伊達発

最初から錆びている記念塔 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ネット情報だと思うが、千駄ヶ谷の東京体育館前に東京オリンピック・パラリンピックを記念して「Harmonized Tower(ハーモナイズド・タワー)」というものが完成し、その記念式典の様子が写真で報道されていた。
細長い7.5メートルの塔で、最初から錆びているのが不思議だった。

「国立競技場駅」を出ると、オリンピック・スタジアムが目に入る。

 

錆びた塔を立てるとは誰がどんな考えなのか、実物はどんな物かを知りたくて現地に行ってみた。東京体育館なら大江戸線でオリンピックスタジアムのある「国立競技場駅」で降りれば、歩いてもすぐである。

電車からホームに降りて驚いた。なんと私以外に降りた人が誰もいなかった。
駅舎はオリンピックに備えて立派であるが、まるでローカル線の無人駅みたいだった。

「国立競技場駅」を出ると、すぐ右手に「アイススケート場」がある。

 

地上に出ると、目の前がオリンピックスタジアムである。
右側にアイススケート・リンク、左側には三井ガーデンホテルがあるが、ここは以前は神宮プールだった。

このプールは1964年に開催された東京オリンピックでは、競泳に使われた。
私はその5年前くらいに、ここで国体予選に出場して泳いだことがある。

フェンスの隙間から撮影した「ハーモナイズド・タワー」

 

私が中学3年生の時だと思うが、学校にプールが出来た。
同級生のO君が「水泳部を作ろう」と言い出し、私は水泳は得意じゃなかったが部員になった。その内にO君が「国体予選に出よう」と言ったのである。

彼は水泳が得意で、その後、中央大学に進み水球部に入った。
それがどうしたことか卒業してアメリカに渡り、柔道を教えて生徒の女性弁護士と結婚した。今もO君はアメリカに住んでいる。
「人生いろいろ」である。

オリンピックのキャラクターで装飾された都バスが通過して行った。

 

さて「Harmonized Tower」であるが、東京体育館に行くと工事中で周りをフェンスで囲まれていて中に入れない。フェンスの隙間から中を覗いたら、錆びた塔が見えた。

仕方ないので帰ってからネットで調べたら、この塔は設計は東京2020エンブレムのデザインをした野老朝雄氏で、「3種類の異なる台形をつなぎ合わせてパターンを描き、塔を形作っている」。「異なる形がつながる塔に違いを尊重し、多様性を認め合いながら天高く未来へ伸びて行く様を表現している」ということだそうだ。

オリンピック・ミュージアム前の大きな五輪マーク。

 

敷地の中に入れないので近くに寄れず、フェンスの隙間から写真を撮った。
残念だが仕方ない。そのまま帰るのもシャクだから、オリンピック・スタジアムの周りを一周してみることにした。
しばらく進むと、右手にオリンピック・ミュージアムがある。

ここにはオリンピックの歴史や1964 年の東京オリンピックなどの資料が飾られているが、いまはコロナの影響で事前予約が必要なので今回は入らないが、以前には入ったことがある。

左はオリンピック・ミュージアム、右はオリンピック・スタジアム。

 

更に進んでスタジアムの信濃町駅近くに来た。
どこもかしこもフェンスで覆われて中が見えないが、オリンピックが1年延期になったのだから既に工事は終了しているはずだ。

スタジアムの中には入れなくても、せめてフェンスを撤去して周りは見せた方が良いと思う。その方がオリンピックの雰囲気が盛り上がると思うのだが・・・。
フェンスの中に植えられている八重桜が満開で、とても綺麗だった。

フェンス内の八重桜が綺麗だった。

 

(おまけの話)
神宮外苑の近くには飲食店があまり無い。
2駅戻ると六本木駅なので、そこで幸楽苑に行ってラーメンを食べようと思った。
幸楽苑は私が小金井に住んでいた時に、近くにあったのでたまに行っていた店だ。
豚骨が苦手な私には、あの東京ラーメンの味が懐かしい。

ミッドタウン入口付近で見掛けた「モミジの花」

 

六本木駅で降りて4b出口から出ると、目の前が幸楽苑六本木店である。
階段を上り外に出たら、出口を間違えたかと思った。
目の前にあるはずの幸楽苑が無く、更地になっている。

ここもコロナの影響で閉店となったのか?
元々、幸楽苑は経営不振でステーキチェーンの「いきなりステーキ」のプランチャイジーになったが、その本家の「いきなりステーキ」が経営不振となってしまった。皮肉なものである。

館内2階の巨大な花玉(手で触ったら造花だったので、ガッカリ)

 

仕方ないので、近くの似たようなラーメン店「日高屋」で食べてから、ミッドタウンに向かう。ここはコロナに関係無く、賑わっていた。

1階の外に出て、椅子に座ってしばらく休む。そして持参した「どら焼き」を食べた。
昼は必ず外食の私は飲食業の栄枯盛衰をこの目で見て、歴史の証人になったつもりでいる。

ミッドタウンの芝生広場のモニュメントと私の足。

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.04.09

    神宮プールで泳いだことがありました。競泳ではなく納涼でしたが。社会人になったばかりのころのことです。 幸楽苑へも日高屋へも一年以上行っておりません。コロナ渦によりお店をたたむところが多いようで悲しいですね。老舗も静かに消えていくようでさみしいことです。