伊達発

手筒花火

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2017年7月20日)

「手筒花火」を見たことがあるだろうか?
これは愛知県豊橋市が発祥のようで、花火を手に持って火を付けるというのだから、かなり危険だが面白そうである。

私はYOUTUBEでは見たことがあるが、現物を見たことが無かった。
ところが我が家の近くの「豊洲ららぽーと」という商業施設で、毎年、この手筒花火をやっている。

手筒花火の会場は元IHI造船所のドックで、現在は遊覧船の船着き場。

 

私は2年前の7月に「豊洲ららぽーと」で行われた手筒花火のイベントが終った後に、そのことを知った。
そこで昨年は手帳に書き留めておいて、是非とも見に行こうと思っていた。

ところが、その頃は忙しかったのか、あるいはボケたからか、気が付いた時は既に花火は終っていた。「今年こそは!」と思い、忘れないように今年の手帳には赤丸を付けて書き留めておいた。

花火の後方にレインボー・ブリッジが見える。

 

昨年は立派なお知らせのHPがあったので、今年のお知らせを注意して見ていた。
ところが、いつまで待ってもお知らせのホームページ(HP)が無い。

そこで主催者の「ららぽーと」にメールで問い合わせたら、「今年もやると思います」となんだか頼りない返信があった。その後、開催日の間近になってHPが完成した。

最初は横向きで火を付ける。火が付いたら、花火を立てる。

 

手筒花火に付いて調べてみたら、「打ち上げ式ではなく吹き上げ式の花火で、その火柱は大きいものだと10数メートルにもなる。愛知県豊橋市の吉田神社が手筒花火の発祥の地とも、豊川市の進雄神社が発祥の地ともいわれる。豊橋市のある愛知県東三河地方、および静岡県の遠州地方西部で特に盛んである」・・・とあった。

花火師は筒を少し前に傾けているので、実際にはあまり火の粉は降り掛からないのでは?

 

手筒花火のイベントは午後7時から開始されると知り、場所取りのために5時半に現地に行った。この場所は以前は石川島播磨重工業の造船ドックのあった場所で、今でも進水用のドックが残っていて、現在は定期観光船の船着き場に利用されている。

ドックへ降りる石段が見物席になっている。6時を過ぎたら、観客席は満席となった。午後7時になり豊橋市長の挨拶に続き、和太鼓集団「しおかぜ」の演奏があり、午後7時30分になりやっと手筒花火が始まった。

花火師の足元見えないのが残念。

 


花火を上げる場所は見物席から50メートルくらい離れている。
そこはドックの歩道橋で橋桁に横断幕が張られているので、肝心の花火師の足元が見えない。予算の関係もあるのか、手筒花火は1度に一発しか上げない。

私はカメラの300ミリのズームで見たのでなんとか花火師の顔が見えたが、観客はドックに降り注ぐ火花と、海風で観客席に吹いて来る火薬の匂いを堪能しただけだった。

花火は20~30秒で燃え尽きて、最後は爆発音と共に吹き上げる。

 


手筒花火は20分くらいで、呆気なく終った。大小20発くらいの吹き上げでは、寂しかった。また花火師の足元が横断幕で見えないので、花火の最後に手筒の後ろから強烈なバックファイアーが出るのが見えないのが残念だった。

本当は、これがこの花火の見せ場なんだそうである。
やはり、なんでも本場で経験しないと駄目と分かったイベントだったが、これを無料で見せてもらったのだから、文句を言える立場じゃない。

小さめの手筒花火3本を手に持ち、同時に点火した。

 

(おまけの話)
手筒花火の前に、豊橋の和太鼓集団「しおかぜ」の演奏があった。
団員が20人ほど出て、大小、様々な和太鼓を打ち鳴らす。
非常に迫力があり、場を盛り上げる。
手筒花火の途中でも、打ち上げに合わせて太鼓を叩く。とても良いものを見せてもらった。

花火の始まる前に、ドックの前で和太鼓の演奏があった。

 

和太鼓には思い出がある。
54年前に私達がニューヨーク世界博覧会の為に渡航した時、日本館では建物の外の池の中に設えた舞台で和太鼓を披露した。その時に太鼓を叩いたのはM子さんだった。

彼女は伊香保温泉の旅館の娘で、その後、塩原温泉の大きな旅館に嫁いだ。
更にその後は市会議員にまでなった。
彼女とはNY時代に、一緒にアチコチに行った思い出がある。

フィナーレ近くになり、また和太鼓の演奏。

 

このブログによく登場するばあちゃんも、和太鼓を習っている。
ばあちゃんは趣味が無い。そこで5年前に私の女房と一緒に和太鼓を始めたが、女房は腱鞘炎になって太鼓教室を辞めたが、ばあちゃんは辞めない。
1年に一度の発表会は「私は出たくない」と言って出ない。

教室では我儘いっぱいで、先生も困っている。でも、ばあちゃんは「先生がいい男なのよ」と言って、それを楽しみに5年も通っている。
だからいつまで経っても上手にならない。でも、ばあちゃんは満足している。

和太鼓と手筒花火の競演は1時間で終った。

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.07.24

    日本全国各地にその土地の人にしか知られていない行事は多くあるようです。今のように世界の隅々のことまで瞬時に映像が伝えられるようになると”珍しい”事や物は次第になくなっていくことでしょうね。”繋がりすぎた社会”が現在の混沌の状況のようです。恐れるものが無くなるとあとは無秩序に進んでいくのだとか。自然の摂理を大切にして生きていくよりなさそうです。