心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

私は子供の頃から、朝食はパン食である。
オヤジがブラジル帰りの人だったのが関係しているのだろう。

今と違うのは、母が食パンを蒸すのである。
そして母の手作りのクリームを塗り、飲み物はアメリカのHersheyのココアだった。
友人の家では和食の時代だったから、我が家は洒落ていたんだなーと思う。

「エモい」の看板では、なに屋か分からない。

 

それがいつの頃からか、トースターが我が家に入って来てパンを焼くようになった。
家の近くに知り合いの農家が始めた「日の出屋」という食品店があり、そこでパンを買っていた。

ある時、パンのメーカー(多分、ヤマザキ」のキャンペーンがあり、福引があった。日の出屋のオバサンが抽選箱を持って来て、「これを引きなさい」と札を指さしたので、それを引いたらトースターが当たった。

店が少し引っ込んでいるので、見過ごしてしまう。

 

その内に駅前に大きなスーパーが出来て、美味しいパンを売るようになった。
それと時を同じくして、日の出屋は閉店してしまった。

パン食の家庭が増えたせいか、各町にパンの専門店も開店するようになった。
そこで私は今でも美味しい食パンを求めて、アチコチの店を訪ね歩いているのである。

「パン屋」とは書いてない。

 

最近のことであるが、女房が「越中島に新しいパン屋が出来ているのを、バスの中から見た。一度、買ってみたら?」と言った。

私はこの路線のバスにはよく乗るが、パン屋がオープンしたのは知らなかった。
そこである日のことである。散歩がてらに家から歩いて、その店に行ってみた。

この絵の女性は誰なのか?

 

こちらから行くと、パン屋は手前の店の陰に隠れてしまう建物の構造になっている。
普通のパン屋と違い店内は無く、階段を5段ほど上がって窓口で注文する方式である。
驚くのは、その店名である。なんと「エモいよ 君は」が店名である。

「エモい」?、私はネットで調べてみた。すると次のような解説が見付かった。
【「エモい」とは、なんとも言い表せない素敵な気持ちになったときに使う、主に若者の間で浸透している俗語(スラング)です】。

買い物袋が派手で、持つのが少し恥ずかしい。

 

私は窓口で、「食パンとブドウパンを下さい」と係の女性に言った。
彼女はマスクをしているので、「XXXと○○○ですね?」と言ったらしいが、良く聞き取れなかった。

「エー、なんですか?」と聞き直したら、また同じ答えだった。
仕方ないので、「それでお願いします」と言ったら、派手な紙袋に入ったパンを渡された。

家に持ち帰ったブドウパン(左)と食パン(右)

 

この派手な紙袋を持ってバスに乗るのは、ちょっと恥ずかしい。
家に帰ってパンを出したら、小さなパンフレットが入っていた。

それを見たら、食パンは「ヒロインの朝」、ブドウパンは「巨匠のお気に入り」という名前だった。
これでは、女店員の言ったことが私に分るわけがない。
ところでパンの味だが、食パンはマアマア、ブドウパンはとても美味しかった。

パンの名前とこだわりの説明書。

 

(おまけの話)
夏の間、伊達市に滞在している時も、美味しいパンを探していた。
1軒目は少し遠かったが、ウィンザーホテルのパン屋だった。

滞在先のゴルフ場の裏山の立香山にジープで登ると、ウィンザーホテルが遠くに見えた。
30分以上もかけて車で買いに行ったが、パンが楽しみというよりウインザーホテルのロビーからの眺めを楽しむ為だった。

裏山の立香山の頂上からウィンザーホテルの横に沈む夕日が見える。

 

2軒目は、長くお付き合いをした高速道路の入口に近い、インター通りに面した大きなスーパーだった。
名前を憶えていないので、懐かしくなって「伊達市、スーパーマーケット」で検索したら何軒か出て来たがどれか分からない。

このスーパーの中にあるパン屋の食パンが、私のお気に入りだったのだが・・。
そこで伊達市で友人の市会議員のTさんにFACEBOOKで聞いてみた。そして分かった。
そこは「コープさっぽろ」という店名だった。

武者祭りは何度見ても見ごたえがあった。

 

最後に登場するのは、配達してくれるパン屋である。
ある時、誰かの紹介で「美味しいパン屋があり、コテージまで配達してくれます」と聞いたので、すぐに注文してみた。するとよくいるような「自然派」タイプらしき男が、子供と一緒に配達に来た。

パンは自然酵母で作っているのだが、私は自然酵母のパンはあまり好きじゃない。
だから1回だけの注文で終ってしまった。

夏の9シーズンをお世話になったコテージ「桜の家」

コメント

この記事へのコメントはありません。