伊達発

武漢ウィルス(82)・・・・解除をまた延長

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

3月7日で東京都と3県の緊急事態宣言が解除されるはずだったが、「まだ解除は早い」という専門家、医師会、一般の人達の意見を入れて菅総理は2週間の延長を決めた。
これで解除は3月21日まで再度、延びてしまった。

私の意見としては、「解除してもしなくても、大した変わりは無い」である。
解除延長前から銀座の人出はコロナ前と同じくらいだし、コロナ慣れした人々の行動も変らないと思っている。

「緊急事態宣言解除」の指標(3月3日)

 

ところでみんな忘れていると思うが、第1回目の緊急事態宣言が発出されたのは2020年4月7日で、その時の東京都のPCR陽性者はたったの87人だった。
第2回目の緊急事態宣言は21年1月7日で、その時は2447人だった。

解除予定の2月7日は429人と劇的に減ったが、まだ足りないと1ヶ月の延長をした。
コロナ専門家は「減り方がなだらかになって来た」と言うが、陽性者の人数が減れば減り方が少なくなるのは当り前である。

不織布マスク50枚(190円)・・浅草で

 

そして今回の2週間の再延長である。私はこの延長を腹立たしい思いで見ている。
添付の表では全ての指標が「ステージ3」をクリアしているのに、なぜ解除しない?
既に現役を引退した身なので、特に自分に降りかかる金銭的な被害は無い。

しかしコロナで職を失った人(非正規社員、派遣労働者、パート)など、すぐに生活困窮に落ちいる人がいる。また経営不振で倒産した会社や店も気の毒だ。
感染者が発生しているのは「家庭」、「高齢者施設」であり飲食店ではない。

不織布マスク50枚(290円)・・浅草で

 

そこで私は腹立ちまぎれに、延長となった初日の3月8日に浅草の様子を見に行った。
すると浅草は以前と違い、かなりの観光客が戻って来ていた。

3月になってからの東京都のPCR陽性者は次のようになっている。
1日/121人、2日/232人、3日/316人、4日/279人、5日/301人、6日/293人 、7日/237人、そして延長となった初日の8日は皮肉にも116人だった。もうこれ以上は大して減らない感じがする。

不織布マスク・カラー50枚(390円)・・浅草で

 

西村経済再生担当大臣は2月5日に緊急事態宣言を1ヶ月延長することを決めた時に、解除の条件を示した。
【1つ目は感染状況が『ステージ3』まで下がること】。ところがその後に注釈が付く。

【2つ目に『ステージ3』になったからすぐに解除というのではなく、感染状況と医療のひっ迫状況の改善が継続しているという動きがあること。3つ目には解除後も『ステージ2』まで下げられるという見通しがある程度つくことが挙げられる】。

浅草・雷門を裏側から見る

 

これではルールとは言えない。2つ目と3つ目が非常に曖昧な条件で、恣意的にどうにでも判断することが出来る。決めた条件は動かせないから「ルール」というのである。

コロナ分科会の尾身会長は『宣言を解除したあとも、すぐに感染がリバウンドして増えず、低い状況で推移するような解除のしかたが求められる』と言っているが、そんな理由だと次の解除の時にも「リバウンドの可能性が考えられる」となる。可能性を言い出したら、キリがない。

雷門の提灯を下から見る

 

飲食店が悪者にされているが、朝の通勤電車の混み具合はどうなのだ?
私がよく乗る都バスも、時間帯によってはかなり混んでいる。
国民を納得させるには、科学的な根拠を数字で示すことが必要である。

根拠も数字も示さず、気分で重大な決定を下すのは考えものだ。
4月後半からは高齢者から順番にワクチンの接種も始まるし、気候も暖かくなるのでコロナは自然と大人しくなるだろう。・・・と素人の私は思っている。

浅草寺の五重塔

 

(おまけの話)
中国へ入国場合は、空港でPCR検査が義務付けられている。
これは日本でも行っているので、文句を言える筋合いではない。
ところがこれに日本政府が文句を付けたのである。
その理由が可笑しい。

浅草六区の場外馬券売り場の壁画

 

ネットニュースによると「加藤官房長官が3月1日の記者会見で、中国が一部入国者に実施している肛門から検体を採取する新型コロナウィルスのPCR検査について、北京の日本大使館を通じて邦人への免除を要請したと明らかにした。

大使館に一部の邦人から心理的苦痛が大きいなどの意見が寄せられたことを踏まえたと述べた。
現時点では中国側から検査方法を変更するとの回答は得られていないと語った。

浅草の路地裏でひっそりと商うレコード店

 

中国は色々と問題はあるが、これは変更しないだろうと思う。
私は以前からブログ「コロナは怖くない」に書いているように、「新型コロナウィルスは大腸に多くいる。だから公衆トイレが危険だ」ということに合致している。
日本でも本当は「肛門PCR検査が正しい」のであるが、出来ないだろうなー。

仲見世通りでは閉店か廃業の店が多い

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.03.09

    一度緩んでしまったゴムは元に戻りません。世の中そのような感じになりつつあるようにも見えます。人間世界に耐性が出来上がるまでは新型コロナウィルスは鋤を見つけて入り込んでくることでしょう。今しばらくは我慢を続ける必要があると思っています。