伊達発

特大の秋田犬

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

テレビのニュースで「特大秋田犬」の記事が出ていた。
これは本物の犬ではなく風船で作られた秋田犬で、JR秋田駅から出張して来ているとのことだった。
そもそもは中央線の6駅で実施されている「東北6県スタンプラリー」で八王子駅が秋田担当になったことから、駅員が秋田支社に相談し貸し出してもらったのだそうだ。

JR八王子駅と秋田犬の説明文

 

新型コロナ騒動以来、それ以前は毎月のように行っていた中学・高校時代の友人達と作っている「都心を歩く会」が中止になっている。
今はメールで近況を知らせ合っているが、後期高齢者ともなると「便りが無いのは良い便り」にはならない。そこで「都心を歩く会」のメンバーで多摩地区に住むYさんに近況報告を兼ねて「秋田犬の報告」を頼んだのである。

秋田犬は「みどりの窓口」の中にある。

 

すると彼は近くに住んでいながら、この秋田犬のことは知らなかったようだ。
そしてメールで返信が届いた。「毎回の話題探しに苦労しているようですが、健康の為にも散策を続けてください。秋田犬の話題を提供していただきありがとうございます。早速今日の午後にでも行って来ましょう。写真を撮って送ります」とあった。
彼は孫と一緒に住んでいるせいか、年甲斐もなく絵文字の多いメールだった。

大きな秋田犬は子供に人気があるらしい。

 

その日の夕方にYさんから「秋田犬」の写真が送られて来たが、メールには写真が添付されていなかった。どうやらスマホで撮影して、それを私のパソコンに送信したらしい。
なにがどう悪かったのか分からないが、写真が削除されてしまったようだ。
私のスマホを確認したら、こちらにも同じメールが届いていて、写真が付いていた。
そこでそのメールを自分のパソコンに転送した。

なかなか良く出来ている。

 

ブログに載せるには写真の枚数が少ないので、「もっと送ってくれ」とメールを出したら、親切にも翌日にもう一度、八王子駅まで行って写真を撮ってくれた。しかしまたスマホ写真だった。

彼は我々、同級生で作っている「デジカメクラブ」の会長なので、高級カメラで撮影するかと思っていた。これでは一眼レフカメラが売れなくなるわけだ。
コロナのせいで同級生に会う機会も無くなったが、こんなことで旧交を温めるしかないのが寂しい。

子供と比べると、かなり大きいのが分かる。

 

子供の頃に我が家では秋田犬を飼っていた。
名前は「ゴロウ」と言ったが、今から考えると子犬の時代を知らないので、成犬をもらって来たのだろうと思う。体は大きかったが、性格は大人しかった。
でも躾をしていなかったので、扱いには苦労した。

お尻の×印が可愛い。

 

時々、ゴロウの鎖が外れてどこかに行ってしまう。
その時はみんなが総出で、「ゴロウ!、ゴロウ!」と叫んで呼び戻す。
するとどこからともなく戻って来る。

しかし近所の人から苦情が来た。2軒先の家のご主人の名前が「五郎」だった。
でも今さら犬の名前を変えるわけにもいかず、その後は小さな声で呼び戻すようにしたのである。

秋田美人の勢揃い

 

(おまけの話)
時を同じく、「都心を歩く会」のメンバーの西田さんからメールが届いた。
彼からのニュースは北海道からの情報だった。
「今日は私の北海道の友人から添付のような北海道新聞1月26日版が届きました。昨年1月下旬から2月初頭にかけて何かの理由で根室市、別海町周辺にやって来たハクトウワシが今年も当地にやって来たようです」。

北海道新聞の記事から

 

「昨年私と数名の仲間で冬の北海道撮影旅行に出掛けた際にもこのハクトウワシの飛来がニュースとなっており、丁度風蓮湖畔で撮影をしていた時期にこの周辺に来ているとの話で期待していたのですが、生憎短期間の滞在で姿に触れることは出来ませんでした。今年は残念ながら撮影のチャンスはありませんが、この個体が道東地域を気に入ってくれて来年以降も飛来してくれる事を切に願っております」と新聞の切り抜きも添えてあった。

プロ級の腕の西田さんは何年も道東に通い詰めて撮影した野生動物の写真を使い、カレンダーを作って送ってくれた。「オジロワシの勇姿」(西田洋一)

 

伊達市に行かなくなってかなり経つが、それでもいつも北海道のニュースは気になっている。そんな時に伊達市の農家のSさんに注文しておいた「ゆめぴりか」が届いた。
いつものことだが、ダンボール箱には北海道新聞が入っている。

この新聞を読むのも私の楽しみの1つである。東京では分からないローカルな話題が楽しい。
ひょんなことから伊達市に縁が出来て、今でも北海道とか伊達市の記事を見ると故郷のような気持ちになれるのは想定外の喜びになっている。

「ねぐらへ帰る」(西田洋一)

コメント

    • ヤマモトヒデツグ
    • 2021.02.01

    待っておりました! 三多摩格差という言葉を常日頃から口癖のように言っておりますが、新宿からJR中央線で40分弱にて到着する三多摩の中心地・八王子駅が名作ブログ「伊達市民一号」に掲載されることは、やはり望外の喜びであります。少しでもお役に立てればとの思いから不足していた写真の追加を撮りに二度足を運んだのが良かったようですね!
    全ての写真を巧く配置しながら、子供の顔にぼかしを入れて個人情報に注意を払うのは流石ブログの王様でしょう。
    同期の西田君の北海道ニュースと一緒で誇らしい気分です。
    三多摩支社に配属されている以上は、次回より高級一眼レフカメラを駆使して、素晴らしい報道に役立ちましょう。
    掲載に感謝します。デジカメクラブ元部長 今三多摩支店長 山本英次