伊達発

2年ぶりの再会

心の伊達市民 第一号

心の伊達市民 第一号伊達季節移住のススメ

記事一覧
エントリー数 アクセス数計
旧ブログ 2,106 1,284,749
当ブログ 448 45,548
総計 2,554 1,330,297

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

ある朝のことである。
パソコンを開いたら、facebook に、メッセージが届いていた。
送信者はベトナム人女性のHueさんだった。『仕事で群馬県に来たが、今日の帰りに東京駅で会えませんか?』と書いてあった。

Hueのベトナム語の正式な発音は分からないが、私はカタカナで「フエさん」と呼んでいる。
急な話だったが、折角なので私は東京駅に出掛けて行った。

女房からのプレゼントの、手づくりのマスクをかけるフエさん。

 

フエさんと知り合ったのは、彼女が日本に実習生として来た10年ほど前のことだった。
関西地方でフエさんと一緒に働いていた同じ会社の、私の知っているベトナム人実習生の紹介だった。

その実習生は私がホーチミン市に3ヵ月間滞在した時に、私が教えた日本語学校の生徒だった。
そんなフエさんとの縁が、今まで続いていたのである。

和田倉門の銀杏並木は、まだ少し紅葉には早い。

 

フエさんは3年間の日本での実習生生活を終えて帰国し、その1年後に札幌市の日本語学校に留学して来た。
その時に私は彼女に日本名を作ってあげた。それは「富恵(フエ)」で、彼女も漢字の意味を知り喜んだ。

札幌時代には私の伊達市の友人達に彼女を紹介して、札幌に行った時には富恵さんに会ってもらい食事をご馳走してくれるように頼んだ。彼女は今でもその時のことを覚えていて、とても感謝をしている。

銀杏の木の下で、2人で記念撮影。

 

午後1時に富恵さんと東京駅で落ち合い、カフェに入りお茶をした。
メールではやり取りをしていたので久し振りという感じはしなかったが、実際には2年ぶりの再会だった。

彼女は今年の4月に神戸の大学を卒業し、日本の会社に就職している。
私は卒業式には行けなかったが、関係者だけに公開されたZOOMで彼女の姿を見たのであった。

フエさんがスマホで私を撮影している。

 

私は知らなかったが、彼女は10月末に日本人男性と結婚し入籍を済ませていた。
彼氏がいることは知っていたが、結婚したことは知らなかった。
コロナの影響で日本で結婚式はしていない。

またベトナムに帰れば2週間の隔離で、日本へ戻ればまた2週間の隔離となる。合計で4週間と滞在日を加えたら、とてもそんなに長く会社を休めないので、ベトナムでの披露宴もお預けである。

和田倉噴水公園の噴水の前で。

 

富恵さんは実習生時代から通算すると、もう日本に10年も住んでいる。
憧れて来た日本が彼女の日常となり、考え方も日本人的になっている。

ベトナム人の日本での犯罪率が中国を抜いて一番になっていることに付いては、『とても恥ずかしい』と言っていた。そして更に彼女は言っていた。『日本に来る前は日本人と結婚して、日本に住むようになるとは夢にも思わなかった』。人生って、だから面白い。

球型噴水と霧状噴水(和田倉噴水公園)

 

お茶を飲んだ後に、2人で和田倉門の銀杏並木を見に行った。
かなり紅葉は進んでいたが、まだ最盛期は何日か先になりそうだ。
彼女は何枚も私と一緒の写真を撮る。

この日は大勢の人が出て来ているので、外国語訛りの日本語を話す孫のような年の女性と一緒では、変な誤解をされないかと心配だし少し恥ずかしかった。
2時間くらい一緒に過ごし、フエさんを東京駅まで送って改札口で別れた。次は『夫と一緒に会いに来る』と言っていた。

噴水公園の向かいの芝生でエサを探すスズメたち。

 

(おまけの話)
新型コロナウィルスが日本では劇的に減少している。
その大きな理由はワクチン接種だと思うが、国立遺伝学研究所の井ノ上教授の意見が私には納得できる。

それは以前にも書いたが、私の祖父がスペイン風邪で亡くなっているが、そのスペイン風邪はワクチンも薬も無いのに自然消滅したという歴史があるからだ。

東京駅にも秋が来た。

 

井ノ上教授の発表した学説は、次のようなものである。
【8月下旬のピーク前にほとんどのウィルスが増殖できないようなタイプに置き換わっていて、結果的にウィルスが死滅し、第5波収束の一因になった可能性がある】

【ウィルスは体内に入り、細胞に入り込むと自分を作る設計図を大量にコピーする。そのコピーでミスをしたものが変異株である。ウィルスの中にはコピーミスを修正しようとする物質があり、間違った設計図を正しいものに書き直そうとする】

東京駅丸の内北口の「みどりの窓口」には祈祷室がある。

 

【ところがその作業を邪魔しようとする酵素が人間の体の中にある。この酵素の働きが強いと、設計図は修正されないままにウィルスの変異がどんどんと進む。デルタ株は感染力が強いので一気に広まって行くが、それと同時にコピーミスもどんどん起きる】

【そうなるとウィルスは原型をとどめない設計図となり、ウィルスを作れず、増やすことも出来ない。日本人を含む東アジアの人や、オセアニアの人は設計図の修正を邪魔する酵素の働きが活発なのである】・・・という仮説を発表したが、私はその説に賛成である。なぜならワクチン接種が進んだ欧州では、また感染が拡大しているからである。

北口改札口から新幹線に乗って帰って行くフエさん。

コメント

    • 信濃 征太郎
    • 2021.11.11 7:20am

    またまた素晴らしい国際貢献をされましたね。お人柄と行動がぴったりと合っていると感じています。 新型コロナウィルスがこの国では減少しているようです。その理由は何なのか。井ノ上教授の学説のとおりであってほしいが、理解する能力がないので良くわわからず、依然として不安です。