伊達発

武漢ウィルス(67)・・・どうなる日本?

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

新型コロナウィルスは、そもそもからして分からないことだらけだった。

  1. 8月28日、午後5時から安倍首相が会見をするという情報があった。
    ここで新型コロナウィルスの今後の政府対応がハッキリするかと思ったら、なんと辞任会見となったのには驚いた。
    持病が悪化したようで、これでは仕方ない。「ご苦労さまでした」としか言いようが無い。
    次に誰がなるのか、とても心配だ。
                晴海通り地下道の壁が面白い。

さて、新型コロナウィルスは、そもそもからして分からないことだらけだった。
最初は武漢で新しいウィルスが発生した。次に中国政府は武漢を封鎖した。
その発表の前に裏から情報を得た500万人が武漢から逃げ出した。武漢には細菌研究所が2ヶ所ある。
発生源の中国政府が情報を隠した為に、コロナが世界に広がりトランプ大統領が怒った。
これで世界は一挙に、コロナウィルスを恐れるようになったのである。(SONY PARK の「ボッテガ・ヴェネタ」の巨大な金色の“鎖=ザ・チェーン”)

日本では外国籍のクルーズ船が横浜港に入港し、そこで船内でパンデミックが発生した。
その頃はまだ、日本人は他人事のように思っていた。
だから中国からの観光客も止めず、春節で観光関係の商売人は儲けた。
これを後から批判されたが、一部の学者は「あの時に中国人の入国を止めなかったので、
日本人が抗体を獲得し幸いした」と評価している。
(コインロッカーは観光客がいないので、「空き」ばかり)。

何ごとも分からなければ、なんとでも言える。反論出来ないからである。
それを利用して、テレビ報道はコロナ危機を煽りに煽ったのである。
専門家と称する変な人が出て来て、「5月になれば大変なことになる」と言い、それが外れると
「7月になれば・・・」、次に「8月になれば・・・」、「9月になれば・・・」と言い続け、
外れまくっていると、遂には「冬になれば・・・」と言い出した。(週末の銀座通りの「歩行者天国」は暑さで閑散「8月29日・正午」)

こんないい加減な専門家を、いつまでテレビ局は画面に出し続けるのだろう。
これが会社なら、「取引停止」、社員なら「左遷」だろう。仲間内なら「仲間外れ」だ。
8月に入り「日本人は既に集団免疫を獲得している」と言う京大の上久保教授が現れた。
それに対して「このままでは1ヵ月先は目を覆うようになる」と言った東大の児玉教授は、
「目を覆うようにならなかった」が、その後の発言を私は知らない。
(ユニクロも外国人観光客がいないので、閑散としている)

日本人はバカではないしテレビ以外でも情報を得ているので、ネット弱者の老人以外は意外
と冷静である。本当に新型コロナウィルスが危険と思っていたら、誰も外出しない。
今でも通勤時間帯は、電車は混んでいる。サラリーマン向けのレストランは、昼時は満席である。
最近はマスクをしないで、地下鉄に乗っている人も見掛けるようになった。
本当は暑いからマスクはしたくないが、日本人は同調圧力に弱いから、私はしている。(三越デパートのライオンもマスク姿で)

ここからは、私の心配である。
暑さとコロナで人々はイライラしている。だから自粛警察なんて変なオヤジが現れる。
失業したり、雇い止めが増える。飲食店は潰れる。お金に困る人が増える。犯罪が増える。
警備会社の社員が契約先で、盗みを働くような時代となった。
日本人は新型コロナウィルスで、本来の良き伝統、資質を失いつつある。
コロナのもたらした人工的な災害は、日本人を変えてしまうかもしれない。どうなる日本?
人気のうどん屋の行列(日傘を貸し出している)

(おまけの話)
今までの「武漢ウィルス」の話はネット情報が多かったので、今回は実際に現場にいる友人の医者に、
今回の新型コロナウィルスに付いての所見をメールで問い合わせてみた。
長い文章だったので、私が分かり易い箇所だけ抜粋した。
それによると【パンデミックになったこと自体、このウィルスに罹患していながら無症状の多くの
武漢人が春節に世界中に飛び出し撒き散らしたからです。感染していても元気に歩き回れる程の
毒性しか無いと言えると思います】
  「感染予防の為、テーブルにマスクを置かないで下さい」

      • 【感染力ということで言えばインフルエンザとの比較になりますが、予測した株が外れた時の
        インフルエンザの拡散の程度に比し、新型コロナウイルスは迫力不足と感じます。
        ワクチンが有り、治療薬もあるのにもかかわらず、インフルエンザで時として年間1万人以上が
        亡くなっているという事実を考えると、インフルエンザウイルスの方が毒性が高いのではないかと
        推察されます】
        「滞在は2時間以内で」(中央区図書館)

【いま盛んに言われている予防対策をとりつつ、免疫力を高める為にしっかり食事と睡眠をとり、
体調の悪い時には家に居ること。 これだけを守っていれば(運が悪くなければ)、十分かと考えます。
またマスコミが必要以上に煽り立て続けていることにも問題があります。
これがこの病気を一層厄介なものとさせてしまっています】。

お医者さんは自分のクリニックで新型コロナウィルス患者が発生したら、凄まじい試練に直面する。
小さな町では経済だけでなく、医療も立ち行かなくなる。
早く「これはただの風邪」となって欲しい。
「中央区コミュニティ・シェアサイクル」(駐車違反)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。