伊達発

ベトナム人と七福神を歩く 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2017年1月11日)

新年になり年賀状が届いた。ベトナムの私の顧問先のESUHAI社からも来る。
日本に来ている実習生からも来る。ベトナムの日本語学校の先生たちからはメールで来る。
「勝どき通信」の読者からも年賀状とメールで来る。
全ての年賀状にメールで返礼をするのが私の決まりだ。

ラブホ街の真っただ中にある元三島神社「寿老神」

 

そんな中の1人であるESUHAI社の日本支社のTさんと、昨年末に約束した。
「1月に外国人の知らない東京観光に案内する」。

そして1月7日(土)にJR山手線の鶯谷駅で待ち合わせた。
当日はTさんの他に彼女の亭主と、留学生であるTさんの妹が参加した。

入谷鬼子母神「福禄寿」

 

鶯谷駅に降りて驚いた。40~50人のシニアのグループが待ち合わせをしている。
みんな初詣を兼ねて「下谷七福神巡り」をするようだ。
私は自分が気に入ると、誰かに紹介したり案内したくなる。
だから下谷七福神巡りも、もう5~6回している。

英信寺「大黒天」

 

鶯谷からスタートすると、最初の寿老神は駅裏のラブホテル街の真っただ中にある。
なんの因果か、寿老神の方が先にいたのに後からラブホテルが押し寄せてきてしまい、今では神様も照れる場所になっている。

次は鬼子母神だが、場所は私の頭に入っている。
でも迷うことは無い。今回は団体参詣者が我々の前を歩いて行く。

法昌寺「毘沙門天」。

 

大黒天、毘沙門天、弁財天、恵比寿神、そして最後が三ノ輪にある布袋尊である。
毘沙門天には昔のお笑い芸人でプロボクサーだった「たこ八郎」の地蔵があり、お腹に自筆で「めいわくかけてありがとう」という碑が建っている。

約1時間30分で七福神を巡った。
今回の旅は外国人に東京の下町を案内することが目的なので、次に都電に乗る。
東京で1ヵ所だけ残った「荒川線」である。

弁天院「弁財天」

 

庚申塚で降りると、地蔵通り商店街の入り口である。ここもごった返している。
昼時になったので、私の贔屓にしている和菓子と食堂経営の「伊勢屋」に入る。
ここは最近ではあまり見掛けなくなった昔の食堂である。
順番待ちするほどオババ達で混んでいる。

飛不動尊「恵比寿神」

 

食後にTさんが「3時30分に次の約束がある」と言う。
私は「じゃー、浅草から水上バスに乗るのは止め?」と聞いたら、それも諦め難くスマホで友人に連絡して今日の約束をキャンセルしたようだった。
浅草では大混雑の浅草寺を避けて裏町を案内し、次に水上バスで日の出桟橋に向かう。

これで今日の案内は終るはずだったが、追加の希望が出て来た。
この続きは(おまけの話)で・・・。

寿永寺「布袋尊」

 

(おまけの話)
Tさんのご主人は中国人である。
だから日本人の私、ベトナム人のTさん姉妹、そして中国人のRさんとの共通語は日本語である。

みんな5~6年は日本にいるので、言葉は問題ない。でも私だけは変な気持ちだ。
彼らは 日本の文化、歴史、習慣などの知識は深くないので、私が丁寧に説明する。

都電「荒川線」は王子駅から飛鳥山駅の間は公道を走る。

 

船の中の話で、「築地市場に行きたい」という希望が出た。
佃島を過ぎた辺りから、船窓から我が家が見えるので3人は興味津々である。

船が浜離宮に停まった時に、急に途中下船して浜離宮恩賜庭園を散策することにした。
カメラの好きなTさんは美しい庭園の写真を撮りまくる。

巣鴨地蔵通り商店街の「マルジ」はお漏らし防止の赤パンツで有名だ。

 

浜離宮恩賜庭園を出て、歩いて築地市場に向かう。
もう時間が4時を過ぎているので、場内はガランとしている。
場外も開いている店は少ない。元気なのは「すしざんまい」だけである。

バス停で3人と別れたが、次回はRさんと中国の政治の話もしてみたい。
初対面で政治の話も失礼だと思い遠慮したが、外国へ出た中国人の気持ちを聞きたい。

水上バスで勝鬨橋の下をくぐる。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。