伊達発

武漢ウィルス(80)・・・突然の友の死

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

2月5日の深夜に、私のスマホに電話があったようだ。
スマホの呼び出し音か、トイレに行きたくなったせいか定かではないのだが目が覚めた。
既に電話は切れていたが、スマホの画面では同級生のXさんからだった。
こんな夜中に電話をして来るとは、間違え電話か、ボケのどちらかだろうと思った。

ハワイ天台宗の荒了寛大僧正の「絵説法」が心に響く。

 

そして翌日の午前中に電話をしたら、「運転中で出られません」のアナウンスが流れた。
そこでショートメールで、「昨夜の電話はなんですか?、用件はなんでしたか?」と送信しておいた。

その後、三越デパートで食パンを買い昼食を食べてからカフェで休んでいた。
そこにXさんから、私のスマホに電話が掛かって来た。
私が出ると、向こうは若い女性の声だった。

「いまが幸せと思わないと 一生幸せになれないよ」

 

彼女は「私はXの娘です」と言った。なんか嫌な予感がした。
そして「父が2月3日に亡くなりました」と言ったのである。
私「エー!!、最近、私は彼と電話で話したばかりだ」
娘「携帯の履歴で橋本さんが出ていたので連絡をしましたが、父は肺炎で急に亡くなりました」

親しい友を失う辛さ。

 

更に詳しい事情を、彼女に聞いてみた。
Xさんは31日に「風邪気味だ」と言って寝たらしい。
翌日になって体調が悪くなって来たので病院に行ったが、どこも新型コロナウィルスの患者の対応で受け付けてくれなかったそうだ。

仕方ないので家に戻り寝ていたが、2日になって更に具合が悪くなったが、どうしようもなかったらしい。
そして2月3日になり、呆気なく亡くなってしまったそうだ。、

私が15年以上も前に彫った「吉祥天」

 

ところが葬儀の2日前に、他の友人(Y)からの連絡で更に驚きの事情が分かった。
Yさんの話では、『Xさんと6日にゴルフに行く約束をしていたが、本人からの連絡で「コロナに罹ったので行けない」と電話があった』そうだ。そうだったのかー。

「肺炎で急に亡くなった」と娘さんから聞いたので、「もしかして?」とは思ったが、その時は葬儀の席で奥さんに聞けばよいと思っていた。

庭の胡桃の枝に彫ったお地蔵さん2体

 

私が具合が悪くなった日は、奇しくもXさんが具合が悪くなったのと同じ31日だった。
Xさんはそこからドンドンと悪くなって行ったが、私は逆に良くなって行った。
私は3日目にはもう普通にしていたが、Xさんは最後の戦いをしている最中だったのだ。
人の命は儚い。その上、運命は厳しい。
私とXさんの生死を分けたのは、何だったのだろう?

「AOKI」で急いで買って来た白いワイシャツ

 

2月9日はコロナにも拘わらず、私はXさんの葬儀に出掛けて行くことにした。
66年間も付き合って来たのだから、どうしても最後の別れをしたかったからだ。
ところが久し振りの葬儀だったので黒のダブルを引っ張り出したが白のワイシャツが無く、慌てて新橋の「アオキ」に買いに走った。

そして葬儀ではお線香をあげて、誰とも話をせずにそそくさと帰って来たのだった。
Xさんの奥さんは参列していたので、幸いに感染はしなかったのだろう。
私は奥さんに目で挨拶だけして来た。

最初の頃に彫ったお地蔵さん

 

(おまけの話)
Xさんとの思い出は、山ほどある。
彼はケーキ屋のオーナーだったが、引退して伊豆の別荘で悠々自適の生活していた。
ケーキの好きだった私は彼に注文してモカエクレアを作らせたら、これが結構売れたようだ。
正月にはいつも彼の店に立ち寄って、ケーキを山ほど買って女房の実家に持って行ったものだった。

以前に経営していたケーキ屋は、現在はマツモトキヨシに賃貸している。

 

伊豆の別荘には何回も行った。そこで商品にならない「カステラのミミ」を食べるののも楽しみだった。
ゴルフや海釣りもした。海釣りに行ってカツオが釣れ過ぎて、それを干物にしたこともあった。
温泉旅行が好きだったので、一緒に色々な秘湯に行った。
私の知らない秘湯を知っていた彼には、ずいぶんを面白い秘湯を教えてもらった。

X家の葬儀会場の案内板

 

Xさんは外国語が得意でなかったので、私が案内したこともあった。
ネパールのカトマンズに、エベレストの写真を撮りに2人で行ったこともあった。
我々と夫婦2組で韓国旅行にも行き、私がソウルの街を案内したこともあった。

前回の電話で「伊豆ではマスクは要らないぞ!、遊びに来ないか?」と言われたのが彼との最後の会話となってしまった。Xさんのご冥福を祈る。(合掌)

X家の葬儀式場

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。