伊達発

いまのところ、まだ騙されない 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 2,106 1,284,749
当ブログ 445 45,040
総計 2,551 1,329,789

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

パソコンやスマホでインターネットに繋ぐと、迷惑なメールが届くようになる。
コロナの影響で、ネットでの買い物が増えた。
すると当然だが、こちらの個人情報を提供しないと品物が届かない。
この時に提供した個人情報が、私の知らない間に他の業者に渡されているらしい。

登録もしていないのに、不在メールが来るはずがない!

 

時にはそれを有料で販売している業者もいるらしい。
それで手に入れた業者や詐欺師から、私のスマホとPCに迷惑なメールが届く。
『今夜、飲みに行かないか』とか、『返事をしてよ』とか、『怪しいURLだけのメール』などである。

飲んべえは返信してしまうかもしれない。女好きも返信するかもしれない。怪しいURLは興味本位でクリックしてしまうかもしれない。幸いに私はまだ頭は大丈夫なので、無視して削除する。

スマホに頻繁に入る怪しいメール

 

ある時、メルカリから「緊急時セキュリティアップデート」のお知らせが届いた。
【重要】事務局からのお知らせ。『
お客さまのご利用状況を確認のうえ、利用者保護とクレジットカードまたはキャリア決済での不正決済防止の観点から、アカウントのご利用を制限いたしました』

『売上げまたは残高をお持ちの場合は、振込申請の手続きが出来るように対応いたしますので、本人確認書類(運転免許証、健康保険証)の画像をお問い合わせに添付いただき、ご連絡いただきますようにお願い致します』

メルカリを登録も使用もしていないのに、来るメール。

 

私はこれはすぐに個人情報詐取だと分った。なぜなら私はメルカリを使ったことがないのだから。
念のためにメルカリのホームページを開いてみた。

そこには【注意喚起】「現在、メルカリを装った不審なメール、SNSが急増していることが確認されています。メルカリではメール、SNS経由でメルカリアプリ以外から、お客さま情報(電話番号、パスワード、パスコード等)の入力を促すことは一切ございません」とあった。

怪しさがすぐ分るメール2通。

 

中央区からメールが届いた。
【中央区総務部危機管理課からの配信】とあり、『本日、区内で、中央区役所還付課職員を語る者から「保険料の還付金が2万3千円あります。銀行で手続きすると戻ります。取扱い銀行はどこですか? 何時ころにATMに着きますか? 着いたら電話して下さい」という電話がありました』

『区役所から還付金に付いて電話で案内することはありません』とあった。年寄りは「お金が戻る」と聞いただけで嬉しくなってしまう。
昔は年寄りを騙すなどということはあり得なかった。嫌な世の中になってしまった。

怪しさがすぐ分るメール2通。

 

女房の友人の話である。
友人の亭主は、現役の時は金融関係の仕事をしていた。
もう10年ほど前のことだが、息子と名乗る男から電話があった。
電話に出た亭主は息子が金が必要と知り、『明日、振り込む』と約束したのである。

出先から戻った女房がその話を聞き、『それはオレオレ詐欺じゃないの!』と言った。
すると亭主は『息子が困っているのに、なんてことを言うんだ!』と怒ったのである。

悪徳業者がアドレスを入手する手段

 

たまたま、その夜に息子から電話があった。
そこで女房が『今日の昼頃、電話をくれた?』と聞いたら、『していないよ』と言ったのである。
これで亭主が「オレオレ詐欺に騙された」と分かり、それ以来、亭主の威厳は失われ、威張り腐っていたのが大人しくなったそうだ。

金融関係者は利用者に「振り込む前に、息子さんに電話して下さい」という立場なのに、こんな人もいるのである。ドンドンと騙す方の技術が向上しているので、この先、私が騙されないという保証は無い。
「なにもしない」のが良いのだろうが、それではボケてしまうしなー。

「アドレスを盗まれないために」

 

(おまけの話)
自宅の固定電話は常に「留守電」にしてある。
用事のある人や急用の場合は、私のスマホに連絡して来る。
私のスマホの番号を知らない人は、ほとんどの場合、売り込みか詐欺電話である。

以前は留守電にしていなかったが、電話に出ると売込みばかりだったので留守電にしたのである。
固定電話自体を止めても良いのだが、女房がたまにFAXを使うのでそのままにしている。

丸ビルのエスカレーターで(イラストが面白い)

 

出先から戻ると、毎日のように留守電に着信したサインの赤ランプが点いている。
しかし留守電に、相手が用件を録音してあることは無い。
その中の3分の1くらいが「番号非表示」である。
番号の残っている場合は電話をするのではなく、ネットでその番号を調べてみる。
すると不動産屋か、不要品の買取業者だ。

カフェでテーブルの上にコーヒーカップを置いて驚いた。

 

家に居る時に固定電話に着信がある時でも、電話に出ることは無い。
中には非表示の上に、「ワンギリ」がある。
このような電話をする意味が分からないので、ネットで調べてみた。

すると『電話番号が実際に使われているものかどうか、レンタル電話ではないか、電話料金を滞納していないか、頻繁に電話番号を変える人物ではないか、などを調査している』らしい。
・・・ということは『私がサギをする人かどうか』を調べているのではないかと思う。

知り合いのバアチャンから頂いた「手毬寿司」

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.12.22 7:14am

    ン!”飲んべえは返信してしまうかもしれない”は俺のことだ、と思ってしまいました。我が家にも変な電話が入ってきます。電話機の前には警察でもらった注意喚起の印刷物が貼ってあります。なお一層気を付けなければと思います。善意に満ちた社会は遠い昔のこと。”人を見たら泥棒と思え”の世の中になってしまいました。

    • Shinji
    • 2021.12.22 9:23am

    AMAZON での購入、$999.99、ありがとうございます。もし、オーダーしてなくて何かのエラーと思える方は、以下に電話してください。てな、メッセージが頻繁に入ってくる。 たくさんのオーダーをしていれば、なにがなんだかよくわからず、つい電話して確かめたくなる。 これが、向こうの思うつぼ。騙されないようにいつも用心していなくてはならない、この頃です。