伊達発

元旦の朝は・・・。

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

元旦の朝はいつもより少し遅く起き出した。
午前7時に窓から外を見たら、初日の出が丁度、出るところだった。
普通は地平線から太陽が昇るのだが、高層ビルが乱立しているこの辺りではビルの横から太陽が顔を出す。慣れないと、変なものである。

「初日の出」が六本木ヒルズのビルに反射しているのが見えた。

 

「初日の出」を拝んだ後に、家族写真を撮った。ぺットのネコ2匹も一緒に撮った。
撮影が終り、いよいよ今年初めての朝食となり、女房の手作りのお節料理がテーブルに並ぶ。
女房が「綺麗な写真に撮って!」と言うが、私の腕ではなかなか気に入ってもらえない。

我が家のお節料理は女房の手作りである。

 

朝食が済むと、もうやることが無い。
前夜の天気予報では「東京地方の最低気温はマイナス1.3℃」と伝えていた。
そこで「もしかして」と思い、日比谷公園の「鶴の池」に行くことにした。

この池の「鶴の噴水」は寒いマイナス気温の日が続くと、鶴の羽からツララが下るのである。
これがなんとも良い写真になる。しかし昨年は凍らなかった。

コロナで帰省しない住民が多いらしく、ゴミ置き場はゴミで溢れていた。

 

都バスで有楽町駅前で降りて、歩いて日比谷公園に向かう。
有楽門から入ると心字池があり、薄氷が張っていた。
「これは期待できそうだ」と思いながら、「鶴の池」に向かう。

ところがここは陽当りが良く、鶴の噴水は凍っていない。
良く見れば、わずかに羽からツララが下がっているのが見える。

日比谷公園の「有楽門」を入ったところにある「心字池」には薄氷が。

 

何枚かの写真を撮り、ガッカリしながら公園内を散歩した。
そして変な光景を見た。公園内を散歩している人が、みんなマスクをしている。

公園で空気も良く、人と人の距離は100メートル以上もある。
それなのにマスクだ。どうやら東京の人は「コロナ脳」になってしまっている。
「3密」の密接、密閉、密着のどれにも当て嵌まらないのに変だ。

「鶴の池」の「鶴の噴水」は少しだけ、羽からツララが下がっていた。

 

公園を出て、皇居に向かった。
皇居前広場では体操をする人、散歩をする人、皇居一周ジョギングをする人などがいるが、観光客はいない。

警官が私の行く手を阻んだ。
すると右手から黒塗りの車の車列が向かって来て、二重橋を渡って行った。
もしかして菅総理大臣の一行が、天皇陛下に祝賀を伝えに行くのではないだろうか?

「皇居二重橋」(静かな元旦だった)

 

皇居から東京駅に出て、都バスで銀座4丁目で降りた。
そこから歩いて築地場外市場を通り抜け、波除神社に初詣に行った。
昨年の内に家族でお参りを済ませているので、今回は遠くからお参りした。

お参りを済ませて、また歩いて築地大橋を渡り家に戻った。
万歩計は9206歩を示していた。家を出てから帰るまでに、私から半径2メートル以内に入った人は5人もいなかった。

皇居二重橋に向かう黒塗りの車列。

 

(おまけの話)
家に入る前に3階のポストに行って、年賀状を取り出して来た。
私は年賀状を出さない主義なので、年々、その数が減って来ている。
枚数を数えたら、企業の宣伝以外の年賀状はたったの9枚だった。

差出人にはすぐに写真付きで、年賀メールと近況を書いて返信しておいた。
またベトナムからは年賀メールが2通、年賀の電話が2件あったのも嬉しかった。

銀座4丁目交差点から新橋方面を見る。(人も車もほとんどいない)

 

その中の1通で衝撃を受けた。その1枚は私の現役の時の部下からのもので、彼は毎年、年賀状を送ってくれる。そこに書かれていたのは、「Iさん、Kさん、Sさんが昨年に鬼籍に入った」という知らせだった。

この3人は現役の時には仕事で私と密な関係で、私の引退と同時に縁が切れていたので全くその後を知らなかった。でもその知らせを受けて、私の気持ちは一気に現役時代に戻ってしまった。

築地場外市場の「すしざんまい本店」では、大きなマグロが飾ってあった。

 

特に私より5歳以上も若く、また彼が独立する時には私の協力が無ければ出来なかったので、突然の知らせでビックリした。
年賀状をくれたXさんは現在は会社社長で、「今年は古稀です。あと5年は頑張ります」と書いてあった。

私は彼にはメールではなく、手紙で知らせのお礼と、現役時代のお礼を書いて送ったのである。
自分では出さないのに、もらうと嬉しいのが年賀状である。

「波除神社」は初詣の人も少なかった。

コメント

この記事へのコメントはありません。