その他発

続☆上芦別から砂川まで歩く♪

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 3,886 123,314
総計 7,521 5,033,956

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

前回ご紹介させていただいた「卒業前の想い出創り」に上芦別から砂川の高校まで真冬に歩いて登校したお話の続きです♪

一緒に歩いて登校する企画を打診した野球部同期の野々村くんは最後の最後まで拒絶反応を示したままでした☆

帰りの汽車の中もずっと口説いてはみたものの、一貫して拒みつづけるのでした☆

でも私はそんな野々村くんとは同じ野球部寮での仲間だったので最後は「わかった♪」と言ってくれるものだと信じていました☆

計画実行当日(2月中旬)早朝の3時に起床♪
4時に自宅を出発!

上芦別の自宅を出て30分かけて隣町の西芦別の野々村くんの自宅へ迷うことなく直行しました♪

当時は携帯電話など存在しない時代ですから『昨日の約束』を信じて向いました☆

とは言っても「昨日の約束」だと野々村くんは強い拒絶反応を示したままで『絶対に行かない!』と言っていたので約束にはなってませんけどね☆

早朝のまだ真っ暗な4時半☆
当時の野々村くんに自宅は西芦別の炭坑住宅です☆

けっこう古い家で玄関に『ピンポン』など付いていない家です☆

で、野々村くんの家の玄関に前にたどり着いたその時!!!
静か~~~~に玄関の扉がガラガラっと開きました♪
(古い家炭坑住宅なのでドアではなく横にスライドする玄関)

そこには野々村くんがいて『しっ~~~~~~~♪』と口を抑える彼がいたのです♪

もちろん私も信じていました♪
で、野々村くんは小さな声で『みんな起きるから静かになっ☆』と言いながら向かえてくれたのです♪

で、私が『何でもう玄関にいるんだっ?』と訪ねました♪

野々村くんいわく玄関にチャイムがないから私の事だからガンガン玄関の扉を叩くからみんなが起きてしまう との事なのです。

野々村くんはとても優しい男なのです♪

身長180cmでゴツい男なのに誰にでも優しいナイスガイなのです☆

しかも!野々村くんはアルミで包んである「おにぎり」までくれるではありませんか!!!

まだ温かい野々村くんのお母さんのおにぎりです♪

『はいっ♪これ いっその分♪』と2個くれました♪

前日あんなに拒絶反応を示していた野々村くんがこの話しを親にしたところ『もうあんたあきらめなさい!』と野々村くんに覚悟するように諭してくれたそうです☆

そして早起きしておにぎりまで創ってくれたそうです☆

もう感動ですね♪

当時の私の性格は同じ野球部の選手や父兄、先生などはみんな把握してくれていましたね♪

こういう事は絶対にやるって事です♪

勉強とかはしません☆
お利口さんではありません☆

でもこういう事は絶対にやるって感じだったので野々村くんの両親は野々村くんにあきらめるように諭してくれたのだと思います☆

で、ここから2人で砂川まで歩き始めました♪

真冬の4時半です☆

上芦別⇒西芦別⇒芦別⇒茂尻⇒平岸⇒赤平⇒歌志内⇒砂川です♪

歌志内は小さな峠を経由です☆

7時間半の登校でした♪

2時間目の途中に学校へ到着♪

で、真っすぐ職員室へ行きました♪

すると先生達は拍手で迎え入れてくれましたね♪

校長先生は『遅刻をしてきた生徒で褒めるのは初めてです!』と握手までしてくれましたね♪

この日は土曜日で3時間授業の日です♪

3時間目は体育で『雪中サッカー』の授業なのです……。

寒くて寒くて足も痛くて座りたいのに「雪の中でのサッカー」でした……。

でも僕と野々村くんは普通にガンガンサッカーで活躍しましたね♪

当時はメチャクチャ タフでしたからね♪

この想い出は学校へ到着した時や先生達が拍手で向かえてくれた時よりも『野々村くんが玄関で用意して待っていた』ことは1番嬉しかったですね♪

しかもお母さんのおにぎり付きでです♪

あの高校の3年間の想い出は宝物ですね☆

野々村!有難うね♪

コメント

この記事へのコメントはありません。