伊達発

東京に4年ぶりの大雪

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 2,106 1,284,749
当ブログ 445 45,042
総計 2,551 1,329,791

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

昨夜の天気予報では「6日は午前11時頃より雪」と報道していた。
東京に雪が降るのは珍しいので、「もし雪が積もるくらい降ったなら、写真を撮りに行こう」と考えていた。

いい年をして、子供みたいに雪が嬉しいのである。
毎年、大雪に苦しめられている地方の人から見れば、「バカじゃない!」である。
今朝起きたら雪は降っていなかったが、雪が降りそうな空模様だった。

大手町は大雪だった。

 

11時ころになったら、ポツリ・ポツリと雪が降って来た。
朝の天気予報では「東京地方は大雪の可能性」とあったので、出掛けることにした。
寒さ対策を万全にした。下はヒートテックの長タイツ、上はヒートテックの長袖、その上にタートルネックのシャツ、その上にセーター、更にその上に羽毛のチョッキ、そして防寒コートに毛糸の帽子である。

「大手門」から東御苑に入る。

 

先ずは都バスに乗って、東京駅丸の内南口まで行った。
そこから歩いてサラリーマンの聖地「大手町」に行く。
昼時なのに殆ど人が歩いていない。いつもなら大勢のサラリーマンがランチを求めて動き回っているのだが・・・。

12時30分頃になり、雪の降り方が激しくなって来た。しかもビル風に煽られて、雪が激しく横から降って来る。レンズが雪で覆われて、写真撮影もままならない。

「同心番所」も雪景色。

 

防寒が完全なので寒くなく、次に「皇居東御苑」に行ってみようと考えた。
大手門がすぐ近くなので、そこから皇居東御苑に入ることにした。
入口で皇宮警察の手荷物検査がある。
中に入る人はいないので、彼らは寒い上に暇だったので仕事が出来て嬉しかっただろう。

広場の芝生を歩いて足跡を付ける。

 

門を入ると、向こうから出て来る夫婦者がいた。
こんな雪の中を、2人だけで御苑内を見学していた夫婦はどんな人達なんだろう?
坂を上り、広場に出る。こんな雪の中でも、道路工事の為に作業をしている人がいた。
広場の芝生が真っ白だ。子供みたいに中に入り、足跡をカメラで撮影する。

天守閣の石垣にカメラを置いてタイマー撮影。

 

そこへ向こうから人が来て、珍しそうに私を見ていた。
近付いて来たら、その男は白人の外国人だった。
「なぜ、いまここに来たの?」と聞きたかったが、その前に去って行ってしまった。

天守閣の石垣の所に行ったら、上から降りて来たカップルがいた。
「どんな事情があるのか? 色々な人が来ているなー」とその事情を知りたくなった。

季節外れの梅の花に雪が・・・。

 

天守閣の横を通り過ぎた辺りになり、雪が小止みになった。
椿の花が雪を被っている。まだ残っていた梅の花にも雪が被っていて、とても美しい。
葉が落ちた木の枝に雪が乗って、いつもと違う風景が素晴らしい。

その先の坂を下って、元の大手門入口に戻って来た。
40分くらいの雪の中の散策だったが、ほとんど人にも会わない贅沢を味わったのである。

皇居のお堀では鴨が3匹、遊んでいた。

 

(おまけの話)
まだ疲れてもいないし寒くも無いので、皇居前広場に行ってみることにした。
お堀端を歩いていると、こんな雪の中なのにジョギングをしている人がいた。
それも1人だけではない。

私から見れば、「ほとんどジョギング病」ではないかと思う。
雪のお堀の中で鴨が遊んでいる。皇宮警察の警備の為の警察官は、雪の中でも変わらず傘も差さずに立っている。

皇居前の松林と、背景の大手町のビル街。

 

皇居前の松林が美しい。雪の降る松林の向こうに大手町のビル街が霞んで見える。
二重橋へ行ってみた。誰もいない。そこへ小さな女の子を連れた母親らしき人がやって来た。
こんな雪の中をやって来た母娘は、どんな事情があるのだろうか?
普段と違い雪の中にやって来る人達は、もし聞ければ面白い事情がありそうだ。

二重橋の見学に来ていた母娘には、どんな事情が・・・。

 

二重橋の写真を撮って、いよいよ家に帰ることにした。
家で夕方のニュースを見ていたら、東京は私が思っていた以上の大雪だった。
今日は中高時代の友人と、彼の仕事場のある六本木で待ち合わせている。

でも彼の自宅は山梨県で、昨日は東京より大雪だったろう。
しかも彼の家は駅から遠いので、駅まで出られず『今日の約束はキャンセル』ともうすぐに電話がありそうだ。

東京駅も雪で霞んでいた。

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2022.01.07 7:04am

    雪中写行お疲れさまでした。その結果素晴らしいものがいくつも写せましたね。美しいもの、素晴らしいもの、珍しいもの、考えさせられるもの、などなど。梅の花が寒そうです。 都心が大雪になると思い出すことがあります。もう四半世紀ほど昔のこと、新年会が新橋近くで行われ、終わって会場を出ると外が雪景色でした。ノンベーの私は仲間とうろうろしているうちに雪が降り積もり電車が動かなくなり、東京駅でぼんやり立っているところを全国放映されてしまったのでした。

    • Shinji
    • 2022.01.08 7:47am

    雪の皇居前の松林、なにか江戸の昔を彷彿とさせます。といっても、いつか見た忠臣蔵の雪のシーンからの想像ですが。
    道路が混んでいるときなど、みなどこへどうして出かけるの?と聞きたくなる時があります。 大雪で皇居前に来ている人に、そういう質問をしたい気持ち、よくわかります。