伊達発

部屋に入れない 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ある土曜日の午後のことである。
女房に買い物を頼まれたので、1階にあるスーパー「マルエツ」に行った。
かなり前からレジ袋をくれなくなったので、買い物袋を提げて行く。
牛乳、水菜、白菜、牛乳、そして自分用のグレープフルーツを買う。

聖路加国際病院への道は「ユリノキ」並木。

 

この店のレジはセルフレジなので、初めての時は戸惑った。
清算を済ませ、カードキーをセンサーに当ててマンションに入る。
エレベーターホールで、もう一度、カードキーをセンサーに当てる。
このマンションはセキュリティがかなり厳重である。

11月20日に撮影

 

エレベーターに乗って自分の階のボタンを押す。
乗る時から降りる時まで、誰も乗って来ない。
エレベーターが停止したので、降りる。
廊下を進み、私の部屋のセンサーにカードキーを当てる。

青葉と紅葉が混じって美しい。

 

ところがなにも反応が無い。もう一度、やってみるが同じだ。
行く時も自分の部屋の鍵はカードキーで掛けた。
戻って来る時は、入口でもエレベーターホールでもカードキーは反応した。
そこでドアノブを引っ張ってみたが、鍵は開いていない。
ここで気が付いた。目の前の部屋番号を確認したら、そこは1階下だった。

「ユリノキ」と「プラタナス」は木の肌が少し違う。

 

慌ててエレベーターホールに戻り、1つ上の階の自分の部屋まで行く。
乗る時は間違いなく自分の階のボタンを押したと思ったし、今までにこのような間違いをしたことは無い。変だと思いながらも、単にボタンの押し間違いと思うしかなかった。
部屋のセンサーにカードキーを当てる。するとなぜかカードが全く反応しない。

陽当りによって、紅葉の色が違う。

 

私は慌てた。インターフォンで家族を呼び出して、家に入る。
家族には間違って下の階に行ってしまったことは、恥ずかしいので言わなかった。
でもカードキーが反応しないことは言わなければならないので、「出掛ける時は問題無かったのに、戻った時には反応が無くなった」と話した。

「ユリノキ」の木肌は「ガサガサ」としていて、「プラタナス」とは違う。

 

家族は「変ねー。家のセンサーを綺麗にして、もう一度やってみたら」と言われた。
私は「問題はそこではない」と分かっていたが、やってみたらやはり駄目だった。

すぐにパソコンで、カードキー発行元の「日立ビルシステム」にメールで問合わせた。
日立ビルシステムには問題を正しく理解してもらう為に、詳しく事情を書いておいた。
このカードには「楽天Edy」も付いているので、復帰しないと困るのである。

「ユリノキ」の葉は真っ赤になるが、「プラタナス」は茶色に枯れる。

 

(おまけの話)
日立ビルシステムにメールを送信したのが、21日(土)だったので、先方は3連休に入っていて、すぐには返事が無かった。その間は予備のカードキーを使っていたので、特に不便は無かった。
カードに付いている楽天Edyも不良になったどうか不明なので、コンビニでお菓子を買ってカードを試してみた。

聖路加国際病院の近くで拾って来た落ち葉の色々。

 

その結果は「Edy」は大丈夫だったので、少し安心した。
連休が明けた日の午後に、日立ビルサービスから電話があった。
私はカードを買い替えないと駄目だろうと思っていたら、予想外の連絡だった。
「カードを他人の部屋のセンサーに当てると、それ以降は使用不可になります」ということだった。

茶色の葉はプラタナス、赤と黄色はユリノキ。

 

そして氏名・住所・マンション名・部屋番号を確認した上で、嬉しい話があった。
「事情と本人確認が出来たのでこちらで修正をしますので、10分くらい後に試してみて下さい」ということだった。そこで10分後に試してみたら、もう直っていた。

エレベーターで階を間違えたのは私のミスだが、時代は私の知らない内にドンドンと進んでいると思い知らされた事件だった。それにしても私の不良のカードも無しで、遠隔操作で直すとはどういう仕組みなんだろう?

「ユリノキ」の紅葉は赤と黄色があるらしい。

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。