その他発

王者北照の予選コールド負けについて…

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
総計 3,922 5,073,270

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

夏の甲子園をかけた予選大会が全国各地で開催されております。

私もあの「負けたら引退」の夏のトーナメントの経験が今の人生でも活かされております…♪

あの頃は仲間がとても頼もしかったし私も自信過剰だったので恐いものなどありませんでした。

「ゴリの下であんなに練習したんだ。他の高校の誰よりも俺たちの方が練習してきたて!』という自負が自信になったのです。

過酷な練習の日々がトーナメントで勝ち上がるための自信になるのです!

恐~~~~~い先輩にお呼出しを受けた時の緊張感と「ここ1番」の打席に入った時の緊張感とでは雲泥の差なのです!!

全道大会での打席なんて楽勝なくらいに恐~~~~い先輩やゴリの逆鱗の方が恐いのです!!!

そんな経験を2年半していたからこそハートが強くなったのです☆

で…

先日の後志予選の決勝戦でこんな試合がありました…

昨年甲子園に出場して今年の春も全道大会で優勝した名門『北照高校』が小樽潮陵高校にまさかの7回コールド負けをしてしまいました。

7回2アウトランナー無しまでは2-2だったんですよ!!!

それが2-9で7回コールドです!!!

小樽潮陵は夏34年ぶりに北照に勝利なのです!!

この試合を観にいった訳ではありませんのでこれは私の想像なのですが…

決勝戦を戦う前の覚悟の差が出たように感じます。

北照は春の全道大会でも優勝した程の強豪です!

昨年に引き続きもちろん今年も連続で甲子園に出場するために死ぬ程練習してきたハズです…

それに対して小樽潮陵は…

王者北照と地区予選で対戦しなければならなかったのです!!!

負けたら引退…の試合でです!!!

北照は南北海道大会で勝ち上がるための予選の1試合…

それに対して小樽潮陵は…

『負けたら引退』の死に物狂いの覚悟を決めた大一番…

そんな覚悟の差が勝敗に出たのかと思います。

きっと…

練習試合で北照と小樽湖陵が10回試合したら10回北照が勝つかと思います。

そのくらいの力の差があったハズです。

なにせ北照は昨年も甲子園に出場していて春の全道大会も優勝している強豪なのですからね…

かたや小樽潮陵は34年ぶりの道大会出場でした。

まさかの予選敗退ですので親とかも応援に行かないで南北海道大会の円山球場に休みを合わせていた人とかもいたのではないでしょうかね…

でも小樽潮陵は王者北照相手に負けたら引退なのですから応援も総動員だったかと思います。

この試合の結果は他の公立高校にも大きな勇気を与えるものだと思います。

例えば…

強豪駒大苫小牧と地区予選などで対戦しなければならない公立高校なども同じことですからね。

勝負は最後までわからない!

そんな言葉が現実になった訳ですのでこれから予選を戦う全ての選手たちも最後まで諦めずに戦ってほしいと思います。

明日は私も須貝エンジニアリングの選手として恵庭市で開催されます高松宮杯1部南北海道大会に出場します。

対戦相手は札幌支部代表なので強豪かと思いますが最後まで諦めないで戦いたいと思います☆

現在『北海道ブログランキングの3位』キープしております☆

皆さまのポチっとのおかげでございます!!

本日もどうぞ宜しくお願い致します☆

⇩  ⇩  ⇩  Let's Pochi~~♪


地域情報(北海道) ブログランキングへ こちらは1日ワンクリックのみ有効になります♪

北海道ランキングNo1を目指してチャレンジ中でございます♪

応援クリック宜しくお願い致します♪

コメント

この記事へのコメントはありません。