心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2014年1月13日)

年をとって来ると若い時とは違い、色々な欲望も遠くへ去って行く。
よく言われるのだが、「残るのは食欲だけだ」というのが私も分り出して来たのが寂しい。

美味しいものでも、たった1人で食べるとあまり美味しくない。
誰と食べるのが美味しいかと問われれば、「若い女性」と言いたいところだが、そんな機会はベトナムから戻って来たら、もう無くなってしまった。

西八王子の中華料理店

 

そんな場合は「友人達」が2番手に来る。
家族と食べるのも悪くはないが、これは普通にあることなので順位に入れない。

先日、テレビ番組で「西八王子の猪餃子」という珍しいものを見た。
番組ではタレントがその店に行って「美味しい」を連発していた。
そうなると私はどうしてもそれを食べたくなる。
そして店からも遠くない豊田に住む同級生のY君を誘って、わざわざ「猪餃子」を食べに行った。

壁に架かったメニューの数々。

 

JR西八王子駅から歩いて15分くらいの浅川沿いにその店はあった。
見たところ、田舎町によくある中華料理店である。
店に入ると高齢の店主夫婦が愛想よく迎えてくれたが、お客はいない。
人の好さそうな夫婦の経営する店で、30年の歴史があるそうだ。

猪餃子。

 

「テレビ番組で見た猪餃子を食べに来た」と告げ、メニューを見る。
汚れたメニューには手書きで色々な料理が出ている。
その中から「猪餃子」と「猪ラーメン」を注文する。
Y君はさらに追加して、「鹿肉の刺身」を注文した。

鹿肉の刺身。

 

出て来た猪餃子は見た目も、味も普通の餃子と特に違いは無い。
猪ラーメンはラーメンというよりは「肉うどん」に近い。
これはどちらかというと、私の辞書では「不味い」方に分類される。

猪肉が入っているかどうかの問題ではなく、「ラーメン」というより「うどん」だからである。
ラーメンを食べに行ったので、気持ちはラーメンになっている。
そこへ「うどん」が出て来たのでは、美味しい、不味いの問題ではなくなっていた。

猪ラーメン。

 

2人ともラーメンは残して店を出た。
猪餃子(650円)、猪ラーメン(850円)、鹿肉刺身(1000円)は高いのではないか?
帰るまで他にお客は来なかった。
救いは店の女将さんが愛想が良いことだったが、それでも味をカバーするまでには至らなかった。

テレビ番組でタレントが発する「美味しい」に騙されてはいけない。
私は今までに何回もタレントの「美味しい」に騙されていて、本当に美味しかった経験は無いのである。

店内は田舎によくあるようなタイプ。

 

その後に立川で映画化された「永遠のゼロ」を見た。
小説でも感動したが、映画もまた良かった。 お勧めの一作である。

映画の後に国立まで歩き、同級生のデジカメクラブの写真展の打ち合わせをし、その後は新年会となった。
今年より私から会長職を引き継いだY君の手配で、みんなでタイ料理屋へ行った。
猪ラーメンが不味かったので、タイ料理がすごく美味しく感じた。

日本橋の新築ビルの中の飲食店街に「ふぐ屋」はある。

 

(おまけの話)
猪餃子の前日にマンションのデジカメクラブの新年会があった。
新年会の会場は日本橋の「ふぐ屋」だった。
メンバーの多くは都内の一流企業に勤めていてリタイアした人達なので、都心の美味しくて安い店を良く知っている。

会場の案内と料金を知らせて来た時に、私は間違いではないかと思い、確認のメールを入れたほどである。
注文したのは「トラふぐコース」で、「ふぐの皮」、「煮こごり」、「ふぐ刺し」、「ふぐちり」、「雑炊」、「デザート」までのフルコースで、なんと驚きの4800円だった。

ふぐ皮のポン酢、煮こごり。

 

「フグ刺し」の量が少し物足りないが、値段からすれば大満足であった。
こういうのを「懐に優しいお店」と言うのかもしれない。

かなり昔の話であるが、私がまだ羽振りが良かった時にふぐの本場の下関まで女房と2人で行き、日清講和会議が行なわれ、また伊藤博文が名付け親の有名店の「春帆楼」で「ふぐコース」を食べたことがある。

ふぐ刺しは少し量が足りないが、値段が値段だからなー。

 

そして勘定の段になって驚いた。
「お会計は10万3000円です」と言われた。
何かの間違いではないかと思って確認したら、サービス料、税金を併せて間違いではなかった。
予定していなかったのは、「部屋代」というのが別に必要だったのである。

今では「4800円」の「ふぐコース」で、すっかり満足するようになった私である。
リタイアした私にはデフレは良いことである。

「ふぐちり」2人前。これは充分な量だった。

コメント

    • ヤマモトヒデツグ
    • 2021.01.29

    勝どきの住民であるH君はグルメである。彼の推薦するレストランは、間違いなく一流の味がする。彼に連れられて入店する時には、店の立派さに怖気就くことがあるが、味よし、量よし、雰囲気もいい。それでいて勘定の時には、驚くほど我々年金生活者にやさしい料金でホット安心させられる。金持ちであるが、我々と一緒の時には決して贅沢はしない。安心して付き合える人物である。
    しかし、たった一度の失敗が、八王子の猪ラーメンと餃子の店であった。彼ほどの知識人でもTVに騙されることもあったのが不思議である。コロナ禍の中で会う機会が無くなったが、元気なうちにまた安くて美味しい料理を食べに連れて行ってほしい。