伊達発

水辺カメラ散歩

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 2,106 1,284,749
当ブログ 447 45,274
総計 2,553 1,330,023

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

天気が良いので、水辺に行ってみることにした。
水辺に行くその理由は、少し前にテレビのニュースで「浜離宮の裏の水路にアカエイがいた」という報道だった。

浜離宮の隅田川側は海水も濃いのでいると思うが、反対側は真水に近いから「いない」と思っていた。
そこでアカエイを見付けて、写真に撮ろうと考えた。

水辺で休む鴨1羽

 

隅田川を築地大橋で越える時に、岸辺に鴨が休んでいるのが見えた。
もう「ゆりかもめ」も北の国からやって来ているが、この辺りではカラスと鴨だけである。
浜離宮沿いの水路の横の歩道を進んで、広い道に出る。
その左側が浜離宮で、水路に架かる大手門橋を越えれば入口となる。

新橋側から「大手門橋」を見る。

 

橋の下の水路を覗いてみた。なにか大きな魚が泳いでいる。
アカエイのいた場所は、そこから先に進んだ「中の御門橋」の下だと思う。
テレビに映った橋にある飾りが見覚えがあったから、分かったのである。

そこへ行く間も私が水路を覗きながら歩いていると、通りがかりの人も水路を覗く。
「中の御門橋」の下を探したが、残念ながらアカエイはいなかった。

浜離宮沿いの水路には紅葉した葉が落ちていた。

 

そこでそのまま先に進み、「WATER TAKESHIBA(ウォーター竹芝)」まで行くことにした。
ここは新しく倉庫街を再開発した場所で、お洒落な店や劇場があるが、まだ認知度が低い。

海に面したテーブルに席を取り座ってみたが、風が強くて寒いのですぐに立ち上がった。
そして港に停泊している観光船「卑弥呼」を見ていたら、水面近くを小魚の群れが泳いで来た。
同じ場所を行ったり来たりしている。これはどうやら「ボラ」のようだ。

鴨の子供らしき鳥が、水路で遊んでいた。

 

建物の外階段を2階に上るとウッドデッキのテラスとなっていて、それが竹芝桟橋まで続いている。
隣の竹芝桟橋は大島へ行く船が出航した後なので、ロビーもガランとしている。

更に進むと私の住むマンションや、レインボーブリッジ、更にその先の大井ふ頭の荷役機械「ガントレー・クレーン」が良く見える。日の出桟橋を出た定期観光船が、浅草に向って進んで行くのが目に入った。

竹芝に出来た「WATER TAKESHIBA」

 

広い場所に出て水辺にいると、なぜか人は心を洗われる。
森はあまり動きが無いが、水辺は動きがあるので飽きることが無い。
デッキを進み、先端まで行ってみた。

ここには竹芝小型船ターミナルがあり、ここから東京都の所有する「新東京丸」が出航する。
総建造費20億円と称するイタリア製のクルーザーで、私は以前に乗ったことがある。

「WATER TAKESHIBA」の船着き場で、ボラの群れが泳いでいた。

 

デッキにはたまに人が歩いているだけで、マスクを外していても問題無い。
「遠くを見ると、目が良くなる」という話を昔、聞いたことがあるので、一生懸命に遠くを見る。
でも近眼は良くなるかもしれないが、老眼は駄目なんだろうと気が付く。

もと来たテラスを戻り、「卑弥呼」のところに行ってみたら、相変わらずボラが群れていた。
暖かくなって来て、テーブルの場所にも陽が当たるようになったので、椅子に座ってゆっくりと流れる時間を楽しんだ。

200~300匹のボラが、リーダーの動きに合わせて泳いでいた。

 

(おまけの話)
テラスの先端から戻る途中での話である。
50メートルくらい先に年配の男がいた。そして私に頭を下げた。
私は「誰だろう? こんな場所で・・・」と思いながら、近付いて行った。
その男はなにかブツブツと話しているというか、唱えていた。
そして、また頭を下げた。

竹芝の貨物用桟橋から見る勝どき側。

 

2~3メートルの場所で彼を見たら、知らない人だった。
しかも私を見ているのではなく、もっと上の方を見ていた。
その顔は太陽に向かっているのだった。

彼は太陽に頭を下げていたのを、私が勘違いしただけだった。
私も初日の出などで、太陽に手を合わせ、頭を下げることがある。

レインボーブリッジの向こうに大井ふ頭が見える。

 

太陽とは不思議な力を持っていて、人が拝みたくなる時がある。
この人は「なぜこの時間に、この場所で」太陽を拝んだのだろう?

世の中には本当に色々な人がいる。私の理解を越える人も沢山いる。
一方で、浜離宮の水路を覗きながら歩いている私を見て、「なんだろう、あの人?」と思っている人もいるのだから、他人のことを言える私ではない。

テラスの歩道の一部に「舟偏」の文字が埋め込まれていた。

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.12.02 7:15am

    絵になる風景や場所をいっぱい見つけますね。私などぼんやり歩いてしまい、そのような場所があったとしてもただ見るだけです。 水辺は人をひきつけます。私の住むあたりにはそのような場所がない。川はあるが水の流れているのを最近見たことがない。多分大雨の時ぐらいしか川にならないのでしょう。 太陽に向かって手を合わせる。昔の人はそのようにすることが多かった。祖父や祖母が朝日に向かいそうしていました。

    • Shinji
    • 2021.12.03 8:53am

    大手門橋とか「中の御門橋」など、江戸の昔を思い起こさせる地名や橋があるかと思えば、WATER TAKESHIBA とか、外国語を使ってがんばりすぎな名前の氾濫。東京、常に変化し続ける都市。