その他発

私の持論…手信号って必要でしょうかね?

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 3,877 116,068
総計 7,512 5,026,710

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

昨日の夜、宴会が終了した後に本日の昼間に入っている大きな宴会のセッティングをしておりました。

たくさんのスタッフ達のおかげで無事セッティングも完了してホテルの階段を歩いている時にふと思い出したことがありました…!!

手信号です。

手信号と言ってもきっと色々あるかとは思いますが、私が思い出したのは「自転車運転」の手信号です。

階段を下りる時に無意識にやってしまっていたので気が付いてのでした…!

こういうやつです!

覚えてますでしょうか?

ありましたよね…♪

で!!!

この手信号を思い出した時にフロントバックにいた数人のスタッフにも聞いてみました。

『こういうの覚えてる?』と私自ら手信号をやって聞いてみました。

すると19歳のYumiさんは『知りませんよ~~』と言ってましたケド他の人達は『あ~~知ってますよ!!学校で昔習いましたよね♪』と言っておりました。

そうですよね!

私も昔、小学生の時に先生やわざわざ学校まで来た警官に教わった記憶があるのです。

で、何が持論かと言いますと…

今年で39歳になる私ですが今までの人生で1度もこの手信号をやって自転車の運転をしている人を見たことがありません!!!

それを教えていたハズの学校の先生ですら1度も実践しているのを見たことがありませんでした…!

警察官の人も議員さんも教員も大人も子供も親も…

誰ひとりとしてこの手信号をしている人を見たことがありません…!

でも!

昭和50年生まれの私も平成生まれのバイト学生も学校で教わっているのです!!!!

少なくとも30年以上は学校で教えている計算になるのです…!

昨日いたスタッフだけでの調査ですのでもっと年上の方も教わっていた確率は高いのです!

そんなに長期間で教育の場で教えているハズなのに誰ひとりとして実践してもいないししていなくても支障がなく問題視もされていないというこの「自転車の手信号」…

私の持論とは…

これを教育の場で教える必要がありますかね…?

カラー印刷の小冊子まで作って全児童に配布してですよ!!!

日本全国でどれだけの経費と時間が費やされていることでしょう…

だって誰も実践していない「自転車の手信号」用の小冊子と道徳の授業ですよ…

どう思われますか?!

せめて!!

それを教えている教員は登下校の時にはすべきですよね…!!

これを…

こんなのを都会でやると歩行者にラリアートをくらわして訴えられるんじゃないですかね…

もしくは痴漢かひったくりと思われたり…

これをやっている人が自分の正面からやってきたら逆にラリアートをお見舞いしてしまう可能性すらありますよね…

『攻撃こそ最大の防御!』と昔の映画のベストキッドで教わりましたしね…♪

と、いう私の持論でした…♪

いかがでしょうかね…?

さあ…今日も朝から忙しい1日ですので気合いを入れてパワー全開で頑張りたいと思います♪

ランキング復活してきました~~~~!!!

皆さまのおかげです!!!!

どうぞ本日もポチっとクリックして下さいね…♪

⇩  ⇩  ⇩  Let's Pochi~~♪


地域情報(北海道) ブログランキングへ こちらは1日ワンクリックのみ有効になります♪

北海道ランキングNo1を目指してチャレンジ中でございます♪

応援クリック宜しくお願い致します♪

コメント

この記事へのコメントはありません。