心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2016年12月02日)

学生時代の友人達で作っているデジカメクラブの会長のYさんが1泊撮影旅行を企画した。
しかし応募したのは私1人だけだったので、取り止めとなった。

そこでYさんは第2弾で「日帰りバス旅行」を計画したら、今度は4人が応募した。
そして11月30日に群馬県方面に行くバス旅行に参加して、撮影会とした。

沼田市はリンゴが名産らしい。(ドライブインの裏の畑で)

 

メンバーの多くが八王子の近くに住んでいるので、バスは八王子駅を出発する。
私は中央区だから、八王子に行くまでに既に小旅行となってしまう。
午前10時10分にバスは八王子駅を出発した。
今回のバス旅行はクラブツーリズムの企画で、幹事のYさんはお得意様のようだ。

沼田城址には鐘楼以外は何も無い。

 

旅行のタイトルは「鑁阿寺・沼田城址の紅葉と、あしかがフラワーパーク、本ズワイガニ、5種握り寿司、自家製スイーツ食べ放題」と何とも豪勢である。
バスは満席とはいかず70%くらいの乗客で、多くはオババ・グループである。
最初にバスが着いたのは沼田市のドライブインであった。

鑁阿寺の樹齢550年の銀杏の木は凄い。

 

ここで昼食となる。大きな駐車場にたくさんの観光バスが来ている。
2階の食堂に行くと我々の席は特別で、他のお客の席には無いズワイガニが見えた。

握り寿司、ズワイガニ、すき焼き、ケーキなどがあり、すき焼き以外は食べ放題だった。
どうやら我々は他のグループより値段が高い旅行のようだ。

「あしかがフラワーパーク」はクリスマス・イルミネーションだった。

 

次に向かったのが沼田城址跡で、ここは紅葉の名所らしいが、もう枯れ葉も残っていない。
わざわざ見に行くほどのことは無かった。

その次は「鑁阿寺(ばんなじ)」で、550年の樹齢の天然記念物の銀杏が見ものだそうだ。
銀杏の紅葉も終り掛けていて、「まあまあ」だった。

 

最後の「あしかが(足利)フラワーパーク」のイルミネーションは見応えがある。
行ってみてから思い出したが、数年前に私はここに女房と見に来た覚えがあった。

団体バス旅行は見学時間が短いし集合時間が厳しいので、我が儘な私には向いていない。
でも友人達と一緒に過ごした1日は楽しかった。
帰りのバスはまた八王子駅に着いたが、私はみんなと違って家までまた小旅行だった。

鏡面のような池に映るライトアップ

 

(おまけの話)
八王子の待ち合わせに時間に間に合うように、早朝に家を出た。
大江戸線で新宿に出てJR中央線に乗り換えようと思ってホームに行ったら、電車が「事故の為に遅延が出ている」とアナウンスしている。少し焦る。「武蔵小金井行き」が来たのでその電車に乗って、武蔵小金井駅で次の下り電車を待つ。

 

武蔵小金井駅で「立川行き」が来たので立川駅まで行き、また下り電車を待つ。
「豊田行き」が来たので、2駅先の豊田駅まで行く。
ここまで来ればもう次の駅が八王子なので少し安心だ。

そこまでは降りたホームで次の電車に乗れたので、豊田駅でも同じようにした。
すると八王子方面の下り電車が隣のホームに入ったのが見えたので驚いた。
その電車に乗れなければ、待ち合わせ時間に間に合わない。

 

でも隣のホームではもう間に合わない。電車は非情にも私を残して出て行った。
焦った。すぐさま駅を出てタクシーに乗る。運転手に「八王子駅南口」と言ったら、怪訝な顔をされた。

駅にいる人が次の駅までタクシーに乗ることは、通常ではあり得ない。
運転手は「八王子のどこに行くのですか?」と聞く。
私は「八王子駅です」と答える。

 

仕方ないので私は事情を話して、「間に合うように裏道から行ってくれ!」と頼んだ。
幸いにタクシーで時間までに到着できたが、豊田駅でアナウンスが無かったばっかりに8990円の安パック・バス旅行なのに1810円も無駄な支出をしてしまった。
自分のバカさ加減に情けなくなった。

イルミネーションのトンネルは素敵だった

コメント

    • ヤマモトヒデツグ
    • 2020.12.12

    コロナ禍の最中に4年前のバス旅行の思い出に浸れるとは嬉しい限りです。改めて写真を見ていると懐かしい思い出がよみがえります。早朝の小旅行に中にも慌ただしさがあふれておりますね。遠路はるばる、よくぞお付き合いくださいました。荒れ果てたリンゴ畑の侘しい姿にも今にして思えばよい思い出です!バスの旅の欲張りに負けずに最後まで頑張ったとおみます。あしかがフラワーパークのイルミネーションには感激しました。期待していなかった分、感度がより一層増したのを思い出します。写真の良いところですが、振り返るとその時の光景が浮かんでまいります。むしゃなびにより青春を振り返ることが出来て感謝しております。シニア世代の最先端を行く貴兄の行動力に敬服しております。飽くなき知識の追求に敬意を表しながら、今日も「むしゃなび」をクリックしてみました。