その他発

4つの幸せな出来事♪

ホテルマンの幸せ

ホテルマンの幸せ世界を旅してみたい

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 3,635 4,910,642
当ブログ 3,882 120,215
総計 7,517 5,030,857

Daisuke`s
出生地:札幌市  出身高校:砂川北高校
血液型:O型 

資格:普通運転免許・玉掛 ・防火管理者

好きな食べ物:果物・鮭とば
好きな歌:We are the world♪
好きなシンガー:長渕 剛・尾崎 豊・ブルーハーツ ・みのや 雅彦

好きな映画:陽のあたる教室
好きな場所:札幌円山球場・大岸の海岸・函館

趣味:ギターやピアノを弾いて好きな歌を唄うこと♪

所属団体:須貝エンジニアリング 主将(野球チーム)
キテレツ大百科 代表(昭和新山国際雪合戦)
伊達Facebook会 幹事
伊達ウクレレ協会

将来の夢:世界を旅すること。そして世界を平和にすること。
影響を受けた有名人:島 耕作・長渕 剛

主な経歴:高3の夏に甲子園に出場するも大事な場面でエラーしてしまい逆転負けの立役者になってしまう。その後、現ウインザーホテル洞爺に入社するも5年後に倒産。その後、伊達市がすっかり好きになり現在のローヤルホテルへ入社。心身ともにタフで、小6の時から今日までの34年間学校も会社も1日も欠勤がない。

私の新しいブログはこちら

昨日はとても幸せな1日でした♪

幸せな出来事がたくさんありました♪

まずアルバイトOBのお母さまからお電話があり、何と!15,000円の『おせち三段重』を4つもご注文して下さいました♪

もう感激です♪

先日自宅にお伺いしてお願いしてみたのです♪

すると4つもご注文です♪

有難うございます♪

次に♪

砂川北高校時代の友人夫婦の修(元つっぱり)くんと智美さんがお子さんを連れて遊びにきてくれました♪

古い友人に会うとやはり元気がもらえますよね♪

で次に♪

以前もこのブログでご紹介させていただいた方なのですが…♪

あの!超全国区だった時の駒大苫小牧野球部のキャプテンのお母さまもホテルまでお越し下さり今年の夏の甲子園球場のお土産と大学野球のお土産をプレゼントして下さりました♪

楽天イーグルスの田中まぁくんが3年生の時に1年生だった選手です☆

と、言う事は…あの全国区で駒大苫小牧高校が甲子園の決勝戦でハンカチ王子こと斉藤くん率いる早稲田実業と戦っていた時代の選手です♪

その先輩達の栄光と2年連続甲子園優勝という夢のような実績を見て自分が3年生の時に野球部キャプテンになった選手です♪

で!栄光は永遠には続かないもので…

先輩達が5年連続甲子園に出場していたチームが甲子園に出れなかった時代のキャプテン…

部員は全国から強者達が100人以上も集まる超強豪校のキャプテン…

で、香田監督辞任で学校全体が混乱していた時の野球部キャプテン…

で、春も夏も惜しくもベンチ入り出来なかったキャプテン…

レギュラーではなくてもベンチ入りするキャプテンは見た事があります。

ベンチ入りも果たせなかった駒大苫小牧高校野球部のキャプテンです。

もし私が当時レギュラーから外されたと考えるだけでも人生が崩れ落ちる感覚だったでしょう…。

それがベンチ入りさえ叶わない、甲子園にも出場出来ない…

さらには公式戦にさえ選手として出場出来ない…

ついさっきまでテレビやマスコミやファンや市民や後援会や友人や家族達が夏の栄光で盛り上がっていたハズなのに…

甲子園出場はおろかベンチにさえ入れないキャプテンです…

こんな壮絶な経験をした高校生もいるんです!

凄い経験をした選手のお母さんです☆

私は自分が同じような環境で野球をやっていたので彼の気持ちはよくわかります。

で、絶え抜いて孤独と絶望と戦った高校生だと思います。

自分ならもう暴れまくっていたことでしょう…。

そんな凄い男のお母さんと知り合いになってお土産をわざわざ持って来て下さるのです♪

嬉しい限りです♪

心から感謝しております♪

で、さらに!!

とあることがきっかけで私から距離を置いていた大切な後輩が数ヶ月ぶりに顔を出してくれ、久しぶりにお互いの話しをしました。

もう最初は言葉が浮かびませんでしたね。

時間が解決してくれたというのか…♪

私から何かを言うとそれが嘘っぽくなりそうだったのでここ数ヶ月間はこの日を待ってました…♪

今日で多くの誤解もわだかまりも解けたと思いますね…♪

長かった…♪

で!とても嬉しかったですね♪

信用してくれて有難う♪

そしてこれからも宜しくね♪

この日はつくづく『人との出会い』の喜びを感じた1日となりました♪

人気ブログランキングへ
ポチッと1票クリックして下さい♪
お願い致します♪
北海道ランキング 25位/660人中

コメント

この記事へのコメントはありません。