その他発

葉っぱフミフミ君が語る熊の撃退シュミレーション…♪

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
総計 4,109 5,202,034

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

おはようございます♪

昨日は実にアドベンチャーな休日でした…♪

友人の下段さんが私を連れて行きたい場所がある!と言うではありませんか☆

なので…

その提案に私とパンダマンと葉っぱフミフミが参加させていただく事になりました☆

で…♪

下段さんの車で山の中へ進むとなんとも探検心をくすぐる道案内が現れたのです!

おおぉ~~~~~っ♪

大きな桂の木が重要なポイントですね☆

で、車で進める場所まで行ってそこからは徒歩で山の奥へ入る事になりました。

 

川又温泉♨です☆

で!!

熊出没注意の看板が至る所にあるのです!!

すると…!!!!

まさかの葉っぱ兄さんが頼もしい事を語り始めるではありませんか?!

それは…

『実はボク、今まで何度も熊が現れた時のシュミレーションをしてきました!』とです…♪

今日ではなく過去に何度もシュミレーションしてきたと言い張るのです!!

過去に車が山の中で立ち往生してしまった時から色々とシュミレーションを重ねてきたと言うのです☆

葉っぱフミフミの持論によると…

『熊は上から下へ腕を振り下ろす事は出来ても下から上へは動かせないのです!』と言うのです…☆

で、『なのでまず上から下へ腕を振り下ろしてきたのを交わします!』らしいです…

で、『次に熊はかぶりつきにきます!なのでそれを交わします!』らしいのです…。

大丈夫なのか…?!そのシュミレーション…。

私も下段さんもパンダマンもみんなそんな心境だったかと思います…☆

で!!

『で、次です!熊のあごをつかんで大きく揺らして脳を激しく動かす!又は目を狙います!』と真顔で語り続けるのです…!!

『ボクは今までこのシュミレーションを何度も重ねてきたので大丈夫です!』と頼もしい事を延々と語り続けるではありませんか☆

なので…

私は『なら熊が来たら葉っぱ兄さんに任せて俺たちが逃げるから頼んだぞ!』と言うと自信満々に『任せて下さいっ♪』と言うのです☆

こんな頼りになる葉っぱ兄さんは初めて見ました☆

だってつい先日、夜中にクワガタを探しに行った時には蛾とか枯れ葉にもいちいち『ああぁ~~~~~っ!!!』とか奇声をあげていたからです…。

私はパンダマンに道中こんな提案をしました☆

『もし葉っぱ兄さんが熊に頭をガブっと噛まれていたとしても我々は写真(動画)を撮りましょうね☆で、一通り終って葉っぱ兄さんがグッタり倒れ込んでいたら一緒にアメージンググレースを唄いましょうね♪』とです☆

パンダマンも『はいっ♪そうっスね☆』と同意してくれました☆

なので内心熊の出没を期待してしまった私とパンダマンがいました…♪

あっ…

葉っぱ兄さんの熊が現れた時のシュミレーションの話しだけで長くなってしまいましたね…

それにしても山の中へ進んでいる時の葉っぱ兄さんの頼りない後ろ姿を見ていると熊が現れても彼のシュミレーション通りにはいかない気持ちだけが強くなるのでした…♪

また明日この続きを書かせていただきますね☆

葉っぱフミフミ君の熊とのシュミレーションを応援するためにも是非!!!本日もどうぞ皆さまの応援クリックを宜しくお願い致します☆

便乗ポチっとです♪

⇩  ⇩  ⇩  Let's Pochi~~♪


地域情報(北海道) ブログランキングへ こちらは1日ワンクリックのみ有効になります♪

北海道ランキングNo1を目指してチャレンジ中でございます♪

応援クリック宜しくお願い致します♪

コメント

この記事へのコメントはありません。