伊達発

和船を漕ぐ

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 2,106 1,284,749
当ブログ 551 56,248
総計 2,657 1,340,997

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2018年5月25日)

4月6日に門前仲町の大横川で、「深川桜まつり」のイベントで和船に乗った話を書いた。
その時の船頭の話で「毎週水曜日に横十間川の親水公園で、定例操船を行っている。希望すれば櫓こぎ体験も出来る」と聞いた。
これは面白そうだと思い、マンションの友人達を誘って出掛けることにして計画を立てた。

下調べに行った時の横十間川親水公園。

 

和船の定例操船を行っているのは、「和船友の会」という団体で、ホームページによると和船友の会は1995 年に失われつつある和船を動態保存して、その操船技術を伝承するために江東区の呼びかけに応じて元漁師、船大工、地方での経験者などが集まり創設されたボランティア団体です。未経験者であっても練習して船頭になることができます。

通常は、江東区海辺の横十間川親水公園で乗船体験や櫓こぎ体験など、お客様に無料で乗っていただく活動を通して和船の操船技術の維持継承の活動をしています」とある。

和船は桟橋を離れる。

 

私は和船には思い出がある。
中学生の頃のことだが、友人(Eさん)と霞ヶ浦に釣りに行き、そこで和船を借りた。
Eさんが「俺は和船を漕げる」と言ったからだ。2人で和船に乗り、係の人が竹竿で船を岸から押し出した。和船の後ろに立ったEさんは、いっぱしの船頭のように見えた。

岸から離れた和船を格好良く漕いだのは良かったが、船は同じ場所をグルグル回るだけだった。
係員が別の船で近付き、「無理です」と言って、我々の船を岸に戻したのである。

江戸和船は船腹に銅板が張ってあり、粋を表現しているそうだ。 穏やかな水面を和船は滑るように進む。

 

晴れ男の私にしては珍しく、計画した水曜日に続けて2回も雨が降って延期となった。
やっと晴れた日には、参加者が減って私を含めて3人になってしまった。
横十間川親水公園の受付で住所・氏名・電話番号を書いて、救命胴着を身に付けて船は岸を離れた。

最初は船頭さんが自分で漕いで、操船方法を教えてくれる。そして我々の番になった。
いざとなったら、結構、難しい。でも船頭さんの手助けで、なんとか前に進む。

船頭さんの手助けで、和船を漕ぐ私。

 

和船は音も無く静かに進むので、とても気持ちが良い。
たった15分くらいの経験だったが、3~4日やれば、私でも出来そうに感じた。
帰りは下調べをしておいた「実用洋食」の店に行ったが、生憎の定休日だった。
仕方なく、近くの中華レストラン「バーミヤン」に入る。

船頭さんはボランティアで、この船頭さんは元サラリーマンだった。

 

ランチを頼んでしばらく経った頃に、Xさんが席を立った。
そして席に戻って来たら、ウーロン茶を手に持っていた。
私は「Xさん、それは有料ですよ」と言うと、慌てたXさんは「エ~、無料じゃないの!、それでは返して来る」と言った。私はとんでもない展開に、ただ見ているしかなかった。

和船は5艘あり、この日は3艘が使われていた。1日に100人くらい来るようだ。

 

サーバーからコップに注いだウーロン茶を手に持ってドリンクバーに戻ったXさんは、係員を見付けて何か話している。戻ったXさんに聞いてみた。「係の人はなんと言っていた?」。
「返されても困るので、飲んで下さい。でも2杯目からはお金を払って下さい」と言われたそうだ。

Xさんはファミリー・レストランの「ドリンクバー」を知らなかったらしい。
他にも、もう1人のYさんの可笑しな話があるが、別の機会に・・・。
こういう人達と付き合っていると、私の方が先にボケそうだ。

左足を前にして、腰を入れて櫓をこねるように漕ぐ。

 

(おまけの話)
和船の乗船の為に、事前に1人で現地に行ってランチの場所を探しておいた。
行きのバスで窓の左側に見えた「実用洋食」という看板が気になっていた。
そこで下見の帰りに3停留所戻ったところでバスを降りて、「実用洋食 七福」に入った。
店先の白い暖簾は歴史を感じさせるように、清潔に何回も洗っているような感じが良い。

実用洋食「七福」

 

外から見た感じと違い、中は地元で愛されているような庶民的な作りだった。
夫婦2人で経営しているようで、奥さんがきびきびと注文を取り料理を運ぶ。
「店名の実用洋食って、なんですか?」と聞きたかったが、とても聞ける雰囲気ではない。
壁に張り出したメニューの数が凄い。「本当に、こんなに作れるの?」と思った。

メニューの数がすごい。

壁のメニューから、「メンチカツ定食」を注文した。値段は670円で、銀座辺りの半値以下である。仰々しくメニューがテーブルに置いてなくて、余計なところに金を掛けず、壁のメニューを見てから注文してもらい、「味で勝負」というところが「実用」なのだろう。「実用洋食」の意味は分からなかったが、とても満足できたメンチカツだった。

メンチカツ定食(670円)

コメント

この記事へのコメントはありません。