心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2016年12月14日)

10月に老人ホームに入ったI さんから電話があった。
「いつ遊びに来るの?」。
9月に送別会をしてあげた時に、「落ち着いたら遊びに行きます」と言ったのを覚えていての催促だった。

京王線「仙川駅」。春は桜が綺麗らしい。

 

そこで希望者を募ったのだが、あまりみんな乗り気でなく3人で行くことになった。
京王線の仙川駅を降りて、バスで数分で着いた。
施設の名は 「サンシティ調布ロイヤルケア」という。ここはかなり高級な介護付き老人ホームらしい。

「サンシティ調布」の外観。(今回の写真は係員に撮影許可を取ってある)

 

「サンシティ」という名前はアメリカ・アリゾナ州にあるリタイアした人達の町からのパクリのようだ。
調布の老人ホームの入居条件は「入居一時金」、「管理費」、「食費」は必要で、入居一時金が2600万~ 5200万円も必要で、毎年一定額が償却されて7年以上が経過すると返還金は無くなりゼロとなる。

居住棟。 3階建てで自立できる人は3階、下へ行くほど介護の重度が上がる。

 

Fさんは金持ちなので、2人部屋で5200万円の部屋である。
どちらかが病気になったり、介護が必要になった時には入居者全員に別にシングルルームが用意されている。

毎月の管理費、2人分の食費などを合わせると、1ヶ月に約50万円くらい必要だ。
1年で600万円だから、100歳以上も長生きしてしまっても大丈夫かなー?

玄関までのアプローチ。

 

午後11時30分に老人ホーム着いて受付で入居者への訪問を告げた。
すると受付嬢は「この紙コップを持参して、トイレでうがいをして来て下さい」と言う。
訪問先でうがいを強制されたのは初めての経験である。少し驚く。
病原菌を持ち込ませないための手段で、老人ホームとはそういう場所なのであろう。

入口を入ると左側に受付がある。

 

施設共有の応接間でIさん夫婦と話をする。
そこで係員の女性が登場し、「この施設の説明と案内をさせて頂きます」と言う。
我々が近い内に、この施設の顧客になると見込んでのことだろう。
説明と一通りの見学を済ませてから、ランチとなる。

施設の共有応接間。

 

レストランでランチの見本を見たら、「ラーメン・セット」か「ビビンパ・セット」のどちらかを選ぶようになっている。食事をした後にお茶をして、Iさんの部屋を見せてもらう。
2時間半の滞在だったが、帰り道で3人とも「素晴らしい施設だが、ああいう生活は自分には向かないなー」というのがその日の結論だった。

3階居室部分の廊下。左右に個室がある。

 

(おまけの話)
7~8年ほど前に北海道伊達市に滞在中に、隣町の壮瞥町の天然温泉付き老人ホームの専務理事のFさんと知り合った。仲良くなった頃に、私からお願いした。
私  「老人ホームに1泊の体験入所をしたい」。
Fさん「変な希望ですねー。でもいいですよ」・・・ということになり、ある日の夕方から出掛けて行った。

お土産に持参した「空也」の最中。

 

施設内をくまなく見学させてもらい、天然温泉にも入った。
宿泊は来客用の別棟の部屋だった。夕食は伊達市の寿司屋から出前が届いた。
私  「これじゃ老人ホームの体験にならない」。
Fさん「橋本さんには一般棟は無理だし、食事も無理」。

ランチはラーメン・セットか、ビビンパ・セットのどちらかを選ぶ。

 

翌日の朝食は食堂で老人たちと一緒に同じものを食べた。
味付けが薄いのは我慢できるが、周りの雰囲気が我慢できない。
1人で食べられる人は良いが、介護人にスプーンで口に入れてもらう人、食べ物をドロドロのジュース状にしたものを飲む人などがいて、とても私は喉を通らない。

私もそろそろ終末を考える年になったが、出来たら自宅で「ゆめぴりか」の白米を食べて死にたい。

介護が必要となったら、別室に個室が用意されている。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。