伊達発

東京オリンピック村の今 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

東京オリンピックが近付いて来たが、新型コロナウィルスの影響で、果たして開催できるかどうかが怪しくなって来ている。
東京オリンピック担当大臣もIOCの会長も「必ず開催する」と断言している。
しかし受け入れ側の日本が頑張っても、ワクチンの行き渡らないアジアやアフリカの発展途上国からは参加出来るのだろうか?

選手村の間から「レインボーブリッジ」が見える。

 

今回はオリンピック選手村の話である。
我が家から裏の運河を渡って10分も歩くと、オリンピック村の中心まで行ける。
このオリンピック村は、多数のマンション群で構成されている。
東京オリンピックが終了した後には内装を作り変えて、普通のマンションとして住民が住むことになっている。マンションの名前は「晴海フラッグ」だそうだ。

選手村の「大食堂予定」の建物。

 

既にこの建物は2年ほど前から売りに出されていて、かなり人気物件だったようだ。
第1期分譲の最多販売価格は6400万円台で、倍率は2.36倍だったと聞いた。
ところがそこへ、「東京オリンピックの1年延期」の話が持ち上がった。
更に今年の開催も危ぶまれるとなり、購入した人達からクレームが付いた。

バス通りに立つ私(人がいなくてもマスク)

 

もし東京オリンピックが中止になったら、このマンションはどうなるのか?
現在は「もし解約を希望するなら、手付金も全額、返還する」とデベロッパーが申し出ているようだ。

デベロッパーは損をしない。
なぜならこの地区の相場の10分の1の価格で東京都から払い下げられているので、販売価格を下げてもまだまだ余裕があるようだ。しかし売却価格に異議を唱えた市民団体が、行政訴訟を起こしている最中である。

ゴーストタウンの選手村。

 

購入契約をした人達の中にも訴訟を準備している動きがあるようだ。
それは「東京オリンピックが開催されないなら、オリンピック村として使われたというブランド価値が無くなる。だから値下げをしろ」ということのようだ。
これは私には意味が良く分からない。オリンピック村がブランドかなー?

水素燃料電池の都バスが選手村の中を通って晴海ふ頭へ向かう。

 

不動産鑑定士は言っている。「手付金が戻るのであれば、解約することをおススメします。今年五輪が開催されなかったら、晴海フラッグは単なる駅から遠い不便なマンションになってしまいます。最寄り駅の大江戸線勝どき駅から歩いて20分なんて遠過ぎます」。

私は近所に住んでいるので良く分るが、交通手段が悪過ぎる。
都バスも運行しているが、東京駅まで25分くらい掛かる。BRTで新橋に出る手もあるが、停留所まで遠い。

「晴海ふ頭」は12月26日から閉鎖中。

 

そこで久し振りに晴海フラッグの様子を見ながら、晴海ふ頭まで歩いて行った。
選手村は鉄条網で囲まれていて中には入れないが、バス道路からは近くに見える。
完成して1年半以上も放置されていたので、ゴーストタウンとなっている。

バスの終点の「晴海ふ頭」も、コロナのせいで閉鎖中で中に入れない。
仕方ないので、都バスに乗ってトリトンスクエアで降りて食事をしてから家に戻った。
トリトンスクエアには、東京オリンピックの組織委員会がある。

都バスの後部窓から見た「選手村」

 

(おまけの話)
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言で会長職を辞することになった。彼の発言の全文を読んだが、気の毒だが発言の一部を切り取られて報道されてしまったようだ。

しかし彼は以前から問題発言の常習者で、「神の国発言」、「無党派層は寝ていてくれればいい」、「あの子、大事な時に必ず転ぶ」などと言わなくてもいいことを言ってしまう癖がある。

トリトンスクエアの広い2階ロビー。

 

森会長の後を引き継いでのは、橋本聖子オリンピック担当大臣である。
正式役職名は「東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当女性活躍担当内閣府特命担当大臣」という長い役職である。

彼女は北海道の出身でゴルフが好きなので、伊達市とも縁があったようだ。
私は彼女とトーヤレイクヒルGCのクラブハウスで、少し話をしたことがある。

「東京オリンピック」まであと150日(2月23日現在)

 

ある日のことである。ゴルフ場の支配人に呼ばれ、「国会議員の橋本聖子がいま来ている。今日はゴルフコンペなのだが、天気が悪くて中止になった。こちらに来て一緒に話をしないか?」と誘われたのである。

私は食堂に駆けつけて、「私は遠縁に当る者で橋本です」と彼女に挨拶した。
彼女はビックリして、「どういう親戚ですか?」と私に尋ねた。
私は「冗談です」と言ったのだが、悪い冗談だったようだ。
その後はみんなと一緒にお茶を飲んで、それでお開きとなったことがあった。

トリトンスクエアの6階から10階まで「東京オリンピック委員会」

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.03.02

    オリンピックは本当にできるのだろうか。どのような形でやることになるのか。選手村はどんな管理がされるのか。先行き全くわかりませんですね。隔離施設のようになってもまたまた補償の問題が起こりそうでもあります。