心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コロナと熱中症で、家で過ごす時間が増えた。
それにつれて、読書の量も増えた。

本は図書館のサイトで検索するか、蔵書に無ければ図書館に購買を依頼する。すると中央区は財政豊かなので、殆どの場合、少し時間は掛かるが新書を買ってくれる。

「キネマの神様」★★★

 

最近、読んで面白かったのは、原田マハの作品の「キネマの神様」だった。
これは洋画好きの人達の話で、「映画は映画館で見るべき」ということから、場末の名画座を守る話である。

ストーリーも面白いが、各所に昔の名画の話が出て来て、ドンドンと話に引き込まれて行く。

「暗闇のゲルニカ」★★★

 

面白い理由には、作者の原田マハの文章力もある。
そこで彼女の他の作品も読みたくなり、図書館サイトで検索した。

すると多くの作品がヒットしたが、その中で「暗闇のゲルニカ」という作品が題名からして面白そうだと感じたのである。
幸いに図書館に蔵書があったので、すぐに引き取りに行った。

東京駅丸の内北口(新1万円札の裏側のデザインに採用されている)

 

この本を選んだ理由の1つは、「ゲルニカ」という単語である。
ゲルニカはピカソの代表作だが、それを忠実に陶板で複製したものが東京にある。

それは東京駅丸の内の近くにある。
私は以前に1回は見たのだが、今回は改めて細部までゆっくり見に行った。

ピカソの巨大な陶板複製画「GUERNICA」(ゲルニカ) ピカソの令息「クロード氏」の承諾を得て、実寸大、忠実に再現している。

 

東京駅丸の内北口の向かい側のビルが、「丸の内オアゾ」である。
通勤時間から外れているし観光客もいないので、東京駅は閑散としている。

丸の内オアゾに入ると1階の左側の壁に、巨大な実寸大の「ゲルニカ」がある。私以外にゲルニカを見ている人はいない。
勿体ないなーと思う。

この「ゲルニカ」は大塚製薬の寄贈である。

 

徳島県鳴門市には「大塚国際美術館」がある。
ここでは世界の名画を原寸大で陶板で制作し展示している。

私は以前にここで見たことがあるが、その規模と出来栄えには驚かされた。さて「丸の内オアゾ」の「ゲルニカ」である。
初めて見た人は、その精密さと巨大さに驚くだろう。

陶板1枚、1枚の大きさが大きいので驚く。

 

私はゲルニカの前に立った。大きい。迫力がある。さすがにピカソだ。
説明書きによると、【1037年、ナチス・ドイツ軍がフランコ将軍の要請でスペインの古都「ゲルニカ」を全滅させた。

爆撃の直接的な表現を避け、故国の悲劇を象徴的に描き切った】とあった。
コロナ騒動が終り東京観光に来る時は、是非とも見て欲しい。

陶板なので、永久に劣化しないそうだ。

 

(おまけの話)
私のオヤジはアートに趣味があったようだ。
とてもそんな生活はしていなかったが、遺産として残されたアートが2つある。

1つ目は昔の画家だが、オヤジの実家のそばに住んでいた「鈴木慎太郎」の絵画作品の「バラ」である。この絵のどこがいいのか、私には分からない。
私の想像だが、実家の爺さんの義理で買ったのではないかと思う。

バブル期には相当の値段がしたようだが、今ではタダより少し高い。

 

2つ目は木製の大きな裸婦像である。
これは現在は玄関に置いてあるが、我が家に初めて来た人はギョッとする。

この作者は以前の我が家の近くに住んでいた彫刻家で、名前は「尾形喜代治」である。私のオヤジのことだから、人づてに頼まれて買ったのではないかと思う。

高さ150センチくらいの全身裸婦像。

 

3番目は「ピカソの裸婦のスケッチ画」と称するものである。
これはA4くらいの紙に鉛筆で書かれていて、サインもあった。

でも本当にピカソかどうかは、鑑定をしてもらったことが無いので分からない。私の想像だが、オヤジは騙されて買ったのだと思う。
でも今はどこへ行ったか分からない。

代りに私の同級生のプロカメラマン「大高明」の写真を添付する。
この写真は私の引越し祝いに、大高君からプレゼントされた。

スイス・シャトー・デーの「バルーン」(大高明・撮影)

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。