伊達発

紅葉三昧の旅(1)

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

 (2014年10月24日) 「ブログ閉鎖中の話題」

「秋」と言えば何か?
私は「栗」、「柿」、「秋刀魚」、そして「松茸」である。
栗は秋になってから3回食べた。柿も1回食べた。秋刀魚はまだ食べていない。
しかし松茸はカナダ産だが、1回だけ家で「松茸ご飯」で食べた。

不動沢橋からの風景。

 

他には私が秋の好きな理由は「紅葉」である。
「秋になると、涼しいから良く眠れるので好きだ」という人も多い。
しかし、私は違う。 季節に関係無く、いつも良く寝ているので、「寝たまま」の方を心配している。

つばくろ谷の滝。

 

マンションに越して来てから、車が無いのでなかなか自分の気分で紅葉見物に行けない。
誰かに連れて行ってもらわないと行けないというのも、今までの生活からすると辛い。
そんな時にマンションの友人が『紅葉写真を撮りに行こう』と誘ってくれた。

この車「ボルボRV」で旅をした。

 

彼はボルボに乗っているのだが、キャンプや車中泊が好きなので、それが私は困る。
そこで、『今回はもう寒いので、安い宿でいいから旅館に泊ろう』と提案した。
目的地は裏磐梯で、午前9時30分に2人で出発した。

モザイク模様の紅葉が美しい。

 

東北自動車道を進み、郡山から分れて磐梯熱海ICで降りる。
もうそこは紅葉真っ盛りであった。
道路両サイドの紅葉を見ながら、磐梯吾妻スカイラインを走る。 道路はガラ空きである。
紅葉のシーズンなのに福島県というだけで、観光客には避けられてしまっているのかもしれない。

浄土平(磐梯吾妻スカイラインから。)

 

車が殆ど走っていないので、どこでも車を止められる。
こんなに恵まれた紅葉見物は初めてである。 福島県の誇る磐梯山がどこからでも見える。
 
天気は曇り。 残念だが、遠くの景色は霞んでいる。
写真撮影には不向きだが、目で見る分にはこれもまた良い趣がある。
そろそろ今夜の宿に向う。 暗くならない内に到着したかったからである。

高い場所は既に葉が落ちてしまっている。

 

カーナビを頼りに車を進める。
田舎道を走って、その内に山道に入る。今どき珍しい砂利道となる。
向こうから車が来たらすれ違いは出来ない。 しばらく走ると、前方に灯が見えて来た。
そこが「ぬる湯温泉」だが、その頃には真っ暗になっていて周りがどうなっているのか分らなかった。

吾妻山火口への道。 私達は寒いし、紅葉撮影が目的なので登らない。

 

(おまけの話)
1泊目は連れがインターネットで探しておいてくれた秘湯である。
「ぬる湯温泉」で、文字の通りに温泉がぬるいのである。
この宿は「日本秘湯を守る会」の会員となっているので、あるレベルは確保されているはずだ。
 
宿の主に聞いたら、ここは300年の歴史があると言う。
木造二階建ての大きな旅館であるが、暗くてよく分らないが、相当に古いことは廊下を歩いたらガタピシと音は出るし、床が抜けそうな感じから分る。

夕方になり、ガスが出て来た。

 

温泉は内湯だけで、母屋から50メートルほどの渡り廊下を行く。
お湯は透明で、なんだか風呂場が寒々しい。
温泉に入って驚いた。 お湯が冷たい。 ぬる湯の所以である。

お化けの出そうな暗い廊下。(ぬる湯温泉)

 

効能書きを読んだら、湯温は31.8度と書いてあった。
10月後半の福島県の山の中で、しかも客室は石油ストーブが入っている時期に、この温度では風邪を引いてしまう。 隣に申し訳程度のプラスチックの浴槽があり、そこは40度くらいあった。
お客のクレームで、仕方なく沸かし湯も備えたのだろうと思う。
 
「ぬる湯」では、「温泉を楽しむ」というわけにはいかなかった。

ぬる湯(31.8度で我慢して、セルフタイマーで写真撮影した)。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。