心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ブログ閉鎖中の話題(2014年3月29日)

新宿で用事が済んで家に戻ろうかと思ったのだが、たまには新宿歌舞伎町辺りをブラブラしてみようと思い立った。新宿という町は若い頃から、ここに越して来るまでの間はずいぶんとお世話になった。

新宿西口地下道で

 

学生時代は紀伊国屋書店の向かい側のシュウマイ屋の2階で、よく賭け麻雀をしていた。
歌舞伎町にはミラノ座という映画館があり、よくアメリカ映画を見に行った。
また卒業後は、同級生のX君が歌舞伎町で2軒のクラブを経営していたのでたまに行くことがあった。

冬物は既にバーゲンセール。30%、50%、70%OFF

 

結婚してからは女房と買い物に行く時は、いつも伊勢丹デパートだった。
西口には住友ビルに会社の取引先があったので、よく打合せに行った。
その時の縁で、今でも床屋は住友ビルの3階に行き、帰りに伊勢丹でパンを買って帰る。

新宿大ガード西交差点。

 

またカメラのニコンのサービスセンターがあるので、カメラに問題が起きると必ずそこへ行く。
銀行もシティ・バンクを利用していたので、たまに出掛けた。
季節ごとに新宿御苑に写真撮影にも行く。

そんな縁の深い町なので、たまにはと思い、ご挨拶を兼ねて新宿の町を歩くことにした。
新宿駅の西口から甲州街道に出ると、青梅街道に架かる横断歩道橋がある。
私はそこから見る電車のガードである「新宿西口大ガード」の景色が好きだ。

新宿西口大ガードの向こうに歌舞伎町のネオンが見える。

 

帰宅時間なのか、駅に急ぐサラリーマンやOLが足早に通り過ぎて行く。
歩道橋の上で写真を撮り、駅の方に戻り、「思い出横丁」に入る。
最近はサラリーマンだけでなく、外国人観光客も来ているので清潔になったような気がする。

「思い出横丁」を通り抜け、大ガードの下を歩いて歌舞伎町に向う。
歌舞伎町の入り口のアーケードは以前と変らない。
大勢の若者とオジサン達が、駅の方からどこへ行くのか歌舞伎町に入って行く。

新宿西口「思い出横丁」。

 

誰も私などに構うものはいない。
最近は歌舞伎町も環境浄化を謳って町内会が見回りをしているので、昔のような怪しさが減っている。
でも、相変わらず怪しげな店も多いので、実際のところは分らない。

昔は「スマートボール」などという店があったが、今はもう無い。
私には何屋かよく分らない店さえある。毛糸の帽子を目深に被って、私は年齢不詳の格好で歩く。

歌舞伎町の入り口の案内看板。

 

「無料案内書」というド派手なネオン看板が目立つ。
無料で風俗店を紹介するのだそうだが、かなり怪しい。
私は客引きにも相手にされない寂しさを感じながら歩く。

右側の「優良店案内」とは、なにを案内してくれるのか?

 

歌舞伎町のシンボルであったコマ劇場は建て替えの為に、工事用の壁で覆われている。
この辺りは怪しいネエチャンやニイチャンがいたのだが、今はいない。
冬はゲームセンターやパチンコ屋もドアを閉めているので、外に音が漏れず活況感に欠ける。

パチンコ屋の女性客は当りが出ていないようだ。

 

1人で歩いていると、都会の中で孤独を感じる。
誰からも相手にされず、1人で喧騒の中にいる不思議を感じる。
田舎から東京に出て来た若者が誰も知り合いがいないで寂しさを忘れる為に盛り場に行き、かえって寂しさを感じるというのが分る。

なんだか急に寂しくなって、急いで家に戻った。
その日の夕食は暖かい「湯豆腐」だった。その夜だけは、急に女房がありがたい存在に思えて来た。

「思い出横丁」の縄のれんはオヤジ達でいっぱいだった。

 

(おまけの話)
家に戻ってパソコンを開いたら、ベトナムから日本に実習生として愛媛県に来ている女性からメールが届いていた。それには写真が添えてあり、地元のイベントでベトナム舞踊を披露したとあった。

私は歌舞伎町で寂しい思いをした後だったので、「これからは日本に来ている実習生達の面倒を見て、彼女達が寂しくならないようにしよう」と思った。

実習先の愛媛県のイベントで民族舞踊を踊る彼女達。

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.03.06

    七年前の新宿の街。今はどうなっているのか。一年以上も家の周りを離れないので全くわかりません。少なくとも外人の姿はあまり見かけないでしょうね。緊急事態の延長となった今はさらに人の数も少ないことでしょう。いやいや、めげない人たちの集まる場所だから、それなりに盛り上がっているのでしょうか。思い出横丁入口のところのコーヒー店が懐かしいなあ。