伊達発

東京駅100周年

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2015年01月07日)

東京駅が12月20日に開業100年を迎えたそうだ。
それを記念して東京駅をデザインした記念SUICAが発売された。
ところが、予想以上の購入希望者が押しかけて来て、事故を心配したJRは途中で販売を中止した。

東京駅に有楽町方面から歩いて行くと、このように見える。(KITTEの前から)

 

そのことに怒った人達が駅員に詰め寄り、大混乱となったのをテレビで見た。
私は何かを収集するという趣味が無いので、記念SUICAに興味が無かった。
切手を集める人、切符を集める人、カードを集める人、骨董品を集める人、世の中にはその他にも色々なものを集めるコレクターがいる。

東京駅の正面から。立ち止まって写真を撮ると警官が怒る。

 

私は本当は現役の時にお金を集めたかったが、それは叶わなかった。
1000円で1万円札を集められるなら、私もお金のコレクターになったと思う。
何も集めていないと、家を留守にしても盗られる物が無いので心配ない。

かなり遠くから並ばされる。ここまで来るのに10分。

 

話がそれてしまった。 東京駅開業100周年である。
それを記念して12月に東京駅を色々な色で照らすイベントが行われた。
都心に住んでいると、次から次へとイベントが開催されるので、私は忙しい。

行列の一番前に来て正面から撮影する。

 

イベントの名は「東京駅ミチテラス」と言う。
「ミチテラス」とは変な言葉だと思い、調べてみた。
そうしたらなんのことはない「道を照らして、未来を照らす」だそうだ。

撮影後、また誘導に従って歩かされる。 ここでも立ち止まると怒られる。

 

12月25日の夜に東京駅に行ってみた。
すると記念SUICAの販売で大混乱をしたのに懲りて、厳重な警備である。
遠くの方で並ばされて、ノロノロと進む。
しかも警備員が大勢出ていて、「立ち止まらないで下さい」と叫んでいる。

丸ビル5階のテラスから。ここが特等席。

 

これでは写真も撮れないので、私だけの秘密の場所である丸ビル5階のテラスに行ってみた。
やはり予想通りに、ここはあまり人がいなかった。
しかもそこからの景色が一番綺麗だったのである。東京以外の人のために色々と知らせようと思い、野次馬をするのも大変なのである。

この照明はプロジェクション・マッピングではなく、ただの色付き照明 なので、混んでいても人はすぐに立ち去る。

 

(おまけの話)
東京駅に行く時にバスの混乱を予想して、有楽町から歩いて行った。
途中の東京国際フォーラムでパンフレットを渡された。
帰りにそこを通ると、大勢の人だかりが出来ていた。

東京国際フォーラムの光の歩道。

 

少し待っていたら、音楽が鳴りダンスが始まった。
そのダンスは前衛的で、私にはよく分からない。

もらったプログラムに解説が載っていた。
「心が自分に向かう静謐なトランスタイム、私との対話」となると、もう私のレベルではどうにもならない。

光の歩道の上でダンスが始まった。

 

日本は自由な国なので、こんなダンスでも生計が立てられるのかなー?
年をとると余計なことを考えてしまい、素直に音楽とダンスを楽しめない。
若い人たちから見たら、私は気の毒な老人なのだろうな~。

リングを使ったダンスもある。 午後9時過ぎからのパフォーマンスもあったが、寒いので帰って来た。

コメント

この記事へのコメントはありません。