心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2015年1月23日)

伊達市から宅急便で帆立貝が届いた。
これは私が伊達市の「心の伊達市民」という制度に入会していて、年会費で伊達市名産の好みのものを送ってくれているからである。

届いたばかりの新鮮な帆立貝。

 

私が伊達市に滞在中に市役所の幹部職員と相談して、この「心の伊達市民」という制度が出来た。
だから私は「心の伊達市民」の第1号に登録した。
最近は全国の市町村が「ふるさと納税」の制度を作り、その町の名産品を送ることをしているが、伊達市が採用したのは早かった。

開くと大きな貝柱が出て来る。

 

伊達市の名産品は色々とあるが、私は決って「帆立貝」を頼む。
毎年、1月の後半に帆立貝が送られて来るが、伊達市がある噴火湾で獲れた帆立貝は特別に美味しい。・・・・と、贔屓目からか?、そう感じる。

剥き身にして、夕食に備える。

 

帆立貝は女房がすぐに貝殻を取って、中身を出す。
その時に一緒に送られて来る貝殻剥きの道具が優れもので、非常に便利である。
剥いてる時から、ラーちゃんは女房の足元から離れない。
なにしろ、ラーちゃんがこの世で一番好きなのが帆立貝なのだから・・・・。

ラーちゃんの大好物。お代わりを要求している。

 

夕食には帆立貝の刺身とフライが出て来た。
刺身は甘くて美味しい。 付き合せのレモンとの相性も良い。
フライがまた美味しい。 油で揚げても、甘みは減らない。

新鮮な刺身になる。

 

帆立貝は私に伊達市を思い出させる。
海岸近くに行けば、捨てられた帆立貝の貝殻があちこちで見られた。
帆立貝の貝殻で、建築用の壁財を開発して販売しているKさんの顔が目に浮かぶ。
ホタテ漁に連れて行ってもらった漁師のIさんの顔も浮かぶ。

フライは3個も食べれば、腹一杯となる。

 

食事を終ったら、室蘭に住んでいた同級生のAさんから3年ぶりに電話があった。
彼の縁で、私は12年前から伊達市に行くことになったのである。
そのAさんは昨年の11月に室蘭の家を引き払って、神奈川県の家に戻ったそうだ。

なんだか1つずつ伊達市との縁が薄くなって来ているように感じる。
私が元気な内に、もう1度、第2の故郷である伊達市に行かなければと思っている。

この日の我が家の夕食は帆立貝づくし。

 

(おまけの話)
伊達市に滞在中に漁協の理事長にお願いして、 帆立貝漁に行ったことがある。
ある日に、3年前に海に放流した帆立貝の 収穫を見せてもらうことになった。
船は船長が1人だけで漁を行う。 私はカメラマンで乗船した。

貝殻が茶色のものは天然、白いものは養殖である。

 

その時に船長から、養殖との違いを教わった。
養殖のホタテ貝は貝に穴をあけて、養殖筏に耳吊りする。
天然のホタテ貝は稚貝を海に撒いて、3年後くらいに今回の漁のように地引の金具で引き上げる。
味は圧倒的に天然ものが美味しいそうだ。

漁は出航したら、5時間くらいは港に戻らない。
私は途中で寒くなり、小便をしたくなった。
でも船は漁師にとっては神聖なものだと思ったので、我慢していた。

 

我慢が限界に達した時に、嬉しいことに船長が小便をしたのである。
彼は船べりに立って、堂々と海に向かって放尿した。
それを見て、私も彼に見習って放尿した。

ところが彼と違って私は年寄りなので、勢いが足りず小便が船べりにかかってしまう。
船長が私の方を見なかったのを幸いに、とぼけていたが、あれが拙かったなー。

噴火湾ではカレイも釣れる。                  滞在中はSさんに船で何回も連れて行ってもらった。

コメント

この記事へのコメントはありません。