伊達発

おひとり様

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

(2014年10月17日)「ブログ閉鎖中の話題)

「ひとり」というのは、なんとなく世間体が悪いような感じがするし、あまり評価もされない。
それを表す言葉には「1人」、「独身」、「単身」、「孤独」、「孤立」、「独居」などある。

熟語になると「1人カラオケ」、「生涯独身」、「単身赴任」、「孤独死」、「孤立化」、「独居老人」、「ひとりもん」、「ひとりぽっち」、「一人鍋」など、侘しいような感じになる言葉ばかりだ。
最近、流行りの「家庭内別居」も「家の中でも、ひとり」を象徴している。

築地本願寺の正面階段。

 

一方、1人は毅然としている感じが少しだけする。
「孤高」や「単独」となると良い感じもしないではないが、ある意味では「我が儘」なだけである。
その熟語には、「孤高を保つ」、「単独登頂」などあるが、良い熟語は非常に少ない。

壁の穴から覗いた光景

 

最近は「生涯独身」という人が増えているそうだ。
それも分る気がする。 これからの世界はあまり希望が持てそうにない。
私達の世代は日本の高度成長期に当り、誰でも頑張りさえすればなんとかなった時代である。

本堂でシンポジュウムが行われた。

 

リタイアして10年も経つと世間から忘れ去られてしまう。
次に世間から注目される時は、「介護保険」、「年金」、「ボケ対策」などのマイナスの時ばかりで、たまに期待されたかと思うと、「シニアの経済力」などという私達の懐の中身であるから寂しい。

本堂は全て椅子席である。

 

なんか変な話になってしまったが、本当は書こうと思ったのは「築地本願寺」の話だった。 
我が家の近くに築地本願寺がある。
この寺は京都西本願寺を本山とする浄土真宗の本願寺派の寺で、都心にありながらかなり規模は大きい。

滅多に叩かない火炎模様の大太鼓。

 

ここは開かれたお寺で、ハイカラにも毎月最終土曜日の12時半から30分間の無料のパイプオルガン演奏会がある。 また時々、法話や講演会がある。
最近ではシンポジュウムが開かれて、その基調講演にジャーナリストの大谷 昭宏氏が出るので行ってみた。

天井から吊るされた仏式の照明灯。

 

話は期待したほど面白くはなかったが、信徒らしき人達が多く、首から輪袈裟を架けた人も多い。
お寺の本堂で行われる講演はシーンとして、緊張感が伴う。
高齢の夫婦者が多いが、私は1人である。
こんなところで孤高を保っても仕方ないのだが、家族が付き合ってくれないのだから仕方ない。

大勢の中で1人でいると、特に「1人」であることを感じさせられる。
私は「1人で生まれた来た」のだから、「死ぬ時も1人」と決めていて、今から練習をしているのである。

お寺には珍しく「パイプオルガン」が設置されている。

 

(おまけの話)
浄土真宗は「阿弥陀如来」がご本尊であるが、宗祖は親鸞聖人である。
私は仏像を彫るが宗教には詳しくなく、私の家は臨済宗南禅寺派であることしか知らない。
お墓が遠いこともあり、普段はあまりお寺と縁が無いので、寛容な宗派の築地本願寺にお参りしている。

本殿の横には左右に読経の間がある。

 

浄土真宗の坊さんは結婚もするし、酒も飲むし、ステーキも食べるし、遊びにも行く。
私がこの宗派でただ1つ、気に入らないのが『坊さんが髪を伸ばしている』ことである。
これでは法衣を脱いでしまえば、坊さんであることが分らない。

蓮の花が咲きそうだった。

 

以前に、ゴルフ場で頭を「丸刈り」にしているグループがいたので、「ヤクザ」ではないかと思い、近寄らないようにしていたら、後で坊さんのゴルフコンペと分って驚いたこともある。
 
「死ぬ時は医者にも坊さんにも助けてもらわずに、1人で旅立つように、今から心構えを考えておこうと思う」。・・・と女房に言ったら、「そういう人は100歳まで生きるわよ!」と言われてしまった。

築地本願寺の夜景。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

最近のコメント