伊達発

紅葉には早過ぎる京都の旅(1)

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2014年11月03日)

以前から京都に行く度に「桂離宮を見たい」と思っていながら、叶わなかった。
昔のことであるが私の姉夫婦が新婚の時にその近くに住んでいたので、何回も京都の姉を訪ねたが、桂離宮に は行く機会が無かった。

桂離宮の天皇家専用の入り口門。 一般人の使用は禁止。

 

今回は人生最後の「桂離宮」と思い定めて、宮内庁のHPから見学を申し込んだ。
それが運良く許可されたので、家族3人といつも誘ってあげるマンションで1人暮らしの親戚でもない赤の他人の80歳のバーちゃんにも声を掛けた。

このバーちゃんは私達とは特に何も関係無い人だが、女房が『年寄りには親切にしてあげましょう』と言うのでお付き合いをしている。

桂離宮は中心に大きな池が配置されている。

 

このバーちゃんは生涯独身で、その上に相当な金持ちらしくなんでも金に糸目をつけないで支払う。
だからこのバーちゃんを誘うと、俄然、旅行費用が高くなってしまうのである。
外国旅行の飛行機はビジネスクラス、新幹線もグリーン車、食事は有名店となるので、安上がりの旅が好きな私とは合わないが女房とは合うようだ。

書院の説明をする宮内庁職員。 たまに冗談を言うが、面白くない。

 

宿はバーちゃんの行動を楽にするために、京都駅構内の『京都グランヴィア』に3部屋を取る。
荷物をフロントに預けて、タクシーで桂離宮に行く。
集合時間の午後1時15分には参加者の25人が門の前に並んでいた。

池に架かる苔蒸した橋。

 

時間になり別室で桂離宮のビデオを見せられてから、宮内庁の職員の案内で離宮の見学となる。
離宮の庭園の広さは5万8000平米あると説明されたが、素晴らしい庭園である。
見学路は飛び石の上を歩くので、年寄であるバーちゃんには危ない。

建物は9棟あるが、月波楼を通して池の向こうに見える松琴亭。

 

欧米人の観光客男女がいたが、写真を撮るために大事な苔の中に入って係員に怒られる。
彼らを案内をしている日本人夫婦は知らぬ振りをしている。
苔を踏み付ければ、どうなるかくらいは外国人でも分りそうなものだ。
外国人観光客が増えるということは、教養の無い外国人も来るということである。

州浜から見る回遊式庭園。

 

桂離宮の見学を終り、タクシーで寺町に行く。
予約をしてあった村上開新堂のクッキーを引き取る為である。
その後に近くの和菓子店で桂離宮の余韻に浸りながらお茶をする。 秋の季節の京菓子が美しい。

桂離宮の観光でバーちゃんは疲れたので、ホテルに戻り昼寝をして夜に備えることにする。

二条岩狭屋の秋のお菓子。 お茶と好きなお菓子1つで1000円。 サービスで「焼きぐり」が出て来た。

 

(おまけの話)
今回はバーちゃんの80歳の誕生祝を兼ねているので、バーちゃんは『4人分の旅行費用を全額出す』と言うのを断り1回だけ京都で夕食をご馳走してもらうことになった。

このバーちゃんは80歳になっても肉が大好きである。
しかも霜降り肉が好きで、鮪も大トロが好きだし油っぽいものを好んで食べる。
私はとても彼女の好みには付き合え切れないが、それがバーちゃんの元気で長生きする秘訣かもしれない。

祇園の「にくの匠 三芳」

 

京都では予約してあった「懐石ステーキ屋」へ行く。
店は祇園の中にあり、店構えもかなりお洒落で、清潔感が溢れて高級な感じがする。
客席はカウンターを入れても12席で、京都によくある接待用の高級小料理屋である。

和牛ステーキ・ディナー・コース。 かなり高い。

 

コース料理はタンの昆布締めから始まり、牛肉の刺身、牛肉の白和え、牛肉の煮こごり、しゃぶしゃぶ、牛肉の稲庭うどん、牛肉の煮物と続き、その後にステーキが出て来る。
ステーキが出て来る頃には、もう腹いっぱいで食べられない。
でも、残してはもったいないので、バーちゃんの分のステーキも私は食べる。 腹がきつくて、苦しい。

バーちゃんは結構な額の支払いをしていたが、我々の年齢ではもっと少なくても良いから安くして欲しい。

祇園の裏道の夜は風情がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。