伊達発

「はやぶさ2」を見る

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

少し前に、3月11日に【国際宇宙ステーションの撮影】をした話を書いた。
その時に「JAXA」のホームページを見ていたら、日本中を騒がせた「はやぶさ2」のカプセルの展示を国立科学博物館で行うと書いてあった。
その時になぜか、「これは見に行かねば」と思った。

国立科学博物館の巨大な鯨は「白ながす」か?

 

「はやぶさ2」は2014年12月3日に日本から出発し、2020年12月6日に帰還した。6年もの長期の旅で、それだけで私などは驚いてしまう。
私などでは6年も前のことなど忘れているのに、科学者は凄い。

「はやぶさ2」の目的はC型の小惑星「リュウグウ」を探査し、サンプルを持ち帰ることであった。幸いに目的は達成したようで、「目出度し、目出度し」であった。

「はやぶさ2」の展示会場は春休みで親子連れが多かった。

 

展示の説明書を見たら、次のようなことが書いてあった。
【国立科学博物館はJAXAの協力のもと、宇宙から帰還した再突入カプセルの各部パーツ「全面ヒートシールド」、「背面ヒートシールド」、「インスツルメントモジュール」、「搭載電子機器部」、「パラシュート」などを展示する企画展を下記の通り開催します。本展では「はやぶさ2」の目的や科学的意義を紹介するとともに、小惑星というのはどういうものか、そして小惑星サンプルから分ることに付いて解説します】

今回の「リュウグウ」と、前回の「イトカワ」の大きさの比較。

 

最近は「見るもの」は、殆ど全て事前予約になっている。
そこで「上野に行くなら花見も」と思い、国立科学博物館のHPから見学予約をした。65歳以上は「無料」となっていて、ここでも私を優遇してくれている。
予約が終るとメールでQRコードが送られてくるので、これを持参して入口で提示することで入場できる。

前回のミッションの「はやぶさ」の1号機。(撮影はOK)

 

この日は特別展として「大地のハンター展」が同時開催されていた。
ただし、そちらは別料金である。
入口で手指の消毒と検温をして、「はやぶさ2」の展示会場に行く。

会場入口に巨大な「はやぶさ」が飾ってあるが、これは2003年に打ち上げられた1号機の「はやぶさ」のレプリカで、更に奥に「はやぶさ2」の地球に生還したカプセルの実物が展示してあった。

「はやぶさ」のカプセルは「はやぶさ2」よりかなり大きい。

 

「はやぶさ2」の展示場は撮影禁止となっている。
このプロジェクトの目的は小惑星「リュウグウ」から岩石を持ち帰ることだそうで、説明書きを読んで驚いた。

「はやぶさ2」は太陽系の誕生と生命誕生の秘密に迫るミッションだそうだ。
2014年12月に打ち上げられて、任務を果たして2020年12月に地球に生還した。
6年間も科学者はズーとミッションを追い続けていたのである。

「はやぶさ」のなにか?

 

「はやぶさ2」が「リュウグウ」に到着するまでに、3年も掛かっている。
到着した後にリュウグウに近付き、弾丸を発射して舞い上がった物質を取り込む。そして帰り道はなぜか往きより早く、1年1ヶ月で地球に戻って来た。

こんな壮大なプロジェクトに関わった人達は幸せだろうなーと思った。
家族のこと、住宅ローンのことなど考えるような人には向かない。
よほど女房がしっかり者だろうと、変なことを考えた展示会だった。

時間が余ったので、常設館の恐竜の化石を見て来た。

 

(おまけの話)
「はやぶさ2」の展示を見た後に、上野公園をブラブラした。
今年の上野公園は「お花見宴会禁止」になっていて、歩いて見るだけである。
しかも道路は中心で柵で区切られていて、一方通行になっている。

花見は出来るが、情緒というものに欠ける。
「3密」の中の「密集」、「密接」の2つを避けようとしているようだ。

 

毎日の仕事のストレスを解消するためには居酒屋も必要だし、サラリーマンだけでなく誰でも日本人の「心の故郷」である桜の季節には花見は必要不可欠である。桜の命は短い。1週間くらいで花は散る。

途中で強風でも来れば、もっと短くなる。
そこが日本人が好きな理由かもしれない。
この日は満開から6日も経っている上に前日の雨と強風で、上野公園の桜も終りに近づいていた。

前日の雨と強風で、桜の花が散って地面を白く染めていた。

 

例年なら道路の両側の植え込みにはビニールシートを敷いて、新入社員が夜の会社の花見の為の席取りをしていたが、今年はそれも無い。
騒ぐ人もなく、みんな静かに桜を見ながら歩いていた。

一番の被害者は上野の杜のホームレスだ。
彼らは1年で一番の稼ぎ時の花見で、空き缶拾いが出来なくなったことだ。
コロナと空き缶の関係がこんなところにあった。

不忍池ではポカポカ陽気の中で、カモメが遊んでいた。

 

 

 

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.04.01

    科学の進歩は目覚ましいですね。子供のころにマンガで読んだようなことが実際に達成されてしまっています。しかしながら、感染症のことに目を向けると、その当時いやそれ以前の状況と全く変わっていないようなありさまです。研究は進んでも自然界のことはわからないことばかりのように思えてしまいます。何がわからないことかもわからないものが言うのも変なことですが。

    • Shinji
    • 2021.04.01

    こういう壮大なことをする科学者は多分、”家族のこと、住宅ローンのことなど考えるような人には向かない。
    よほど女房がしっかり者だろう”、などと考えるのは、やはり人間に興味があるからでしょう。人生いろいろ、の一例ですね。