伊達発

落選、また落選 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2016年01年27日)

カメラの趣味を本格的に始めてから、もう13年になる。
いまだに上達せず、他人の撮った写真を見ては感心ばかりしている。
同級生の中にはお世辞で、「最近のおまえの写真は良くなったなー」などと言う者もいるが、私はあまり信用していない。

千代田区写真コンテスト応募作品。「皇居の花吹雪」・・・落選

 

プロの作品であっても、「こんな写真でよく飯が食えるなー」と感じるものもある。
自分では他人の写真が上手か下手かを判断できるつもりでいるが、自分の写真となるとさっぱり分らない。
そこで私の写真を他人に評価してもらうのが一番だと思い、4年前から色々な写真コンテストに応募するようになった。

中央区観光写真コンテスト。「ライオンは見ている」・・・落選

 

最初に応募した千代田区の写真展で、いきなり佳作の賞をもらった。
入賞写真は桜の満開の時期に、千鳥が淵でボートに乗るカップルを撮影したものである。

そして賞として、色々な写真関係の会社の小額の商品をもらった。
そんなものでも、もらえると「評価された」と感じられて嬉しくなった。

仏教伝道協会写真展。「東京タワーに沈む夕日」・・・落選

 

それで自信が付いて、2年前は中央区の観光写真コンテストに応募した。
そうしたら、「雪の歌舞伎座」というタイトルで、雪が歌舞伎座に降っている早朝の写真が「松竹賞」に入選した。そして歌舞伎座の売店で売っているお土産を幾つももらった。
これで「自分も世間からある程度の評価をされる腕になったかー」と勘違いしてしまった。

鷲 神社写真コンテスト。「熊手職人」・・・落選

 

そこで昨年は手当たり次第に、素人向けの写真展に応募した。
「千代田区写真コンテスト」、「中央区観光写真コンテスト」、「仏教伝道協会写真展」、「鷲神社写真コンテスト」、「EPSONフォトコンテスト」、「エディ・バウアー・フォトコンテスト」,そして賞は出ないが「1000人の写真展」に応募した。

EPSON写真コンテスト。「ベトナムで祈る」・・・落選

 

これだけ応募すれば、自分では不遜にも半分くらいは入選すると思っていた。
自分の写真の腕からいっても、全く入賞しないとは思えなかった。
特に中央区の写真展はスポンサー賞があるので、今回は三越デパート賞を狙って、「ライオンは見ている」という三越のシンボルのライオンと夜景を写した写真で応募した。

エディ・バウアー写真コンテスト。「山中湖の紅葉」・・・落選 この服飾メーカーの製品を身に着けているのが、応募条件であった。

 

ところが、ところが、応募した全ての作品が落選してしまった。
特に三越デパート賞は自信があった。もしかしたら審査員の三越の担当者が「これは三越デパート賞狙いで、狙いがミエミエで嫌味だ」となったのかもしれないなー。

まあ、そんなことより、まだまだ「他人から評価されるほどの腕でない」というのが真実であろうと納得している今日この頃である。
でも、今年も入選するまで諦めずに応募するぞー!!

1000人の写真展。「吼える魚」・・・表彰制度は無し。

 

(おまけの話)
中学・高校時代の友人達と作っている「デジカメクラブ」の新年会があった。
会長のY君に頼まれて、会場は築地の和食店「若竹」で昼食を兼ねて行うことになった。
幸いにアクティブ・メンバーの殆どの10名の参加があった。
店側の好意で「サザエのつぼ焼き」がおまけに付いて、みんな値段と比較して満足だった。

過去の応募作品「諏訪大社の御柱祭り」・・・落選

 

10人も参加すると、近くの席の者としか話が出来ない。
久し振りに友人達と色々な話をしたが、翌日になると殆ど覚えていない。

デジカメクラブの新年会なのに写真に関しての話も出なかったし、どうでもいい話しかしなかったように記憶している。ボケもあると思うが、ジジイの会話なんてものは、そんなものである。

過去の応募作品「高尾山薬王院の火祭り」・・・落選

 

食後は忙しい4人と別れ、6人で浜離宮から定期遊覧船に乗り隅田川を遡り浅草に向う。
このクルーズは私以外の5人には初めての経験で、この企画は大好評だった。
浅草に着いて甘味処で「お汁粉」を食べ、浅草寺にお参りして解散となった。
「お汁粉を食べて解散」するようでは、ジジイがババア化していると言われそうだ。

過去の応募作品「 千葉県鴨川市の大山千枚田」・・・落選

コメント

この記事へのコメントはありません。