♪

1000円札を入れた人は早くこの状態に気が付かないと自動的に2本目まで出てくる仕組みなのです…♪

で、その勝手に出て来た種類のボタンを見ると……!

セロハンテープが貼ってある…

怒り心頭でしょうね…

でもこの効果がかなり出ましたね…♪

自分が欲しい種類のジュースが残っている確率が格段にアップしました♪

でも人はだんだんと学習能力が身に付いてきます…♪

警戒し始めてきました…

だから僕も同じ箇所ではなく不定期にセロハンテープを貼る位置も替えさせてました…弟子に…

悪いな~~もう…

熱中症のニュースを見てそんな事を思い出してしまった今日この頃でした…

松尾商店さんゴメンナサイ…。

☆いつもブログを見て下さいます皆様へ☆

ただ今北海道ブログランキングへチャレンジ中でございます!

是非ご協力下さいませ♪
⇩1日1ポチを宜しくお願い致します♪
人気ブログランキングへ こちらは1日ワンクリックのみ有効になります♪

北海道ランキングNo1を目指してチャレンジ中でございます♪

コメント

この記事へのコメントはありません。