伊達発

大江戸温泉物語 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2017年9月6日)

マンションのデジカメクラブのただ1人の女性会員からメールが届いた。
「夏休みに家族と(大江戸温泉物語)に行って来ました。その時に分かったのですが、毎週月曜日と火曜日はシルバーデーで、通常料金が2612円のところが半額になります。更に勝どき駅から無料の送迎バスが出ていますので、良かったら皆さんでお出掛け下さい」とあった。

大江戸温泉入口。

 

大江戸温泉物語というのは新橋駅から出ている「ゆりかもめ」で8駅目のテレコムセンター駅で降りるとすぐの場所にある都会型温泉である。
この形の温泉が日本で最初(1955年)に出来たのは「船橋ヘルスセンター」で、それに刺激を受けて開業したのがJR錦糸駅前にあった「江東楽天地」ではないかと思う。

ここで靴を脱いで下駄箱に入れてから、フロント(左側)に行く。

 

その後、都会型温泉施設は人気が離散してしまったが、1990年頃になりボーリング技術の進歩により「どこでも本物の温泉が出る」ようになり、各地に都市型温泉が出来たのである。
大江戸温泉物語は2003年に開業したが、その頃に私は1度だけ行った覚えがある。
でも田舎の侘しい天然温泉が好きな私は、その後は都市型温泉には興味が無く行かなかった。

チェックインが終ると奥に進み、ここで浴衣を選ぶ(女性コーナー)。

 

今回はせっかく案内をもらったのだからと思い、また老人にお楽しみも与えるという意味合いで「大江戸温泉に行きませんか?」と、お盆が終った頃にデジカメクラブの会員に案内を出した。
そうしたら参加希望者は私を含めて3人しかいなかった。でも中止というのも悪いので、計画を実行した。

浴衣に着替えて進むと、こんな場所に出る

 

大江戸温泉に行ってみて驚いた。老人がほとんどいないのである。
目に付くのは若い女性と若い男性である。見た目では20代から30代ではないかと思う。
しかも行った時間が午前11時頃なのであるから、普通なら彼らは働いている時間である。
本当は彼らに「仕事は何ですか?」、「今日はお休みですか?」と聞いてみたいのだが、さすがにそれは出来なかった。

途中では色々な昔懐かしいような遊びが待っている。

 

一方、意外に多いのが外国人観光客である。白人も多いが、中国人、韓国人が多い。
フロントでロッカーのカギを受け取る。
それが帰る時の清算に使われるので、温泉内では全ての飲食、買い物はこれを読取り機にかざせば「ピー」で済むので外国人にも分かり易い。
カギをもらったら、次は浴衣を選ぶ。かなりの数の中から自分の好きな柄を選ぶ。

ここを入ると男女別の浴室がある。(ここより先は撮影禁止)

 

そしてロッカーで浴衣に着替えて浴室に向かう。浴室までの途中は買い物、食べ物をさせる店が並んでいて浴室まで素直に行かせない。浴室は風呂屋を大きくしたようなもので露天風呂もあるが、田舎の自然の中の温泉が好きな私には予想通りであったが向いていなかった。

でも「なぜこんなに若い者たちがここへ来るのか?」は最後まで分からなかった。それが年をとったということなのだろう。

泉から上がったら、2階に休憩する場所がある。

 

(おまけの話)
デジカメクラブの女性Sさんから知らされた「勝どき駅から無料送迎バスがあります」を利用したいと思い、ネットで時刻表を確認して「10時35分に勝どき駅」を見付けた。
そして駅前の道路で、暑い日差しの中を送迎バスを待った。

若者向けなので、アニメ風の絵が至る所にある。

 

ところが時間を10分過ぎてもバスは来ない。焦る。
大江戸温泉の連絡先が分からないので、情報を知らせてくれたSさんに電話する。
なにしろジジイ3人は誰もスマホを持っていないのだから・・・・。
こんなことで、初めてスマホの必要性を感じた。

この前で若い女性に頼んで記念撮影をした。

 

彼女から電話番号を聞いて大江戸温泉物語に電話する。
そして説明に驚いた。「8月1日から午前中の無料送迎バスは中止となりました」。
「えー!」と思った。私に断りもなく、中止とはあんまりだ!

仕方ないので、都バスに乗り換えて東京ビッグサイトまで行き、そこから「ゆりかもめ」に乗り換えて2駅先のテレコムセンターまで行ったのである。温泉に入る前にすっかり汗をかいてしまった。

天井を見上げると江戸とアニメがコラボしていた。

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.09.25

    温泉。外国人。混雑。離れて久しい場所です。感染者数が減ってきたとはいえ、まだまだ気が許せない状況に思えます。”ワクチン接種済み者の集まりでクラスター発生”などのニュースもあり、出かける気にはなれません。我慢、辛抱、忍耐は続きそうです。

    • Shinji
    • 2021.09.25

    大型娯楽施設温泉、そう言えば、大森の近くの平和島温泉というのもありました。昭和30年代でしょう。うちのそばには九段湯という銭湯があり大繁盛していました。気をよくしたオーナーが近くに九段温泉を開いて、その2階が演芸場になっていて、民謡やおてもやんなどの音楽が1階の銭湯にも聞こえてきました。銭湯が娯楽施設になりましたが、そのうち庶民の多くが自宅に風呂を作るようになり、いつのまにか消えていきました。