伊達発

冬の会津を行く(3)・・雪の大内宿  

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

3日目も早くから起きてしまった。なにしろ寝る時間が早いのだから。
仕方ないので温泉に入りに行った。午前6時というのに、先客が5人もいた。
露天風呂に入り、冷気を浴びながら雪見温泉を楽しむ。
風呂から出て、午前7時の回の朝食会場に行った。

朝食にはビニールの手袋をしなければならない。

 

この旅館のコロナ対策は「やり過ぎ!」という感じである。
旅館に入る時に検温、手指の消毒をするのはまあ普通だろう。
部屋にも風呂場にも消毒液が置いてある。お土産売り場にも置いてある。
朝食会場では予想外の対応に驚いた。

「芦ノ牧温泉駅」はネコが駅長である。

 

朝食はバイキング方式で、会場入り口で手指の消毒。
その後、各自が箱からビニールの手袋を2枚取り出してそれを両手にはめる。
沢山の料理が並んでいるところで、手袋をしたままトングや割箸やスプーンなどを使うのである。

もちろん、席に着くまではマスク着用である。
これじゃコロナに罹りようが無い。しかし旅館業界では異常な世界が出現している。

「大内宿」のメインストリートは人影が少ない。

 

前日の夕食の最後が蕎麦だったので、腹が減っていた。
いつもは食べられないような量の食べものを、皿に取ってしまった。
でも残すことも無く、全部食べてしまった。
普段はバイキング料理はあまり好きではない私だが、今回は例外だった。

開いている店はわずかだ。暖房とドア解放には無理がある。

 

9時20分に宿のマイクロバスで、芦ノ牧温泉駅まで送ってもらう。この駅には「ネコ駅長」がいる。
どこが始めたのか知らないが、アチコチの駅に「ネコ駅長」がいるが、少し食傷気味である。
30分くらい待ち時間があるが待合室はネコグッズ売り場で、やっと列車が来た。

小高い場所から見下したら、観光客が大勢いた。    後で分ったが、クラブツーリズムの観光バスが着いたところだった。

 

20分ほどで湯野山温泉駅に着く。
そこからは10時20分発のマイクロバス、「遊猿号」で大内宿へ向かう。
乗客は5人で、15分くらいで到着する。

大内宿はコロナの影響か、観光客も少ないし開いている店も少ない。
中央の通りを端まで行って、小山の途中まで登って宿場全体の写真を撮った。

なにしろ寒い。それは「氷柱」を見れば分かる。

 

当初の計画ではここで2時間半を過すつもりだったが、休む場所が無い。
今回の旅で、ここが一番寒かったので、諦めて滞在を1時間にしてバスに乗った。
大内宿に来たのは今回で3回目なので、「まあいいか」とした。

駅に着いたら、次の列車は1時間以上も待つ。
駅舎の隣には「足湯」があるが、寒いので見るだけにした。
狭い待合室には囲炉裏が切ってあり、赤々と火が燃えているが煙くて参った。

名物の「ねぎそば」は食べる時間が無かった。

 

やっと来た列車に乗って、会津若松に向かう。
会津若松駅で郡山行きの列車を待って、郡山駅ではeチケットなので予約時間まで2時間も待った。
田舎は列車の本数が少ないので、待ってばかりの旅だった。

旅館で魔法瓶に熱いお湯を入れて来たので、待合室ではお茶を入れ、お菓子を食べながら本を読んで待った。こんな時間もいいものだと感じたのであった。

「湯野上温泉駅」の駅舎は藁ぶき屋根だった。

 

(おまけの話)
午後4時36分頃に郡山駅に新幹線が入って来た。
指定席の8号車1番E席に座る。またお茶を飲みながら、今度はタブレットで気になることを調べていた。
列車が停車するごとに、サラリーマンが乗って来る。
私の隣の席にも乗って来た。振り返って後ろをみたら、満席だったのには驚いた。

待合室の囲炉裏の火が赤々と燃えて風情があるが、煙たくて参った。

 

殆どが出張帰りのサラリーマンのように見える。
「コロナで自粛」とか「リモートワークなんて、どこの話だ」という感じがした。
彼等はビールを片手に、スマホを操作している。何を見ているのだろう?

今回の私の旅で感じたことがある。それは「Go travel」は感染者を増やさない。
それよりは「Go to eat」の方に問題があると、自分の体験から思う。

第3セクターの「会津鉄道」は、若者受けの企画を色々と出している。

コメント

この記事へのコメントはありません。