伊達発

武漢ウィルス(90)・・・・もう飽きた

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

「緊急事態宣言」がこうも長くダラダラと続くと、「もう飽きた」という感じになっている。
これはいつから始まってのか、よく覚えていないほど長くなったので調べてみた。

最初に発出されたのは【20年4月7日~5月6日】で、それが延長されて5月25日に解除された。
なんと東京では49日間も自粛が続いたのであった。これは効果があったのか、その後はしばらく無かった。

「TOHOシネマ日比谷」のHPを開くと出て来るお知らせ。

 

次に発出されたのが【2021年1月8日~3月21日】で74日間であった。
ところがこんなに長くても感染は収まらず、次に【2021年4月25日~6月20日】の57日間となった。
これ等を合計すると180日間にもなり、1年の半分が緊急事態宣言期間だったのである。

こうなると緊急事態も色あせるし、営業の制限を受けた業界は大変な被害を受けてしまった。
特に飲食業は政治団体が無いので、泣き寝入り状態となった。

日比谷ミッドタウンの入口では、足元も消毒する。

 

一方で政府の諮問機関である新型コロナウィルス感染症対策分科会は国民の行動制限を言うばかりで、1年以上も経つのに科学的なデータで「なにが感染源で危険か?」を示さない。

分科会に属していない科学者は、ネットで科学的なデータを示して解説している。
小池都知事は次々と新しいスローガンを言い出すばかりで、実が伴わない。

東京は医療ひっ迫はしていない。

 

メディアは「コロナ怖い」と煽るし、日本医師会会長は上から目線で医療崩壊を叫ぶ。
その医師会会長が大人数の会合に出ていたり、女性と2人で高級寿司店に行っていたことを暴かれた。
更に自分の病院ではクラスターまで発生させているのだから、これでは誰も信用しなくなる。

日本医師会は学術的な組織でもなく、コロナウィルスに知見があるわけでもなく、開業医の利益を守る圧力団体に過ぎず、ワクチン接種でもごねる。
ワクチン接種にあまり協力的でなかったので、政府が歯科医師にも接種を許可したら急に協力的になったそうである。

東京都の公園は、なぜか6月1日ではなく4日から。

 

分科会の尾身会長も、私から見ると違和感を感じる。
尾身会長は『我々は政府に対して色々なアドバイスをする。政府に言ってもIOCに届かないと意味が無い。そこで、どこに我々の考えを述べたらいいのかということを今、検討している』。

『我々の考えを正式にしかるべき場所に表明するのが我々の責任だと思っている』などと述べた。
これは会社で言えば、『社員が社長に「発注元の会社に注文を取り消すように頼んでくれ」と言っても社長が聞いてくれないので、世間に公表する』みたいな話で、彼はなにか勘違いしていないか?

以前にTVで示されたグラフは大外れだったが、今回は?

 

分科会は『感染が一番多い場所は家庭』と言う。だが元々、家庭にコロナウィルスはいない。
感染源が家庭ということは、オヤジが会社に行った時、子供が学校に行った時、主婦が買い物に行った時などにどこかで感染して、コロナウィルスを家庭に持ち帰ったということではないのか?

「家庭が一番多い」と言いっ放しで、なんら科学的なアドバイスも無い。
それではオヤジは「家に帰るな!」となってしまう。

パチンコ屋もコロナに負けた。遂に銀座からパチンコ屋が無くなった。

 

政府の発表では、最近の統計による毎日、700人くらいが入国しているそうだ。
全ての入国者は、入国後2週間の自主隔離を守らなければならないことになっている。
ところが思い掛けない場所から、隔離期間中に勝手に外出している外国人の多いことが分かった。

その場所はデパートの免税手続き取り扱いデスクだった。 なんと隔離期間中にデパートへ来て、買い物をしている外国人が多いのである。これでは変異型コロナウィルスが市中に広まるわけだ。

築地大橋に上るエレベーターの中の貼り紙。

 

(おまけの話)
ワクチンの接種が加速度的に進んでいる。
当初は「7月中に高齢者の接種を終える」のは無理と言われていた。
ところが、それが急に可能になったのである。

集団接種会場を設けたこと、大手企業が自主的に社員に接種するなどもあるが、一番大きな理由は「お金」と、政府が歯科医師にも接種を認めたことである。

築地本願寺にお参りの時は、カメラで検温する。

 

メディアで公表されないので知らない人が多いと思うが、ワクチン接種の値段である。
我々、国民は無料で接種を受けるので、値段のことは気にしていない。
当初、政府は日本医師会に「1回当り2070円」を提示したが、医師会が協力的でなかったそうだ。

これには接種に必要な使い捨て注射器も含まれる。
そこで次に、大盤振る舞いで次のように提案したら、急に引き受ける開業医が増えたのである。
期間は7月末までとして、以下のように決められた。

浜離宮恩賜庭園のような広い場所に入るのにも、検温があった。

 

【個人医院の場合、「1週間に100回以上、4週間以上の接種をすれば、1回当り4070円」、「 1週間に150回以上、4週間以上で1回当り5070円」、その他に連続して出来ない医師の為に「1日50回以上を接種すればボーナスで10万円」を支給し、更に「休日接種の場合は1回当り2130円をプラス」】という金額を我々の税金から支払っているのである。

1週間に100回以上なんて大した人数じゃないので、私が接種した経験から控え目に計算してみたら次のようになる。(7月末までの2ヵ月間で)
【1日20人×50日×4070円+30人×9日(休日)×(4070円+2130円)=5,744,000円 (2ヵ月間の収入)】
通常の医療の他に、この金額が収入となる。これが多いか少ないか?

マンション1階のスーパーの入口の足踏み式消毒器。

 

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.06.14

    ”医は仁術なり”と言われました。コロナ禍によりそれが”算術”に変わってしまったのかと思ってしまいます。長いこと平和な世の中が続き、緊急事態とは何かがわからないで過ごしているようです。緊急事態なのに平時の考え方やシステムでことを動かそうとしてしまいます。いまだに平和ボケが世の中、特にマスコミ関係に表れているようです。