伊達発

裏磐梯の紅葉(3)

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

最終日の3日目は「午前4時40分の出発」と、前夜の内に言われていた。
なにしろ午後8時に寝てしまうのだから、目覚ましも不要でズーと前から起きている私である。
Xさんが4時20分にトイレに行って戻って来て言った。
『オーナーが「雨の為、出発を1時間遅らせます」と言っていた』とこのことだった。

午前5時40分の雨の日のペンションの朝。

 

午後5時40分に外に出ると、まだ雨は降っていた。
車に乗ると他の客が言っていた。『秋元湖の日の出は大丈夫かな?』
それで私は秋元湖という場所に行くのだと知った。

ところが車は、(後で知ったのだが)中津川渓谷へ向かっていた。
しかし途中で車はUターンをした。行く目的地を変えたらしい。

秋元湖キャンプ場から見た、雲の上から出た日の出。

 

これも後でオーナーに聞いたのだが、『その日の天候、時間等で、事前に行く場所は決めていない』ということだった。このカメラマンは裏磐梯に住んで22年になるそうで、撮影スポットに関しては誰よりも詳しいようだ。事実、今回の撮影に参加している人で、初参加は我々2人だけだった。

他の人に聞いてみた。『このペンションに来たのは何回目ですか?』。
その答えに驚いた。『数え切れない。夏以外の季節にも何回も来ている』と言った。
多分、このペンションのオーナーのガイドが気に入っているのだろう。

他のグループには高齢女性が多かった(秋元湖)

 

私は少々、このオーナーに不満がある。
写真は確かにプロなのだろうが、ペンション経営はサービス業である。
人柄は悪くないのだが、サービス精神に欠けている。

毎朝、車に乗ったら「今日のスケジュール」くらいは発表すべきだ。
いくら常連客ばかりといっても、我々のような初参加者もいる。
その人達には最低限の説明はしてくれないと困る。我々が帰る時にも、玄関に送り出してもくれなかった。

中津川渓谷に架かる「中津川橋」

 

車は秋元湖キャンプ場に着いた。暑い雲が空を覆い、日の出の撮影は無理そうだ。
遠くの山の上から太陽が顔を出すはずであるが、山の上は厚い雲がある。

段々と空が明るくなり日の出は終ってしまったが、山の上の雲の上から太陽が顔を出した。
これでも『日の出』と言うのだろうか? まだまだ頑張る4人を置いて、私たちは車に戻った。
ペンションの常連になるような人達は私とは違い、かなりしつこくチャンスを狙っているのだと感じた。

中津川橋の上から見た「中津川渓谷」の紅葉はまだだった。

 

秋元湖を出て、今朝の最初に途中まで行った「中津川渓谷」に向かった。
中津川に架かる陸橋の先で車を停めて、そこから陸橋まで歩いて戻り撮影となった。
橋の中央から見下ろす渓谷の眺めは素晴らしい。

これで紅葉をしていたら最高の写真になると思ったが、残念だがここでも紅葉は無かったのである。
そして少々、ガッカリしながらペンションに戻り朝食となった。

中津川渓谷の雑木林も紅葉はまだ。

 

食事は奥さんの手作りで、大変に美味しい。2回の夕食とも、おかずに和風と洋風の両方が出て来る。
和風の料理を食べ終っても、次が出て来ない。私は『これで終りじゃないか?』と言ったら、Xさんは『ナイフ・フォークがあるから、まだ出て来る』と言った。

1日目は「豚肉のソテー」、2日目は「ビーフシチュー」だった。
食後に用事があり食堂に行ったら、カメラマンが皿洗いをしているのが見えた。
「亭主は辛いなー」と思った時だった。

ペンションの入口から見た駐車場の紅葉。

 

(おまけの話)
ペンションのオーナーが他のペンションのガイドと話をしているのが聞こえた。
A『なんだか毎年、紅葉が遅れているなー』
B『それに地球温暖化の影響なのか、紅葉が綺麗でなくなった』

A『10年くらい前には8月が暑くて、9月に寒くなると一気に紅葉が進んだなー』
B『10月でも暑いんじゃ、紅葉が始まると赤くならないで茶色に枯れてしまいそうだ』
A『今年は全国的に紅葉が綺麗じゃないらしいぞ』

国民健康増進施設「ラビスパ」(入浴550円)

 

午前10時に清算をして、ペンションを後にした。
そのまま帰るのでは勿体ないので、『露天風呂に入り、美味しいランチを食べて帰る』という計画にした。

Xさんがネットで調べてくれた「ラビスパ」という天然かけ流し露天風呂に行った。
ペンションで狭い家庭用風呂に入っていた私は、露天風呂で英気を養った。
そして会津若松に出て、Xさんが出発前に予約してくれた懐石料理屋「鶴ヶ岡茶楼」に行った。

会津若松の老舗料亭「鶴ヶ岡茶楼」

 

予約の電話では『3300円以上でないと、予約は受けられません』と言われたそうだ。
店はかなり格式がありそうで、和室でテーブル席である。
まだ注文をしていないのに、料理が運ばれて来た。これが3300円の料理らしい。
田舎にしてはかなりレベルの高い内容で、料理には満足したのである。

帰路の東北自動車道で見えた夕陽はとても綺麗で、『これが裏磐梯だった良かったのにー!』と、少し残念な「裏磐梯の秋」の旅だった。

帰路の東北自動車道で金網越に見た夕陽。

コメント

    • Shinji
    • 2021.10.27

    このペンションのビジネス感覚のなさには呆れます。多分もうすぐ経営不振、困難におちいるでしょう。

    地球温暖化の影響は世界中に目に見えるようになりました。

    • 信濃 征太郎
    • 2021.10.27

    チャンスは寝て待て、とか言われますが、これはあまり眠れませんでしたね。生活のリズムが狂うと体調に影響するこの頃の私には、とても続けられそうにない日程です。食べ物がおいしいのは良かったことでした。地球温暖化は自然の美しさも奪っていくようで心配なことです。