伊達発

テスト投稿・日本語の英語表現 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

「小人閑居して不善をなす」という話を以前に書いた。
自粛生活も3ヵ月近くになると、小人の私は馴れと同時に「ゆるみ」も出て来る。

そこをなんとか踏ん張って家から出ないようにすると、どうしてもネット依存になる。
そんな時にロサンゼルス在住の女房の従弟とは、色々な話題でメールの往復がある。

(今回の絵は私が56年前にニューヨークの本屋で買った絵本「This is New York」)

 

少し前に彼から「アメリカ生活では日本語だと簡単に表現できることが、英語だとピッタリした
言葉が無いというシーンによく出会います。
とてもフラストレーションが高まります。

日本語では一言で済む言葉が、英語ではダラダラと説明しなくてはならないことの連続です。
その逆は日本に帰った時に、日本人と話す時に頻繁にあります」と書いて来た。

 

そして、いくつかの例を示して来た。(下記)
「ありがた迷惑」・・・「Thanks, but no thanks」、「Gifts that cause more problems」

「うるさい!」・・・・「Be quiet 」、「So irritating」、「Shut up!」、「I can't take it!」、
「Don't bother me!」

 

「やめてくれ!」・・・「Stop!」、「Give me a break !」
「油断大敵」・・・・・「Throw caution to the winds 」
「行って来まーす」・・「I'm leaving 」
「行ってらっしゃい」・「Have a good day 」

「ただいま」・・・・・「I'm home 」
「お帰りなさい」・・・「Welcome home 」
「いただきます」・・・「Bless this food 」、「Grateful for this food」

 

これ等を見ると、日本人には変なものもある。
出掛ける時に「I'm leaving 」は少し変だが、まあ良しとしよう。

「お帰りなさい」だが、日本で娘が家に帰って来た時に、お母さんが「welcome home 」と言ったら、なんだか変な感じがする。嫁ぎ先から娘が出戻って来たように感じる。

 

私は時々、トランプ大統領のツイッターを見ている。
ツイッターだから文字数も少ないのだが、政治に関する発信なので、登場人物の役職やバックグランドを知らないと意味が分からない。

それにしてもトランプ大統領はタフだ。
1日に何回もツイッターに投稿している。
これでは記者会見をする意味がないほどである。

 

アメリカに関する言葉で「Monday morning quaterback」というのがある。その意味は「日曜日に行われたアメフトの試合について、月曜の朝にあれこれ文句を言ったり、こうするべきだったとタラレバを言う人のことを指す。

日本語では「後出しジャンケン」と言う。
アメリカだけあって、アメフトに例えるところが面白い。

 

(おまけの話)
英語ではないが、アルファベットの頭文字を使って表す日本の習慣がある。その代表例は「KY」である。
これは「Kuuki ga Yomenai」の「空気」と「読めない」の頭文字で、殆どの日本人は知っている。

空気が読めない人というのは確かにいるが、最近の若者はあまりに空気を読み過ぎて自分の意見を言わないように思うがどうか?

 

日本の「KY」に似て、英語で「IYI」という言い方がある。
これはアメリカで一部の左翼的な発言をする人のことを指している。
正式には「Intellectual Yet Idiot 」と書き、日本語では「知的バカ」である。

東大法学部を出て、政治家になったような人にいる。
自分は「知的だ」と思い込んでいて、学歴の低い人をバカにする。
それなのに一般人が知っているような、常識的なことも知らないバカがいる。

 

日本語で「馬鹿」に相当する言葉は無限というほどある。
バカ、アホ、トンマ、間抜けなどキリがない。では英語ではどうかと調べてみた。

すると、英語でも大量のバカに相当する言葉があった。
crazy, stupid, silly, foolish, dumb, moron, jerk, slow, dense, ignorant, brainless,empty-head,
bird-brainedなどキリがない。
世界はバカで溢れているようだ。

コメント

この記事へのコメントはありません。