伊達発

長過ぎるゴールデンウィーク 

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

リタイアした者にとっては、ゴールデンウィークは困る。
現役の人達の為の休暇なので、暇人の私達は小さくなっていなければならない。
しかも今年はその長い休みの間が、ズーと緊急事態宣言で「不要不急の外出は控えて」と言われている。
いつも不要不急の私には、これはキツイ言葉だ。

2021年アカデミー賞の「ノマドランド」★★★

 

そうかと言って家に籠っていたら、高齢者はすぐに足腰が弱る。
そして病院に行くことになるが、今の時期は医者からもコロナで相手にされない。
いつもなら映画に行って静かに1人で時間を潰すことが出来るのに、今回は映画館も休みである。

映画館の閉鎖を求めた人は、映画を見たことが無いのだろうか?
1人でスクリーンに向かい、誰とも話をしない。こんな安全な場所は無い。

5月14日に公開の「ファーザー」(認知症の父と娘の話)

 

今年のアカデミー賞は「ロマドランド」が監督賞、作品賞、主演女優賞を受賞した。
私はこの映画を3月に見ている。★3つの映画だった。
中国人の女性監督の作品だが、残念ながら中国では受賞が報道されなかった。
彼女が過去に国を批判するコメントを発表したからだそうだ。

5月14日には主演男優賞を受賞したアンソニー・ホプキンスの「ファーザー」が公開される。
今からとても楽しみだ。それまでに映画館を開いて欲しい。

日比谷TOHOシネマは休館だった。

 

私は酒を飲まないので、酒飲みの気持ちが分からない。
酒飲みは「目出度い」と言って飲み、「悲しい」と言って飲み、「一段落した」と言って飲み、「記念日」だと言って飲み、理由が無い時は「たまには」と言って飲む。

だが今回のコロナ騒動では、酒を飲む場で感染が広がっているらしい。
だから東京都は飲み屋に対して「酒を出さなければ8時までの営業を許可」しているが、なんだか悪い冗談のようだ。

4月26日は満月だった。

 

今年のゴールデンウィークは、4月29日から5月5日の休みの人が多いようだ。
この間はズーと緊急事態宣言下で、いつもなら書き入れ時の旅行業者や飲食業は売上が無く、誠に気の毒である。

その期間は「まん延防止等重点措置」の期間中である。
屁理屈化もしれないが「緊急事態宣言」を出すなら東京は「まん延防止等重点措置」を中止しなければダブルのままの状態が続くことにならないか?

新橋方面から銀座4丁目方面を見る。

 

東京都は緊急事態宣言を出し、神奈川、千葉、埼玉の3県は「まん延防止等重点措置」 の対象になっている。その知事たちが共同で「大型連休はステイホームを徹底して」 とメッセージを出している。
そして「都県境を越えた移動の自粛」など、人出の抑制に向け協力を呼び掛けた。

そのメッセージは4都県民に関して「遊びに来ないで、遊びに出ないで」と言っていたが、遊びに行くと感染し、仕事で行くと感染しないのか?

銀座・金春通りの高級バー街(ネオンの消えている店も多い)

 

私は「緊急事態宣言を出す必要はない」と考えているので、その期間の途中までの感染者数を記録しておいた。4月29日(1027人)、30日(698人)、5月1日(1050人)、2日(879人)、3日(708人)。
この数字を見て、どう判断すればいいのだろう?

ニューヨーク市の人口は850万人だが、新規感染者数の7日間平均は1743人だそうだ。
ワクチン接種が進み感染者が減ったとはいえ、東京都の感染者数よりはるかに多い。
これを見ても、日本は騒ぎ過ぎではないだろうか?

銀座8丁目の「カニ道楽」のエレベーター前の貼り紙。

 

(おまけの話)
車の免許を返納して、10年が経った。
「10年ひと昔」と言うが、車の無い生活が当たり前になった。
私はソソッカシイところがあるので、今でも車を運転していれば高速道路を逆走しているかもしれない。

或いは、ブレーキとアクセルを踏み間違えてコンビニに突っ込んでいるだろう。
車を運転し私の不注意で、他人を不幸にしないでいられたことを幸せと思っている。

ウォーキングで隅田川テラスへ降りる階段で。

 

家を出る時に、女房は「お財布、携帯は持った?」と聞く。
「そんなことを言われたくない」と思っているが、言われなかった時に限って忘れる。
いつもは女房は私に用事など無いのに、「携帯の不携帯」の時に限って用事がある。

スマホを持って出ても、途中でバッテリーが切れることも度々である。
それでまた、私は我が家の主としての威厳を失うのである。

中央区の「あかつき公園」にある土管を覗く。

 

都心のネオンサインの消灯の様子の写真を撮りに行った時の話である。
帰りのBRTバスに新橋から乗った。その少し前に一眼レフカメラをバッグにしまった。
家に帰ってカメラを所定の位置に置こうとしたら、カメラのレンズキャップが無い。

思い当たるのはバスに乗る前の時だ。翌日の午前中に、その場所に行ってみた。
しかし落ちてはいなかった。仕方ないので、その足でビックカメラに行って買った。
品番は「LC67」で、値段は688円だった。失敗も、このくらい安ければ助かる。

築地の「はとば公園」のモニュメントの前で。

 

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.05.04

    私は♪酒が飲めるゾ♪酒が飲めるゾ♪の生活をしてきました。引退をしてからは家の外で飲む機会は少なくなりました。それでもたまには出かけていましたがもう一年以上その機会がありません。飲む量も減っております。お酒も自粛中ですね。