伊達発

武漢ウィルス(75)・・・・偽陽性  

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

相変わらず世界で新型コロナウィルスの拡散が止まらない。
日本は少し落ち着いて来るかと思ったがそうはいかず、北海道では感染者が過去最高の人数となってしまった。政府は北海道を、「Go to travel」の対象から外すような話も出ている。

「ツバメの巣」を売っていたが、閉店となってしまった。

 

そんな時に伊達市のSさんから写真付きのメールが入った。
私が親しくしている壮瞥町のIさんに付いてのニュースだった。
「おはようございます。今朝の道新の記事です。Iさんが表彰されました。いよいよ寒くなって来ましたね。ご自愛下さい」。

漆器店も閉店。

 

早速、私からIさんにお祝いのメールを入れた。
すると彼から電話があり、「農業委員の10年の表彰です。長くやれば誰でももらえます。昨夜は有珠山の初冠雪でした。平地では雹も降りました。リンゴの収穫が終っていましたので良かったです」と言っていた。
農業は常に自然からの脅威に晒されているので、今年は良かったそうで私も嬉しい。

ビルもまるごと1棟売り。

 

「壮瞥町では感染者は出ていないの?」と聞いたら、「幸いに出ていない」とのことで良かった。
Iさんからの電話で「有珠山」、「リンゴ」、「ブルーベリー」、「伊達市の観光物産館」などの言葉を聞くと、「懐かしいなー」と感じる。
Iさんから「Go to travelで北海道へ来ませんか?」と誘われたが、感染者激増で対象から外されたら行けそうにない。

ビルに入る時は、どこでも消毒する。

 

少し前に日本国内で初となる五輪競技の国際大会に出場する体操男子の内村航平選手が、直前合宿中のPCR検査で偽陽性が出るアクシデントがあった。
本人の言葉では「最初に陽性って言われた時は“絶対嘘だ”と思った。感染経路が不明で疑いを持っていました」と語っていた。

天婦羅屋の「天国」に行ったら、マスク入れを渡された。

 

メディアではなにかと言うとすぐに、「PCR検査をやれ」と言う。
しかしPCR検査の正確性に問題があり、感度は70%前後、特異度は99%くらいと言われている。
つまり、感染者100人を検査すると陰性と出てしまう人が30人くらい出て、感染していない人100人を検査すると陽性と出てしまう人が1人いるということになるようだ。

お菓子屋さんも「ソーシャルディスタンス」

 

アメリカでは1日の感染者が19万人を越えている。ニューヨークでも1日に5000人と聞くと、日本は比較にならないくらい感染者が少ない。
東京でも1日に200人くらいだから「大したことはない」と思っていたら、11月18日に493人もの感染者が出てしまった。どうしてだろう?

私の体験から判断して、「Go to eat」に問題があるのではないかと感じている。
外食は今まで以上に気を付けなければならなくなった。

タクシーは「低オゾン発生器」を搭載している。

 

(おまけの話)
以前に「回答の遅いもどかしさ」という話をブログに書いた。その後の話である。
聖路加国際大学の出先で骨密度検査を受けたが、「検査結果が間違い」と連絡した話の続きである。
大学からは「ご指摘をありがとう御座いました。検査機のメーカーを呼んで修理します」と手紙が来た。
しかし返金の話は無かった。

私の冬用マスク10個(全て女房の手作り)

 

10月に「Go to eat」でカニ道楽に行ったのに、3000円分のポイントが付加されなかった問題は、1ヵ月くらいして返事があった。それによると『ログインをせずに申し込みをしているので、「Go to eat」 の対象外です』とつれない返事だった。
カニ道楽のHPの「Go to eat」から予約したのが間違いのモトだった。

新宿「伊勢丹デパート」入口は消毒液だらけ。

 

カニ道楽に行った帰りの会計の時に、係からオータム祭の抽選申込書を受け取った。
「当るはずがない」と思いながら、住所氏名を書いて投函しておいた。
1ヵ月半くらいしたら、「ギンザナイン」というところから封書が届いた。

封書を開けてみたら、「厳正な抽選の結果、貴方様が当選となりました」というお知らせと、1万円の買い物・食事券が同封されていた。「転んでもタダでは起きない」とは私のことか?

抽選で当たった「1万円分」の商品券。

コメント

この記事へのコメントはありません。